フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2013/5/3 | トップページ | 今日の太陽 2013/5/4 »

2013年5月 3日 (金)

今日は憲法記念の日

最近憲法についてなにやらかまびすしい。声高に改憲を口にする人たちの話しぶりだと、現憲法がまるで日本をだめにした元凶でもあるかのようだ。

本当にそうだろうか。曲がりなりにも(弱い立場の)国民の生命財産が守られてきたのは、「第三章 国民の権利と義務」 およびそれを補足する「第十章 最高法規」 を読めば歴然。

この憲法が国家権力から権力を持たない国民を守る為のものなのは明白なのだが。

今この条文を骨抜きにしようというのは、自ら民主主義を放棄するに等しいのだが、国家権力の側では無い大多数の国民にはそれが理解されているのだろうか。虎を野に放つ愚に気がつかないのだろうか。

杞憂と笑う人がいるかもしれないが、杞憂で終われば結構。現実になってからでは取り返しがつかないのだよ。

自分の国を守る軍隊すら否定する現憲法はおかしい。防衛軍を持つ普通の国になるよう改憲すべきだ、と改憲論は主張される。

日本は太平洋戦争敗戦後六十数年間、国家としてただのひとりも海外で人を殺していない。それが恥ずべきことだったのだろうか。

もし改憲論者が言うように軍隊を持っていたとしたら、集団的自衛権の拡大で米軍とともに海外派兵し、他国民を殺し、日本軍の将兵もただでは済まなかったことだろう。

そして、そうした関わりから日本国内がテロの標的にされる危険性も格段に高まっていたと容易に想像される。

また、防衛軍は志願兵だけでまかなえるのだろうか。お隣韓国軍には兵役義務がある。一種の徴兵制だ。米軍はずっと以前に徴兵制をやめているが、軍に志願してくるのはほかにまともな働き口の無い貧しい層の若者たちが多いという。

強烈な国家防衛の義務感から志願するというより、貧困から抜け出す手段としての志願だといえるだろう。悲しい現実だ。

これは他国の話ではない。改憲により軍隊が名実ともに認められれば、兵役義務という徴兵制が敷かれるか、フリーターや派遣など、非正規雇用で低賃金の若者が軍隊のターゲットにされるのは必然。

防衛軍とは国家が国防意識の高い志願者の誰かさんを使って、国民の生命財産を守ってくれる組織だと思っているならとんだ思い違いだろう。私やあなたの身近にいる若者が兵役義務として入営させられ、いざという時には海外派兵されることもあることを念頭に置いておくべきだ。

国家権力の中枢にいる一握りの人たちの生命財産とプライドを守る為に、名も無き層の若者が戦場に駆り出されてきた、それがこれまでの戦争の現実だろう。私たち名も無き層にとって、自分や家族の生命以外に命がけで外国から守るべきものがあるのだろうか。

いかなる理由にせよ、戦争の口実を作って戦争を始める人たちのプライドを守る為、命がけで戦場に行くなんて真っ平ゴメンだ・・・現憲法「第二章 戦争の放棄」とはそういうことなのですよ。

« 今日の太陽 2013/5/3 | トップページ | 今日の太陽 2013/5/4 »

コメント

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

以前の記事(http://blog.goo.ne.jp/giants-55/e/96e07a9af9739989d6e7e0cd2e57144b)でも紹介したのですが、(みんなの党の)渡辺喜美代表の父で、副総理も務めた渡辺美智雄氏が言ったという言葉が印象に残っています。


2012年09月30日 | その他


「気が進まない女房を、親や周りに押し付けられた。何時か代えよう、何時か代えようと思っている内に、40年も経ってしまった。見直してみると、こんな女房でも良い所は在る。第一、40年大過無く遣って来たし、良い子も作ってくれた。何よりも40年間に自分も馴染んでしまった。昔、代えようと思っていた気持ちも、段々変わって来る。」

バリバリのタカ派と言われた彼が、日本国憲法に付いて晩年語った言葉ですが、深みが在るなあと。確固たる考えが在っての「改憲派」も居ますが(此れは護憲派にも同じ事が言えますけれど。)、中には「ずっと其の儘だから駄目。」とか「押し付けだから駄目。」という、理由になっている様でなっていない理由を掲げる人が少なく無い。仮に押し付けで在ったとしても、問題が無い部分迄も変えようというのは理解に苦しむし、況や「為政者に不都合な部分を変えようとしている。」ので在れば論外。

「改憲」だ「護憲」だという上辺だけの主張に惑わされる事無く、深く国民レヴェルで議論する話だと思っています。

>>giants-55さん
テレビの街頭インタビューを見ていると「ずっとそのままで現状にあわないから変えるべき」と、軽いノリで考えているような意見もあり、大丈夫かなと思ってしまいます。
現憲法が不磨の大典とは思いませんが、誇るべき理想の旗を降ろしてまで現状に合わせようというなら、それは本末転倒というもの。
日本人が国際社会の一員として、何を誇りとし何を理想として掲げ、現実とのギャップをどう埋めていくのか、そこのところの議論熟慮を抜きにして叫ばれる改憲論には、心底怖さを感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/57303280

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は憲法記念の日:

« 今日の太陽 2013/5/3 | トップページ | 今日の太陽 2013/5/4 »