フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

今日の太陽 2012/10/31

空一面霞のような薄雲が広がり、それよりも少し濃い雲が流れるコンディション。

長く伸びるダークフィラメントの先からプロミネンスが立ち昇る、絵になる姿が見られました。

P20121031746

いつもの処理では分かりにくいので、処理を変えてみました。

P20121031754_2

長く太陽画像の処理をしていても、未だにこれで決まり、という方法が確立できません。

毎回手探りですが、それがまた楽しかったり・・・。

20121031215

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月30日 (火)

3D星座 おひつじ座

星占いでお馴染みの12星座宮のひとつ、おひつじ座ですが、実際の星座としては明るい星が少ないのであまり目立ちません。

交差法でご覧ください

16_ohituji_x

平行法でご覧ください

16_ohituji_h

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月29日 (月)

今宵の月は月齢13.9

見た目はほとんど満月。夜になって雲が無くなってきました。

13920121029726

お月さんを撮ったあと、北極星に向けて30秒を10コマ。miniBORG60EDの350mmでぐるぐるをやってみました。

Output

北極星のすぐ近くにも微光星がたくさん見えます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月27日 (土)

今日の太陽 2012/10/27 と月齢11.0

活発だったプロミネンスも大人しくなってきたようです。

P20121024719

20121027206

黒点のほうはまだまだ元気ですが、新たに回ってきている様子が無いので、新たな展開に期待したいところ。
11020121026714

昨日の夜のお月さん。月齢11.0で~す。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月26日 (金)

カシオペア座の NGC654 NGC663

10月12日撮影の画像も今回が最後になりました。

Ngc654647x820121012

カシオペア座の散開星団、NGC654。

眼視等級6.5等級、視直径5’の小さな散開星団です。

Ngc663660x1520121012

同じくカシオペア座の散開星団、NGC654。

眼視等級7.1等級、視直径16’です。お気づきかと思いますが、画面右上の小さな散開星団がNGC654。見かけの接近度合いは二重星団に匹敵するのではないでしょうか。

二重星団は約800光年の遠近差があるようですが、この二つの星団はどちらも7900光年先にあるらしいので、実際にもお隣なんですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月25日 (木)

今宵の月は10.0

20時直前に月齢10.0になったそうです。

10020121025704

ただそれだけの事ですが・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月24日 (水)

今日の太陽 2012/10/24

昨日の悪天候がうそのような今朝の空。いそいそと機材を持ち出しまして・・・。

P20121024682

20121024192

黒点が賑やかです。

10月22日にも黒点画像を撮っていましたので、こっちもアップしておきます。

20121022189

並べてみると太陽の自転が実感できますね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月23日 (火)

カシオペア座の散開星団 M103、NGC457

10月12日撮影分です。

M103632x1420121012

カシオペア座のM103。

カシオペア座のM天体はM52とこのM103のふたつで、ともに散開星団です。眼視等級は7.3等級と7.4等級。M天体より明るく大きい散開星団がすぐ近くにいくつかあるのに、メシエは何故これを選んだのか?

Ngc457616x1220121012

カシオペア座のNGC457。

別名ET星団と呼ばれている散開星団。明るい2つの星が目玉で、両手を広げているように見えるところからこの愛称がついたようです。眼視等級6.4等級。M103より明るく大きいですねえ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月22日 (月)

カシオペア座の散光星雲 NGC281

10月12日の撮影分です。

Ngc281583x1520121012

カシオペア座のNGC281。別名パックマン星雲と言うそうです。散光星雲ですがノーマルカメラの撮影で普通に処理しても、それらしいものは見当たりません。もちろん眼視ではまったく分かりません。

Ngc281583x15b20121012

バラ星雲の時のように、思い切り強い画像処理をして、モノクロで出してみるとこんな具合になりました。なんとなくテレビゲームのパックマンらしい姿が・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月21日 (日)

