フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 3D星座 みずがめ座 | トップページ | 今日の太陽 2013/6/29 »

2013年6月28日 (金)

3D星座 見え方の確認と みなみじゅうじ座

交差法での見え方の確認をしておきます。

00_a_3d

この画像で「D」が最も手前、「☆」が最も奥に見えれば正解です。
でも逆に見える方も結構おられるようです。その場合星座の画像は平行法の方でご覧ください。

それでは・・・。

日本から全体が見える北天の星座は網羅しました。
一部は隠れるけれど大部分は見える星座もUPしました。
で、ここからは一部だけ見えるか全く見えない、南天の星座の領域に入ります。

先ずはみなみじゅうじ座から。
さすがにこの星座は有名ですが、南天の星座には馴染みの無いものが多いので、星だけでなく星座線も入れてみました。

交差法でご覧ください。

74_minamijuji_3d_2

平行法でご覧ください。

74h_minamijuji_3d

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

« 3D星座 みずがめ座 | トップページ | 今日の太陽 2013/6/29 »

コメント

はい、逆に見えてました。HPに行って、交差法でもう一度見直してきま~す。

こんにちは。

私も逆に見えています。
2つの方法があるのは知っていましたが、見え方が違うというのは知りませんでした。

悠々遊さんは、Dが一番前に見えるのですか?

こんにちは。
はい、私はDが一番手前に見えます。 その次は座ですね。
逆に見える事があるなんてはじめて知りました。
そう思って見直すと逆に見える時もありました。
面白いです。

>>いっこうさん
もともと天球に張り付いているように見える星なので、どちらが手前に見えても違和感が無かったのでしょうが、知ってしまったからには・・・。

>>やまねももんがさん
こんばんは。
やまねももんがさんも逆派だったんですか。
逆派の方も沢山いらっしゃいますね。時々自信が無くなって3D専門のサイトに確認に行ったりします(笑)。
高層ビルの3Dなんかだと自分がどっちで見えているのか、すぐに確認できるんですが。

>>かたくちいわしさん
こんばんは。
D、座、3、星、☆の順に遠くになるように作ってみました。
自分の鼻先を見るように寄り目で見るのが交差法・・・と説明して見てもらっても逆に見える方が結構いらっしゃいます。

腕を伸ばして指を一本立て、遠くのもの(例えば電柱)をその指で隠してみます。
次に片目をつぶり、見えているほうの目で見てそれが隠れたままなら、そちらが利き目といいますね。
普段利き目でものを見て、もう一方の目で遠近を見ていると言いますが、そういうことも原因のひとつなのでしょうか。
ちなみに私の利き目は右目です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3D星座 見え方の確認と みなみじゅうじ座:

« 3D星座 みずがめ座 | トップページ | 今日の太陽 2013/6/29 »