フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

今日の太陽 2013/9/30 と、昴

9月の最終日。朝から曇りでお月さんも太陽さんも諦めて、撮りためた画像の処理をしていたら、10時前になってようやく晴れ間が出てきました。

すぐに機材を出して観望と撮影。晴れ間と見えても実際は薄雲が通り過ぎていくのが、接眼鏡越しに見えています。黒点は無さそうなのでPSTだけで即終了。

P20130930x8

なんだか寂しい太陽になってきました。

途中で中断した画像処理分から1点だけ。

M4520130928x12a_2

カメラレンズで撮ったM45。今期初めて135ミリを使った追尾撮影。中央部をトリミングしています。望遠鏡に比べレンズが明るいのと焦点距離が短いので、撮影はずいぶん楽でした。







にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月29日 (日)

今朝のお月さん と、カシオペア座のクロス光芒

今朝は早起き出来ました。お月さんを撮ってから余裕で散歩に出かけました(笑)。

23420130929

ところが、太陽観望に好都合の時間帯は雲に邪魔され、昼以降に晴れ間が続くようになったころには、玄関側の蜘蛛の巣状電線が邪魔で戦意喪失・・・。

こんな時のために残しておいた、満月期のクロス光芒画像を引っ張り出し。

カシオペア座α星シェダル。「胸」という意味だそうです。そういえば子供のころ、今どきの絵文字の感覚で女性の胸をW   で表すことがありましたっけ。アルファベットの文字の続きでへそをX、その下は・・・。
閑話休題。

Photo

β星カフ。「手」もしくは「染めた手」の意味だそうです。

Photo_2

γ星ツィー。ここまでが2等星。名前の由来はアラビア語やラテン語ではなく、中国語の「鞭」だとか。意外というか、何で~?

Photo_3

δ星ルクバー。小数点まで入れると2.7等で2等星と言いたいところですが、四捨五入で3等星の仲間入り。「ひざ」の意味だそうです。

Photo_7

ε星 セギン。Wを構成する5つのうちで一番暗く3等星です。名前の意味を探してみましたが、分かりませんでした。

Photo_4

それぞれの位置関係はこんな具合。

Photo_6

自分でも思いますが、はっきりいって明るい星のクロス光芒だけでは何の面白みもありません。満月期の余興、自己満足・・・でも、普段星座をたどったり星雲星団を探すときの指標、自動導入時のアライメントの基準星、としてしか捉えていないこれらの星にも、その近くにはこんなに星々があるんだと知るのも、たまには悪くないなあ・・・と。
やっぱり自己満足(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月28日 (土)

今日の太陽 2013/9/28 と、今朝のお月さん

裏庭で夜遊びしたせいでもないだろうが、1時間朝寝坊してしまった。

散歩は取りやめ、お月さんだけ撮った。見た目こんな感じ。

P1000822_2

コントラストまるでなし。シャッター速度を上げて、強めの画像処理をして、

22_2

太陽が出てからでは遅いですね。

その太陽は、

P20130928x8

天下御免の向こう傷(で分かる人はそこそこの年代かな)のようなダークフィラメントだけが目立って・・・。元気が無いなあ。

P20130928

黒点も終盤にかかっていますが、次のが出てこない。出でよ元気な新人! って(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月27日 (金)

今日の太陽 2013/9/27 と、今日の月

風が強く雲の多かった昨日とは打って変わって、今朝はまた上天気です。

散歩前のお月さん。1日あいたらもう下弦直前の月です。

21

P20130927x8

巨大なプロミネンスを見せてくれたダークフィラメントは、すっかり細くなっちゃいましたね。西の端までもつのかしらん。

P20130927

南半球の大き目の黒点も大分西に寄って来ました。東から現れる気配がまだないのでちょっと気がかり。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月26日 (木)

今日の太陽 2013/9/26

朝から雲が多く今日は無理だろうとあきらめていたら、なんと9時半近くになって青空が!

急遽機材を出して観望と撮影を決行しました。そして今、画像処理を終えてブログを書こうとしていたら、またまた雲が増えてきました。これはラッキーというべきか。

今朝は風も強いです。

P20130926x8

昨日のあのプロミネンスはもう見当たりません。向こう側に回ってしまったんでしょうか。

P20130926

中央付近の黒点群が目立ってきました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

3D星座 じょうぎ座

南天の空に懸かるじょうぎ座は4等星以下の暗い星で構成されています。そのせいではないでしょうが、じょうぎ座にはα星、β星がありません。

暗い星座なので実際には見栄えしないのでしょうが、星座線を構成する星がそこそこあり、遠近感があるので3Dとしては面白い対象でした。

交差法でご覧ください。

46x_jougi_3d

平行法でご覧ください。

46h_jougi_3d

これまでにUPした3D星座は、悠々遊ホームページでもご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月25日 (水)

今日の太陽 2013/9/25 と、今朝のお月さん

散歩に出かける前にパチリ。

194_2

今朝はお月さんの前を薄雲が通り過ぎていきます。なので画像はアンシャープマスクもかけてみました。
1時間ばかりの散歩で汗びっしょり。秋の気配が濃くなったとはいえ、体を動かすとまだまだ暑いです。

さて、今日の太陽は・・・。

P20130925x9_2

2時から3時の方向がにぎやか。

P20130925_2

中央付近の小さな黒点群が少し目立ってきたようです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月24日 (火)

今日の太陽 2013/9/24 と、お月さん

連休の間サボっていた早朝散歩を再開。

出かける前に玄関先に見えたお月さん。

P1000719

ミニボーグでのノートリミング未修正のお月さん。

184_2

トリミングと画像修正の結果。

さて、今日の太陽のほうは、

P20130924x8

プロミネンスは収束に向かっている様子。太陽面のほうがダークフィラメントやプラージュ、黒点などで賑わってきました。

P20130924

黒点は西に少し移動しましたが大きな変化なし。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月23日 (月)

満月期には満月期なりの楽しみ方をしようよ

台風18号が過ぎた後は晴天が続いていますね。これで満月期でなければ・・・と、ボヤキが天体写真愛好家の間からちらほらり。

満月期のまぶしい月明かりでは、淡い銀河や星雲狙いには確かに恨めしくもある上天気。しかし満月のころでも晴れてさえいれば撮れる対象はいくらもありますよね。

お月さんはもちろんのこと、月明かりに負けない明るい散開星団や、重星なんかも満月期や光害地のつよーい味方です。

そんな中で写真派には主役としてあまり認めてもらえていない、恒星そのものに焦点を当ててみました・・・なんて書くとなんだか自分でもかっこよく聞こえますが、要するに他に撮れそうなものが無かったので、この前作ったクロスフィルターで遊んでみただけのことです。

8cm望遠鏡で撮って、ノートリミングでクロス光芒がそれとはっきり現れるのは何等星ぐらいまででしょう。とりあえず裏庭観望所で狙える1、2等星を中心に、しばらくは満月期の遊び相手になってくれそうです。

アンドロメダ座αのアルフェラッツ。2等星です。意味は「馬のへそ」だそうです。アンドロメダ姫の頭の星の名前が「馬のへそ」ではあんまりな気がしますが、天馬ペガススのおなかの星でもあるので、古いほうの所属名で呼ばれているようですね。

8381

アンドロメダ座βのミラク。こちらも2等星。α星から東にたどって二つ目。ここから北にたどって二つ目にアンドロメダ銀河がありますね。意味をネットで探してみたら「帯」というのが出ました。これで合ってるのかな。

8389

アンドロメダ座γのアルマク。アンドロメダ姫の足に当たる星で2等星と5等星の重星。ですがこの写真では離角10秒の伴星は見えていません。重星狙いにはクロス光芒は邪魔なだけですね。
アンドロメダ座に1等星は無く、この3つの2等星が主役です。意味は「靴・編み上げブーツ」だそうですが、星座に描かれるアンドロメダ姫は、たいてい裸足なんですが・・・。

8401

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

今日の太陽 2013/9/23

夜中に目が覚めたときには曇っているように見えたんですが、今朝も上天気です。

さあ見よう! さあ撮ろう!