今日の太陽 2012/10/21

昨日のプロミネンスが成長したのか、見事なアーチになっています。

P20121021641

黒点も地球サイズのが出て、見応えがあります。

20121021183

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

カシオペア座の散開星団 NGC129、NGC225

10月12日撮影分の続きです。

Ngc129551x1520121012

カシオペア座のNGC129。

Wの北側すぐ近くの散開星団で、眼視等級は6.5等級です。

Ngc225566x1620121012

同じくカシオペア座のNGC225。

これもWの北側すぐ近くの散開星団で、7等級。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月20日 (土)

今日の太陽 2012/10/20

先日来見えていた芥子粒をばら撒いたような黒点群は消えていますが、今日のお日様はHα光、白色光とも見応えある姿です。

P201210200632

20121020126

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月19日 (金)

カシオペア座の散開星団 NGC1027、NGC7789

10月12日に撮影した散開星団の続きです。

Ngc1027676x1620121012

カシオペア座のNGC1027。

天の川の中にある6.7等級の散開星団。

Ngc7789535x1420121012

同じくカシオペア座のNGC7789。

こちらも6.7等級の散開星団。NGC1027とはカシオペア座の「W」をはさんで反対側にあります。微光星の大集団の印象です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月18日 (木)

カシオペア座の散開星団 IC1805、IC1848

10月12日撮影の散開星団です。

Ic1805693x1620121012

カシオペア座のIC1805。

写真カタログによると、6.5等級の散開星団の周囲に、散光星雲が画面いっぱいに広がっているはず。思いっきり画像処理すれば中央付近と右上隅あたりに、一番濃いところが薄っすら浮かび上がるのですが、かなりやりすぎの気がして・・・。

Ic1848709x1620121012

同じくカシオペア座のIC1848。

こちらも6.5等級の散開星団の周囲に、星雲が画面いっぱい広がっているようですが、IC1805のところよりも薄いので、強調処理をしても確認できませんでした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月17日 (水)

鴻ノ巣運動公園へミニ遠征

昨夜、仕事からの帰りには曇天模様だったので、予定していたミニ遠征をあきらめて11時に就寝・・・のはずが、ふと外を見るとなんと快晴! 急いで支度をし、ポタ赤とカメラをバイクに乗っけて運動公園体育館前に急行。久しぶりの星野写真を撮ってきました。

986x820121016

ぎょしゃ座からおうし座にかけて。ど真ん中で木星が光っています。

自宅裏庭より見晴らしが良く若干暗いものの、直線距離にして1kmも離れていない場所なので、広角での星野写真だと画像として出すとカブリが目立ちます。おまけにカブリや周辺減光の調整の仕方、すっかり忘れてしまってます・・・。

006x620121016

昴、ペルセウス座のα、ぎょしゃ座のα、木星と繋いで、晩秋の四辺形というのはいかがでしょう。

012x520121016

カシオペア座からペルセウス座にかけて。この辺は天の川の中なので、微光星が結構あります。

2時間ほど星空散歩をしている間に、再び雲が勢力を盛り返し全天覆われてしまい撤収。

結局そのまま曇天が続き、今日は昼前から雨。太陽は拝めませんでした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月16日 (火)

今日の太陽 2012/10/16

今日は仕事の合間に抜け出して観望と撮影。

嘱託の身ゆえ許されること。良い子の皆さんは真似しないように。真似して懲戒されても責任は負いかねます。

さて、

P20121016621

Hαではプロミネンスが少し元気を取り戻したよもう。微細黒点周囲のプラージュは、相変わらず目立ちます。

20121016967_2

ソーラーフィルターに微細な穴が数箇所あることに気づき、アドバイスをもらってポストイットを小さく刻んで貼り付け、穴を塞いでみました。

20121016980

いったんシールをはがして撮ったのがこちら。シールを貼ったほうが幾分コントラストが上がっているように見えるのは、気のせい?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月15日 (月)

ISO3200に変更

10月7日に続いて10月12日にも観望と撮影。7日の撮影で後半の画像でピントが甘くなっていたので、撮り直しもかねての観望と撮影でした。

この日、いつものISO1600、30秒露出から、ISO3200、20秒露出に変更しました。感度を倍にしてシャッターを1/3短縮しているので、単純に考えればこっちのほうが若干暗い星まで写っているはず。ISOを上げた事によるノイズの増加の影響はどうか。

設定変更の狙いは、シャッターの短縮によるガイドエラーの低減と、ひとつの対象の撮影時間短縮、ひいては一晩に写せる対象を増やすか、さっさと暖かい部屋に戻り負担軽減につなげるか・・・。

実際のところISO1600、30秒露出では、撮影したコマの半分が没になることもあったのが、ISO3200、20秒露出では1、2割の没に止まったので、一定の効果はあり。肝心の画像への効果はどうか。

Ngc7380511x820121012

ケフェウス座の散開星団NGC7380。ISO1600、30秒露出、8コマ合成。

Ngc7380519x1420121012

同じく、ISO3200、20秒露出、14コマ合成。

ちょっと分かりにくいので、中心の星団をトリミングしてみると、

Ngc7380511x8

ISO1600、30秒露出。

Ngc7380519x14_2

ISO3200、20秒露出。

予想通り、暗い星まで写る代わりノイズも増えていました。またレベル補正で背景を同じくらいにしようとすると、ISO1600では黒くなるのに、ISO3200では青っぽい背景になってしまいました。この青っぽい背景が他の画像ではどうか、この日はNGC7380以外は全部ISO3200で撮ったので、順次コンポジット・画像処理をして確認してみたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月14日 (日)

10月7日撮影分から

翌日が体育の日でお休みなので晴れているなら夜更かしOK。

で、早速CAPRI-80EDによる星団撮影開始です。

Ngc7023322x1320121007

ケフェウス座の散開星団+散光星雲 NGC7023。

自動導入に頼って導入したものの、どれ? チェック用に使っている写真カタログで調べると、画面左下の明るいのがそれらしい。散光星雲は薄っすら見えるが、散開星団が見えません。たぶん暗い星ばかりなのでしょう。

Ngc7160370x1520121007_2

ケフェウス座の散開星団 NGC7160。

中央のごちゃっと集まっているのがそれ。

I1396388x1320121007

ケフェウス座の散開星団? IC1396。

ステラナビゲーターでは散開星団になっているが、写真カタログでは散光星雲の画像が掲載されている。ネットで調べるとやはり大きな散光星雲らしい。中央右下の星を中心にまあるい姿をしている(らしい)。

この辺は天の川の中なので、中央あたりの星々をひとまとめに散開星団と言ってしまえば、そんな風にも見えるし・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月13日 (土)

今日の太陽 2012/10/13

今日は白色光画像の黒点に注目。中央やや上の左側に小さな集団が出来ています。

画像では密度の高いところが潰れてしまっていますが、芥子粒をばら撒いたような印象です。

20121013944

Hα画像の方はでは、小さな黒点群の位置にプラージュらしい明るい部分があるほかは、目立つプロミネンスも無し。

P20121013611

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月10日 (水)

今日の太陽 2012/10/10

朝方の一面べた曇から回復しつつあるものの、例によって太陽の周りだけお邪魔雲が・・・。

大きなプロミネンスが出ています。かひちやうの部屋10/9の画像を見ると、昨日から出ていたようです。

P20121010377

20121010500

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 9日 (火)

M52と青い雪だるま

星見に適した気候になってきたこの頃、晴れた夜はせっせと撮りためておかねば、と10月7日の夜に撮ったうちのひとつが、カシオペア座の散開星団M52。CAPRI-80EDによる散開星団収集の本格始動です。

M52b20121007300x20

同じ夜、SXWのコントローラーに登録されている「有名な天体」のひとつ、青い雪だるま星雲を導入し撮影。カメラのモニターで確認すると確かに青く写っている。9等級ながら惑星状星雲は等級光度の割りに良く写るので楽勝。

撮影を終えて念のためインターネットで青い雪だるまNGC7662を検索し比較すると、何か違うみたい。ネット上の画像では撮影したものほど青くないし、周りの星の並びも違う・・・あれ?

ステラナビゲーターを起動し、周囲の星の並びと比較すると、CSC3238.1934と番号のついた5.8等級の恒星を青い雪だるまと勘違いしていたようです。改めて画像を見直すと、勘違いしていた恒星の直ぐ近くに同じぐらいのサイズの白い塊が・・・これか? どうもそうらしい。

主役が画像の端のほうに写っているし、30秒の露出でも白トビしているみたいなので、今夜改めて撮り直し。望遠鏡を出したときには晴れていた空が、撮影を始めて間無しに雲に占領されて、NGC7662を数コマ撮っただけで撤収を余儀なくされました。

アンドロメダ座の惑星状星雲NGC7662。アンドロメダ大銀河の西側、ペガスス座のお腹の下の方に位置しています。左上の青い星が勘違いしていた方です。

Ngc7662b20121009473x5

今回はISO1600で15秒の露出でしたが、拡大してみるとこれくらいのほうが模様が視認できるので適正露出かもしれません。

Ngc7662c20121009473x5

それにしても恒星を惑星状星雲と勘違いするなんて、自認どおりいつまで経っても初心者マークです。確認を怠ってそのままアップしていたら、赤面ものでしたね(苦笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 8日 (月)

今日の太陽 2012/10/8

朝の快晴から徐々に侵食されて、15時前現在では青空は見当たりません。

太陽を撮った9時過ぎもすでに薄雲が有り、切れの悪い画像になりました。

P20121008372

20121008470

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

鴻ノ巣運動公園で雲に邪魔される

22時半頃まで裏庭観望所で散開星団と遊んだあと、固定撮影をするつもりでカメラと三脚を持って、鴻ノ巣運動公園方面へミニ遠征。

家を出るときは無かった雲が、現地に着く5、6分の間に湧いてきたらしく、構図やら露出やらを決めている間にどんどん広がってきて、しっかり邪魔されてしまった。

20121007024x17

おうし座からオリオン座 2012/10/7  23:34-23:42 カメラ三脚固定

Sigma18-200/3.6-6.3 EOSkissX2 ISO800 f15 F4.5 20s×17コマ

ピントを合わせず撮影したのでピンボケでした。

20121007042x18

おうし座からオリオン座 2012/10/7  23:48-23:54 カメラ三脚固定

Sigma18-200/3.6-6.3 EOSkissX2 ISO800 f15 F4.5 20s×18コマ

予定では2時間ぐらいかけるつもりだったのに、このあとも雲が濃くなるばかりで、10分足らずを2本分撮っただけで撤収。心残りであります。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 7日 (日)

今日の太陽 2012/10/7

昨日とは打って変わって上天気。

9時方向に千切れたプロミネンスが浮かんでいます。6時方向には櫛の歯のようなものも。

P20121007366

20121007288

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 5日 (金)

3D星座 おひつじ座

ご存知黄道12星座のひとつ、おひつじ座ですが、星の集団の星座としては明るい星の少ない、地味な存在です。

交差法でご覧ください。

16_ohituji_x

平行法でご覧ください。

16_ohituji_h

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 4日 (木)

カメラ三脚でプチ遠征

前日に予定していた体育館前に、固定撮影だけのプチ遠征してきました。

午後も11時を過ぎないと照明が消えない場所なので、翌日仕事がある身では1時間が限度と決めて、予行演習目的のあわただしい遠征です。

展望台からほぼ西の城陽市内方面 ISO400 F4.5 f22mm 10s

982

眼視ではもう少しだけ暗い感じ。右上の明るい星はわし座のアルタイル。

同じく城陽市内方面 ISO400 F5.6 f72 20s

985

星も何とか写っているが、これでは露出オーバーの夜景。でも案外きれい。

展望台から降りて、今後の撮影場所候補で西方向を ISO800 F4 f12 30s

002

夏の大三角とモニュメントを入れて。もう少し露出を抑えないと市内の明かりがうるさい。

同じ場所から方向を変えて西南西方向 ISO800 F4 f10 20s

004

水平目線で星景写真を狙うにはこの辺の露出が限界?

直線距離で300mほど移動して東方向 ISO400 F4 f14 20s

016

撮影場所としてはこちらも魅力ながら、直ぐ右横を幹線道路が走り、左側は山に隠れて北極星が見えず、開けているのはこの東側のみ。

正面にはぎょしゃ座。右の明るいのは木星。その右上画面の外にはお月さんが煌々と。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 3日 (水)

今日の太陽 2012/10/3

朝、まだら模様の雲越しに黒点画像を撮るも、思わしい画像なし。

その後外出。2時間ほどのちに帰宅する頃には青空が広がる天気に。

帰宅早々に玄関側にて観望と撮影。

20121003279

20121003360

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

ミニ遠征断念

明日が休みなので今夜晴れていれば月夜でも、改装ポタ赤を持ってミニ遠征する予定でした。しかし空を覆って流れる雲に消える様子もなく、あえなく断念。

ただ、このままあっさり諦めるのも癪なので、裏庭観望所にポタ赤とCAPRIを持ち出し、雲越しの月だけは撮る事に。

Img_2206

Img_2212

上はISO1600で1/4000s。下がISO800で1/800s。

肉眼観望では月の周りにぼうっと暈が出来るほどの雲越しの撮影です。拡大してみるとISO1600の方は荒い画像になっているのが分かります。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年10月 1日 (月)

おおいぬ座の散開星団 M41

台風17号が通り過ぎて快晴・・・とはならず、曇り空に時折小雨がぱらつく天候。南の海上には20号が発生し、日本列島に接近の気配もあるとか。今週末も怪しい雰囲気で・・・。

ふらふらと方向が定まらず、マニフェストを守れない与党と、今日の混乱の種を蒔き育ててきた責任は棚に上げ、経験豊富な責任政党などとのたまう無責任極まりない元与党。党首の個人人気に便乗し実績の無いまま過激な発信を続ける新興政党。どれを見ても今週末の天気と同じく、怪しげな雰囲気が・・・。

これも国民の選択の結果だから仕方が無いのかもしれないが、その国民の選択とやらも、有権者の半分以上が棄権し、投票した有権者もそのうちどれだけが真剣に考えての選択か。組織票などと聞くと、地縁血縁仕事縁での頼まれ投票もかなりあるのだろう。あるいは人気者に群がるミーハーな投票も。怪しげな選択の上に成り立つ国政だ。

民主主義国家では国民の文化レベルに応じた政府しかもてない。と言うらしいが、外から与えられた民主主義では、所詮このレベルか。自らの意思と努力で勝ち取った民主主義なら、もっとましな政府がもてるのだろうか。イギリスやアメリカ、フランスを見てもそう大差なさそうに見えるが。

与野党を問わず、建前発言とは裏腹に無責任な政治家の振る舞いが、最近益々ひどくなってきたようで、いよいよあきれ返ってしまっている。などと、ここでぼやいても事態が好転するわけでなし。来るべき「近い将来の解散・総選挙」では、候補者をしっかり見定め、責任ある投票をしようと改めて思う。

ええっと・・・こんな話題にするはずじゃなかったのに、なんでこうなったんだろう?

9月26日に裏庭観望所で撮った、おおいぬ座の散開星団M41。

M4120120926181bx12

おおいぬの脇の下あたりにある大き目の星団です。裏庭観望所での南限に近い位置に有り、これより低い位置の天体は見ることも撮ることも出来ません。後はミニ遠征に望みをかけるのみです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »