フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2013/8/3 | トップページ | 裏庭観望所の光害状態は »

2013年8月 4日 (日)

思い出したかのようにジオラマ風に

今日は朝から嫁さんの実家の墓参り。太陽撮影は無理かなと思っていたら、何のことはない一面の曇り空。
まあ炎天下の墓参りよりはずいぶんありがたい事で。

昨日は昼から思いついて、近場の陸橋まで行って風景撮り。

ついでに文パルに寄ったら、市立図書館の書籍の入れ替えで、不要になった本の無料提供に出くわしました。
覗いてみると昔読む機会の無かった日本作家のSF文庫本が目に付き、早速7冊ばかりもらってきました。

人によっては古本や図書館の本など、誰が触ったか分からない本を敬遠する向きもあるように聞きますが、私は全く気になりません。印刷所から製本所、出版社、取次店、書店と、新刊本でさえ沢山の人の手を経て購入者の手に渡るんだから。
もっとも、大事なところが折れたり破れたり、書き込みされたりで汚されているような本は、私だって敬遠しますが。

閑話休題。
陸橋の上から撮った写真をどうするか・・・ジオラマ風に加工してみようと思いついたわけです。前にも一度やってみた事はあるのですが、素材も腕も未熟で思ったほどの効果が無く、そのまま忘れていたのでした。

画像の上下にぼかしをかけて、全体に彩度を上げてと・・・さて、今回はどうか。

Im_9374

こちらが元画像。

Img_9374

もう1シーン。いつも利用の文パルです。

Im_9397

で、こっちが元画像。

Img_9397

やっぱり、イマイチかな。最近はジオラマ・フィルター内臓で動画まで撮れてしまうデジイチがありますが、星で遊べない日々が続くと、そんな遊び道具が欲しくなってきました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

« 今日の太陽 2013/8/3 | トップページ | 裏庭観望所の光害状態は »

コメント

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

我が家は旧盆に墓参りする事にしているのですが、今年は新盆にも参り、改めて来週も花を手向けに行こうと思っています。

機械音痴なので全く知らなかったのですが、「ジオラマ・フィルター内臓のデジカメ」なんていうのも在るんですね。イマイチと書かれていましたが、「こういうの面白いなあ。」と思いました。

見知った人間なら別ですが、誰が着たのか判らない古着には非常に抵抗が在るものの、古書は全く気にならないですね。「書き込みや破り取られた頁が在る。」というのならば、自分も嫌ですが。

 いいですねぇ。ジオラマに見えますよ。
 ぼかしは、上下よりも、円形でかけたほうが効果があるような気がします。

 誰かが読んで感動した本がまた誰かを感動させる。素晴らしいことだと思います。
 けっしてブックオフの回し者ではありません。むしろ、新刊が売れてくれないとこまる立場にいます(笑。

giants-55様

嫁さんの実家の墓参りは無事済ませました。でも暑かった~。
ジオラマ加工は上手に出来れば本当にミニチュアっぽく見えて楽しいですよ。
そこそこで妥協するなら加工自体は簡単に出来ますけれど。

いっこうさん

円形ぼかしですか、なるほど。
楕円形にマスクすればいいんですね。早速やってみよっと。

今回もらってきた本は、ほとんどが昭和50年代の文庫本でした。
文字が小さくて、老いてきた眼にはちょっと辛いです(笑)。

え!?、これジオラマでないのですか?
悠々遊さんてプラモやるんだ…最初は考えました。驚きです。うーん……。
リアルなものを虚構に見せ掛けて楽しむ。
サピエンスしかしない遊び心かと思いきや…。
実は先日、カラスが滑り台を滑って遊ぶのに遭遇をいたしました。ビックリ!
無用の用!
遊び心は捨てたくないですね。人と人非人を隔てるのは其処だと思うから。

アブダビさん、おはようございます
はい、若い頃は鉄道模型もやっていて、ジオラマも作ったことがあります。
不器用なのでジオラマ作りは早々に諦めましたが(苦笑)。
好奇心があって、遊びを楽しむのは人間だけに限ったことではないかも知れませんが、自分が楽しく、周りの人も楽しませることができる、それは人間にしかできないことかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/57923515

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出したかのようにジオラマ風に:

« 今日の太陽 2013/8/3 | トップページ | 裏庭観望所の光害状態は »