P20130923x8

昨日の4方向のプロミネンスが、10時の方向を除いてほとんど見えなくなってしまいました。しかし一昨日巨大な姿を見せていたプロミネンスが、今日はダークフィラメントになって9時方向に見えています。

P20130923

黒点もだいぶ中央に寄ってきました。何日か連続で観察すると、確かに太陽が自転しているのが実感できますねえ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月22日 (日)

今日の太陽 2013/9/22

今日は朝のうちに太陽の観望と撮影だけして、東山五条の大谷本廟にお参りに行ってきました。彼岸の中日前後は秋や春の観光シーズンとも重なり、清水寺界隈が込み合うのでいつも少し早目か遅めにしていますが、たまにはこういうことになりまして、予想通り大変混雑しておりました。

お参りの後は京都駅周辺で遅めの昼食をとり、買い物などをして帰ってきてからの、画像処理とブログへのUPとなりました。

P20130922x8

昨日の大きなプロミネンスはすっかり見えなくなりましたが、四方に目立つプロミネンスが出ています。

P20130922

黒点には大きな変化はなさそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月21日 (土)

今日の太陽 2013/9/21

今日の太陽は久々に凄いプロミネンスになっていました。

P20130921x40

地球が10個ほども並びそうな巨大なプロミネンスが、左の周縁部に長く横たわっています。

P1000641

黒点はいよいよ眼視級になってきたかな。

星もとで手に入れたVMC110L鏡筒は、無事Hさんの手に渡ることになりました。そしてHさん所有の光軸の狂った方は観測会に提供して頂くことで話がまとまり、無事決着。

Hさんの話では、修理に出して新品を買うほどの修理代になったら馬鹿らしいので、そのまま使っていただけとのこと。これでまた天体写真にも復帰されることでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月20日 (金)

今日の太陽 2013/9/20 と、衝動買いのツケ

4日連続の快晴。明日の夜は文パルで月例の天体観測会。どうぞ明日もよろしく・・・。

P20130920x8

昨日に引き続きプロミネンスが活発です。いつもプロミネンスの明るい部分がつぶれ気味なので、処理を押さえめにしてみました。押さえすぎたか・・・。

P20130920

黒点の半暗部もはっきりと見えてきました。もう少し大きければ眼視級なんですが。

星もとで衝動買いしたもうひとつの嵩張る物・・・じゃ~ん

P1060397

は~い、ビクセンのVCM110L鏡筒で~す(笑)。でも断っておきますが中古品です。国際光器さんのメンテ済ということで1万円ちょっとで安心して購入。

実はいつも文パルの観測会で親しくさせていただいているHさんが、息子さんからプレゼントされたポルタ経緯台とのセット一式を持ってこられているのですが、ある時手を滑らせて鏡筒を落としてしまったとのこと。以来光軸の狂ったままで使っておられるのですが、楕円形に見える恒星ではなんともやるせなく、かと言ってメーカーに修理に出せばそれ相当の修理代と時間がかかるわけで。

そんな状態がかれこれ3年ばかり過ぎたとき、ひょいと同じ鏡筒の出物を見つけたというわけです。HさんがOKなら右から左でお譲りし、光軸の狂ったほうは観測会で参加者に触ってもらう望遠鏡として提供してもらおう、と算段しての購入でした。

ただ、息子さんからのプレゼント品なので、そちらにこだわりがあるようならこれを観測会用にしてもいいなあと。

さて、肝心の鏡筒ですが、大雨の中テントから滴り落ちる雨を避けながら、国際光器さんを信じて中を確認もせず買ったのが・・・。

本来ついているXYスポットファインダーの代わりに、メーカー不詳のちっちゃなファインダーがセットされています。ちゃんと十字線が入っているし視度調整もできるので、これはこっちの方がいいか。問題は肝心の専用アタッチメントプレートが付いていない! これは大問題です。本体にカメラねじ穴はありますが、このままで経緯台に載せるのはすごく不安定。

とりあえず手持ちのアリ溝プレートを逆付けして、電動経緯台に取り付けましたが、何とか対策を考えねば。

上記写真の状態で昨晩、中秋の名月を撮ってみました。

420130919_4


鏡筒自体の性能に問題は無いようで、北極星もちゃんと点像に見えていました。

こちらはポタ赤にminiBORG60EDのセットで撮ったほうです。

P1000618

どちらもノートリミング。VCM110はLV20で、BORG60EDのほうはLV12でと接眼鏡を代えてみましたが、焦点距離約3倍の差は大きい。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月19日 (木)

今日の太陽 2013/9/19 と、安物買いの結果報告その1

本日も快晴。3日連続です。満月期なのがもったいない、との声があちこちから聞こえていますが(笑)。

P20130919x8

お待たせしました。出ましたよ~おっきなプロミネンスです。

P20130919

黒点のほうは・・・もうちょっとですかね。

「星もと」で手に入れた嵩張る物のひとつ目は、ミザール(知ってる人は知っている、かつてはビクセンなどと競い合っていた望遠鏡メーカー)の電動微動付経緯台。

P1060399_2

クランプを緩めて目的物に合わせ、クランプを締めた後は電動で微調整する機構の経緯台です。単3電池8本で動きます。コントローラーには電源スイッチ、上下左右の方向ボタンだけのシンプルなもの。速度は電源スイッチのスライド式で2段階切り替えができるようになっています。

どうも「電動」の文字に弱い傾向があり、一式3000円也の誘惑に駆られて衝動買い(苦笑)。
実のところ自身は天体撮影のほうに関心があり、経緯台は出番がほとんど無さそうなので、これまでもあまり関心を持っていませんでした。ではなぜ手を出したのか・・・。

天体観測会などでスタッフがセッティングした星を受身で見るだけでなく、参加者に自分で動かしてもらい、積極的に天体観望を体験してもらえれば、と考えたんです。赤道儀は初めての人には難しすぎるし、経緯台も本当は電動式よりもビクセンポルタのようなフリーストップの手動式のほうがいいんですが、3000円では三脚代にも届きませんよね。

さて、3000円の実力やいかに。
全周微動の水平方向は滑らかに動きますが、上下方向がクランプを緩めてもすごく固い。したがって電動モーターの動きがすごく悪い。このままでは過負荷ですぐにモーターがやられそう。工作不得手なので悪戦苦闘しながら調整。何とか少しは軽く動くまでになって微動ONにしたら、今度はモーターが空回り・・・? 
ギヤボックスカバーをあけてみると、プラスチック製のモーターギヤが駆動伝達のギヤから外れている! モーターの軸にただ差し込んであるだけなので回転しているうちにだんだんズレて外れるのだろう。これでは安心して使ってられない。これはちょっとした工作でギヤが外れないようにして解決。

初心者相手の安価な商品ほど作りが丁寧でないと、せっかくの興味も薄れ愛好者をみすみす手放してしまうことになりかねない。メーカーがそこのところを考えてくれないと困るんですよね。ま、丁寧にしっかり作ればコストがかかり高くなるジレンマはありますけど、せめて工作不得手の不器用人でも何とかなる程度の調整は、メーカーで責任を持ってやってもらわなければ。

まあこんな造りなのでいつまで持つかわかりませんが、電動装置がクラッシュしたら単純にカメラ三脚として、こんな使い方もありかなと・・・。

Cimg0405

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月18日 (水)

今日の太陽 2013/9/18 と、CAPRI80EDの周辺改良

今日も快晴です。昨日からずっと上天気で、昼間部・夜間部とも忙しい。いささか寝不足気味です(笑)。

P20130918x8

昨日から9時の方向に薄く見えていたのが、少しはっきりしてきました。これは期待していいのかな。

P20130918

黒点の方はまだまだでした。

さて、星空用のメイン望遠鏡であるCAPRI80EDですが、しばらく前の観望時にLEDドット・ファインダーを消し忘れたまま片付けてしまい、次に使おうとしたら電池切れ・・・だと思って急きょボタン電池を買いに走り、新しいのに交換しても点かないまま。どうやら故障してしまったようです。

国際光器でスカイサーファー3という安価なLEDドット・ファインダーがあるのを見つけ注文しておいて、「星をもとめて」会場で購入。送料が浮いた上、星もと特価ということで、お安く手に入れることができました。

早速付け替えですが、ついでに望遠鏡の持ち運びが楽になるよう、ハンドルも付けることにして、DIYで金具を買ってきて・・・

P1060382

P1060384_2

はい出来上がり。以前よりスッキリと望遠鏡らしくなった気がします(笑)。

ちなみにこれまではこうでした。

Img_7968_2

星もとではこの他に、かさばる物2点を衝動買い。次回報告する予定ですが、果たして安物買いの銭失いのままで終わるのか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月17日 (火)

今日の太陽 2013/9/17

気温が低くなって湿度も低いので肌寒く感じる朝でしたが、太陽観望をはじめると汗は出ないけれど、刺すような暑さを感じました。秋の気配なんですねえ。

P20130917x8

プロミネンスすっかり小さくなっています。太陽面もおとなしいし。

P20130917

黒点撮ってみましたが相変わらずちっちゃいのが出てるだけ。

寂しいですね。秋は何かにつけて物悲しい・・・なんちゃって。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

きりん座とアンドロメダ座の散開星団

台風一過の澄み渡る青空。爽やかな秋晴れです。
これなら太陽観望と撮影もバッチリ・・・のはず。

でも寒い。一気に気温も下がってしまいました。

さて、11日未明に撮影の残りもの。

きりん座の散開星団 NGC1502 6.9等級 視直径8’

Ngc150220130911x8

視直径8’と、狭い範囲にギュッと集まっているせいか、等級の割に明るく見える星団です。

アンドロメダ座の散開星団 NGC752 5.7等級 視直径50’

Ngc75220130911x8

大きく広がりのある粒ぞろいの星団です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月16日 (月)

カシオペア座の散開星団

今朝は台風18号の影響で強い雨と風で大荒れ状態。幸い水害に見舞われるような土地柄ではないのですが、安普請の家なので風が心配です。(゚ー゚;

実は昨日、西日本最大といわれている星のイベント「星をもとめて」に、天文同好会の方たちと悪天候覚悟で行ってきたのですが、予想に違わずの荒れ模様でした(笑)。

太陽も星も見られるような状況ではないので、ショップの出店を覗き、吹奏楽の演奏を聴き、集合写真を撮って早々に退散。まあもともと、掘り出し物の物色と記念の集合写真が目的で出かけてきたようなもので・・・。

さて、11日の未明に久しぶりに収穫できた散開星団たちです。

NGC1027 6.7等級 視直径20’

Ngc102720130911x8

IC1805 6.5等級 視直径20’

Ic180520130911x8

IC1848 6.5等級 視直径18’

Ic184820130911x8

明るさも視直径も同じぐらいの散開星団が、カシオペアのWから少し離れたところに3つ寄り集まっています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月13日 (金)

今日の太陽 2013/9/13

一応晴れてはいますが、水蒸気が多いのか青空ではなく薄水色の空が広がっています。

撮るか撮るまいか迷いましたが、プロミネンスが出ている事だし、阪神ファンいっこうさんの教えどおり、迷ったらGO! を実践。

P20130913x8


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月12日 (木)

3D星座 ふうちょう座

南天の星座シリーズ、今日はふうちょう座です。

「ふうちょう」って何でしょう? 「風潮=風潮座」でない事だけは確かです(笑)。

Wikipediaによりますと、オーストラリア区域、特にニューギニアに多数の固有種が生息する鳥、風鳥。別名極楽鳥とありました。南半球に棲む鳥なんですね。

何で風鳥と呼ばれるのかについて、Wikipediaではこんな解説になっています。

「16世紀、ヨーロッパに初めてオオフウチョウがもたらされた時、各個体は交易用に足を切り落とされた状態で運ばれていた。そのため、この鳥は一生枝にとまらず、風にのって飛んでいる bird of paradise (天国の鳥)と考えられた。また、むかし風をエサにしていたとされることから「風鳥」と名づけられた」

名前の由来が残酷ですねえ。

さて、3D星座の方はこちら。交差法でご覧ください。

61x_fuuchou_3d

平行法でご覧ください。

61h_fuuchou_3d

次回3D星座は じょうぎ座 を予定しています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

クロス光芒が欲しくて

今朝は空一面に薄雲がかかっていて、太陽観望は望めそうにありません。

で、11日早朝に久しぶりにSXW とCAPRI80EDを持ち出した成果?を。

我が家の望遠鏡は全て屈折。反射望遠鏡に付いているスパイダーが無いので、輝星の周りにクロス光芒が出来る事はありません。もちろんその方がいいのですが、観賞写真を見るとあの光芒が魅力なんですよね。

屈折望遠鏡であのクロス光芒を出そうと思うとクロスフィルターが必要。市販品ではそんな大きな口径のはなさそうだし、有っても高そうだから自作するしかありません。

で、不器用人でも出来る簡単紙工作。材料は白ボール紙と黒い紙、両面テープと接着剤。太陽フィルターを作る要領であっという間に出来ちゃった。雑で不細工なのは不器用人の本領発揮(笑)。

P1060377

果たしてこんなものでもクロスフィルターになるのか? 実地検証の機会はすぐにやってきました。

M45 すばる

M4520130911x8

ペルセウス座α アルゲニブ

20130911x8

は~い、ちゃんとクロス光芒が出てますよ。よかったよかった(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月11日 (水)

今日の太陽 2013/9/11

ほぼ快晴。

引き続きプロミネンスが活発です。それに引き換え太陽面の方は変化が乏しくなっていました。

P20130911x850

黒点は小さなものが一つ見えますが、絵にならないので今日もパス。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月10日 (火)

今日の太陽 2013/9/10

早朝は太陽のある方向の空半分が雲に覆われ、残り半分が青空という空模様。

雲の流れで次第に青空に変わる気配を感じたので望遠鏡の準備。10時近くになってからようやく撮影に入れました。

再びLumixG5に戻しています。

P20130910x840

P20130910x850

上が1/40秒×8枚、下は1/50秒×8枚のそれぞれ加算平均の合成画像です。同じ画像処理でプロミネンスが同じように見えるよう、若干パラメータを変えているだけですが、色合いが違って見えますね。どっちがいいかは好みの問題かもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月 9日 (月)

今日の太陽 2013/9/9

気持ちの良い青空です。

実は3時過ぎに眼が覚めたとき窓の外を見ると、きれいな星空にひときわ明るく木星が輝いていましたが、心は動けど体が動かず再びそのまま寝てしまいました。もったいない・・・。

今朝は一度太陽撮影から引退させたG2の方を再び使ってみました。もう一度画像の切れをG5と比べて見たかったからですが、やはり若干の差ですがG5の方が良い画像に仕上がるようです。

P20130909x6

G2は普段の持ち歩きスナップ用で活躍してもらいましょう。

白色光のほうは撮影向きの現象に乏しく、今日はお休みです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月 7日 (土)

親の罪で子供を罰するな

遺産相続を巡る裁判で最高裁判所は、婚外子差別は違憲との判断を下した。裁判官14人全員一致の結論とのことだが、こんな当たり前の結論を出すのに法の番人たる裁判所がいつまでかかっていたのか、怠慢と言うほかない。

親が一夫一婦制という規範を破った結果、生まれた子供が法的に差別を受けるという、いわば親が犯した罪で子供が罰せられるような事は、おかしいと思って当たり前だが、そんなおかしい法律が今までまかり通ってきたのは、日本が未だに前近代国家だと世界に公言しているようなもの。

未だに一夫一婦制や家制度に基づく法律婚主義の崩壊を危惧する向きがあるようだが、そもそもそんな制度が法律で厳しく義務付けられたのは、たかだか明治以降ではないか。

それまでの日本では一夫一婦制よりも家制度のほうがはるかに重要性を持っていたことは確かであり、将軍家の世継ぎ確保のための大奥では、それこそ本妻の他に幾人もの妾が同居していたのは紛れもない事実ではないか。

将軍家だけではない。大名家では世継ぎが産まれなければ御家断絶、それ以下の武士でも家名断絶という厳しい結末が待っており、家を守る為には一夫一婦制など建前でしかなかったはずだ。それほどに家制度は大事だったと言えるだろう。
武士階級以外でも地位や財産を持つ者たちは、家督や財産を譲り渡す男子を確保する為、妻以外の女性に子供を産ませるのにどれほどの罪悪感があっただろうか。

昭和一桁よりも年配の人たちの中には、浮気は男の甲斐性といって憚らない人もいたが、それはそんな家制度に縛られていた時代の、歪んだ名残りなのかもしれない。

明治維新後の西洋化の過程で、それまでの家制度存続(本音)と、西洋から持ち込まれたキリスト教思想に基づく一夫一婦制の厳格化(建前)との折衷案のような形で、現在に続く民法になったのではないだろうか。本来両立し得ないものを法律で縛れば綻びができるのは当然と言えよう。

一夫一婦制や法律婚は意義のあるものであり、法律で守られるべきものだと思っている。しかしその第一義は産まれてくる子供の親は誰であるか明確にする為であって、婚外子を差別する為のものであっては決してならない。
逆を言えば、子供を望まない男女間であれば、法律婚にこだわる必要は無いとも言えるだろう。

相続分与の一件だけでなく、親の世代の一時的な感情や成り行きの結果、生まれてくる子供が一生傷を背負い続けるような法律は、一切破棄されるべきだと思っている。

2013年9月 6日 (金)

今日の太陽 2013/9/6

青空と太陽が戻ってきました。

P20130906x8_2

しかし、黒点は風雨と共に去りぬ。

P20130906

左端9時の方向に次のお楽しみが少し見える。期待しましょう。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月 5日 (木)

昨日の雲の続きと、今日の太陽 2013/9/5

昨日の散歩で撮った雲の続きです。

Img_9951

Img_9952

Img_9954

そして今日の太陽。今朝も一瞬の晴れ間狙いでした。

P20130905x3_2

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月 3日 (火)

今日の太陽 2013/9/3

ほんのひと時の晴れ間でした。ピントや露出を迷っている場合ではありません。

P20130903x7

PSTからminiBORGに付け替えている間に、もう濃い雲が押しかぶさってきます。角度決定の為の画像は撮れず、これまでの経験から大雑把に画像上が北方向ということで。

P20130903

撮れただけ儲けもの。今日は昼過ぎから豪雨の予報です・・・。





にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年9月 2日 (月)

3D星座 みなみのさんかく座

土曜日から雨か曇りが続いています。空が晴れないと気も晴れませんね。

こんな天候のせいではないでしょうが阪神タイガースの打線も湿りっぱなしで・・・。

南天の星座、みなみのさんかく座です。

交差法でご覧ください。

77x_minaminosankaku_3d

平行法でご覧ください。

77h_minaminosankaku_3d

季節外れの梅雨空早く去ってください!


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »