フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

ポタ赤の改良

ポタ赤の改良と言っても、微動雲台を簡易赤緯ユニット+アリガタに変更しただけの事。

微動雲台では、

Img_7976

安定性を考えればPSTを載せるのがいいところ。

Img_7977

それを簡易ユニットに変更したことでゆとりが生まれ、

Img_7978

ミニボーグを搭載しても余力有り。

Img_7981

CAPRI80EDになると、さすが負担は大きそう。でも無理ではない。

Img_7980

ミニ遠征のお供が増えそうな気配です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月29日 (土)

星まつりの収穫

先週、関西で最大の星まつりイベント「星をもとめて」に参加してきました。出発当初は良く晴れていた空も、会場に着く頃にはどん曇り(涙)。

しかしそんな事はよくある事で想定内。星もとに参加する本当の目的は、出店してくる天文ショップの格安品、中古部品を物色すること。天文ショップが近くに無い地方都市住まいでは、こんな時にしか機会は無いもので(笑)。

今回星もとで手に入れたものは、この5点。

P1020352

左上から、

ビクセンのアリミゾユニット、ワケ有り新品、3000円。ポタ赤に小型望遠鏡を載せる為のパーツとして購入。この後、天文ショップ・アイベルの通販で簡易赤緯ユニットを手に入れて、ポタ赤改造完成・・・となるはずが、送られてきた赤緯ユニットが粗動も微動も動かない不良品だったため、送り返して調整または交換という事で、完成には至っていません。メーカー、ショップとも天文機材の検査が甘いようで、ちょくちょく不具合品を掴まされますが、もっとしっかりチェックして欲しいものです。対応が良心的なのがせめてもの救いですが。

ビクセンの汎用スライドバー、新品特価で4400円。CAPRI80ED付属のアリガタベースでは、フリップミラーとデジイチを付けると接眼側に大きくバランスが崩れるので、対物側にアイスノンを巻いて対応していましたが、何かと使い勝手が悪いので、特価を見て購入決断。アリガタベースと交換することでバランスがとれました。

左下から、

フォトンの2倍ショート・バロー・レンズ、新品特価4800円。今まで一度もバローレンズを使ったことが無く、興味本位で衝動買い。

ボーグのメタル延長筒、中古、500円。全長が4mm短く加工されていて、フリップミラー使用での同焦点に都合が良いので購入。

ビクセンの天頂ミラー、中古、2500円。ミニボーグに付けていたフリップミラーをCAPRIに回したので、ミニボーグ用に購入。

バローレンズ以外は前もって欲しいと思っていたものばかりなので、割安で手に入れられて良かった良かった。

汎用スライドバーとメタル延長筒を取り付けたCAPRIちゃん。

Img_7968

Img_7969_2

ついでに等倍ドットファインダーも取り付け位置を変更。見た目もすっきりしました。

Img_7975

後は天気の回復を待って、出動するのみ。

あ、ポタ赤の改良がまだでした・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月26日 (水)

バラ星雲撮ったど~

とうとうバラ星雲撮ったど~。

かの有名なバラ星雲。オリオンの背後にあるのは分かっていても、赤い星雲なので無改造カメラではほぼ対象にならない、と聞いているので望遠鏡を向けてこなかった。

しかし昨夜、空は快晴。久しぶりに光害カットフィルターも引っ張り出して、望遠鏡に初めて装着。駄目元で撮ったろか~、と玉砕覚悟で15ショット。

どういうわけかこのバラ星雲とM1だけは星像が流れまくって、ほぼ全滅状態。悲しい悔しい。何とか状態の良い(と言っても米粒状の星像の)画像を7枚選んでコンポジットし、星雲が浮かび上がるまで強引に画像処理をしたものの、強引過ぎて画面はざらつくわ赤い星雲が青くなってしまうわ。仕方が無いのでモノクロに変換したのがこの画像。CAPRIの560mmでほぼ画面いっぱいに写ってくれた。無改造やけど、どや。

20120926165

ちなみに無修正の1枚画像では、中心の散開星団NGC2244が見えるだけ。

Img_2165

これを強引に画像処理しても1枚だけでは、何となくあるような~無いような~。

Img_2165b

へえ、お粗末さまでした。でも、わてにとっては記念の1枚でっせ~。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

今日の太陽 2012/9/26

昨日の夜から快晴が続いています。秋晴れ。

昨晩11時半過ぎに機材を準備し、観望を始めた頃に日付が変わった模様。観望と撮影を終えても機材はそのままにしておき、今朝の太陽撮影となりました。

で、夜空の撮影に久しぶりに光害カットフィルターを組込んだので、そのまま太陽撮影したらご覧のごとく、青い太陽になってしまいました。なんだか新鮮。

20120926195

Hα光によると、お日様も活発になってきたようです。

P120926356

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月24日 (月)

カシオペア、ペルセウス、ペガスス、アンドロメダ、くじら、とアップしながら、もう一人この物語の登場人物を忘れていました。アンドロメダ姫のお父ちゃんですが、物語の中同様影の薄い存在です。

交差法でご覧ください。

31_kefeusu_x

平行法でご覧ください。

31_kefeusu_h

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月23日 (日)

CAPRI80ED で撮った M39、M35、M45、M15

大型で見栄えのする散開星団3つと、最後に球状星団をひとつ。

夏の星座、白鳥座の散開星団、M39。白鳥の尾羽デネブの右後ろにあります。

M3920120916942b8

こちらは冬の星座、ふたご座の散開星団、M35。ぎょしゃ座の3兄弟から少し離れて、双子の兄カストルのつま先の少し上です。

M3520120912811b7

散開星団の掉尾は、おうし座の散開星団、M45。ご存知昴。写真でよく見る輝星の周りの青いガスが、なかなか写ってくれませんが、今回は淡いながらも写っていました。

M4520120912621b8

よく見るとミニボーグで撮ったほうにも青いガス、写っていました。ミニボーグとルミックスの軽量コンパクト・コンビもなかなか頑張っていたんですねえ。

M4520120825099x14

秋の星座、ペガスス座の球状星団、M15。今回のCAPRIの星雲星団デビューで唯一撮れた球状星団でした。ペガススの鼻の先にあるので見つけやすいはずですが、いつも自動導入に頼っていて、手動で見つけたことはありません・・・。

M1520120916928b8

7月の中ごろにED103Sで撮った画像も添えておきます。若干処理の違いもありますが、撮ってみると口径の差を感じる対象です。

M1520120718776bx4

以上で、新戦力CAPRI80EDの星雲星団デビュー画像はおしまい。デジカメの技術進歩という面に負うところが大きいと思いますが、CAPRIの実力も期待通りの満足いくものでした。後はわが身の撮影・画像処理技術向上・・・といきたいところですが、お手軽撮影の気楽さは手放したくない、譲れない一線です(笑)。

せっかくコンパクトな鏡筒を手に入れたのだし、たまには近場のミニ遠征もと目論んではいます。その時、重くてかさばるしバイクで持っていくのは骨だけど、自動導入の出来るSXWにするか、軽くてコンパクトだけどCAPRIを乗せるにはちょっと不安なGP2ポタ赤にするか・・・まあ、そのときの気分次第ということで。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月22日 (土)

今日の太陽 2012/9/22

今日は西日本では唯一とされる、第12回星をもとめて に行って来ましたので、画像のアップが遅くなってしまいました。

プロミネンスの一団が西側に現れています。成長するのか収束するのか気になるところ。

P120922334

Hα画像ではプラージュとして明るくなっている所に黒点がありますが、他にも小さなものがいくつか見受けられます。

20120922989

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月21日 (金)

3D星座 さんかく座

一等星の少ない秋の星座の中でも、小さく地味なさんかく座。しかしアンドロメダ座の隣りにあって、大きな渦巻銀河M33の存在により知られています。親ならぬ子の七光りといったところでしょうか。

3星とも地球から比較的近く、遠近感が乏しいので3Dにしてもあまり目立ちませんでした。

交差法でご覧ください。

44_sankaku_x

平行法でご覧ください。

44_sankaku_h

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月20日 (木)

CAPRI80ED で撮った M36、M37、M38

今日はぎょしゃ座の散開星団3兄弟、M36、M37、M38をアップします。

先ずはM36。3兄弟の中では明るい星が多いけれど、大きさは一番小さく、地味な印象を受けました。

M3620120912775b7

次にM37。均整の取れた密集度の高い散開星団で、見ごたえあり。

M3720120912787b9

そしてM38。見るたびにアゲハチョウを連想してしまいます。南側に見えるこじんまりした散開星団はNGC1907。

M3820120912763b6_3

こちらは今年はじめにED103Sで撮ったM38。795mmと560mmの違いです。

M382120108629x4

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月19日 (水)

今日の太陽 2012/9/19

穏やかな秋日和になりました。このまま週末まで持ってくれると嬉しいな。

P120919307


20120919980

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月18日 (火)

CAPRI80ED で撮った hχ、M34

ペルセウス座の散開星団といえば、真っ先に上がるのが二重星団hχ。ミニボーグで撮った画像と並べてみます。

20120912661b9_3

20120824020x8_3

パッと見だとミニボーグ画像の方がよく写っているような。拡大画像で見ると違いが分かります。

ペルセウス座のもうひとつの散開星団、M34。

M3420120912651b8_3

M3420120825044x7_2

銀河や星雲に比べると散開星団はもともと明るい場合が多いので、2cmぐらいの口径差ではそれほど違いが出ないのかも知れませんね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月17日 (月)

今日の太陽 2012/9/17

薄暗く感じる5時15分に起床、5時30分前に散歩に出ると天頂付近に木星、東の空に金星が明るく輝いていました。

Hα光で見る太陽は、気のせいか少し活発になってきているようです。

P120917302


Img_1974

南の海の周辺が騒がしくなっています。台風16号のせいばかりではない様子。

お互いが自分の主張を声高に叫ぶだけでは拗れるばかり。小さな島ひとつをめぐって大勢の命の遣り取りが起きては最悪。子供の喧嘩じゃないんだし、互いの主張の根拠となるものを示した上で、冷静に議論できないものでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

CAPRI80ED で撮った M42、NGC2024

オリオン座の散光星雲といえば文句無くM42。露出時間の多少、画角の大小があってもそれなりに見栄え良く写ってくれる、トップモデルですね。

M4220120912696b4


こちらは2週間前にミニボーグで撮った画像。

M4220120825150x8

オリオン座の散光星雲といえば愛称「燃える木」、NGC2024もお馴染み。こちらは馬頭星雲とツーショットに収まることが多いかも。この画像でも微かに馬頭星雲が見えます。

Ngc202420120912716b6

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月16日 (日)

今日の太陽 2012/09/16

今週末のお彼岸を避けて、今日お寺参りしてきました。

裏庭観望所で観望に適した時刻になる前に出発し、玄関前で観望できる少し前に帰宅。

そんなわけでHα画像は電線が写り込んでしまいました(下方の赤い部分)が、やむを得ず。

P20120916297

白色光の方は望遠鏡の位置を少し移動できたので、視界を遮られず撮れました。

20120916920

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

CAPRI80ED で撮った M1、M76、M78

今日は小型の星雲3連発で。

おうし座のかに星雲、M1。1000年ほど前に超新星爆発が観測された記録の残る星の残骸。おうしの角の先にあるので小さい割りに見つけやすいです。

M120120912799b6

ペルセウス座の惑星状星雲、M76。こぎつね座のM27を小さくしたような感じ。2週間ほど前にミニボーグでも撮っているので並べてみます。

M7620120912682b6

M7620120825032x7_2

ミニボーグの画像は上下左右が逆転していたので、180度回転して方向を同じにしています。ちっちゃいですが分かるでしょうか。

オリオン座の散光星雲、M78。今回はじめて撮りました。豪華な顔ぶれがそろうオリオン座の中にあって、比較的地味な存在ではないでしょうか。でも何故かウルトラマンの故郷だそうです。

M7820120912703b6

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月15日 (土)

今日の太陽と謎の光 2012/9/15

先週、せっかく新調したばかりの太陽フィルターを改造中に誤って破ってしまい、ショボン状態に陥りかけましたが、かひちやうさんから救いの手が伸びて直ぐに再製作。今日の観望に間に合いましたヽ(´▽`)/。

20120915908

快晴ではなく「晴れ」。雲が多く、少し靄っているようで透明度がよくない。でもHα撮影をあきらめるほどでもない。とっとと撮ってとっとと撤収。

画像の調整を始めてから気がつきました。連続して撮った3枚の真ん中にだけ、千切れて飛んだプロミネンスのようなオレンジの筋が写りこんでいるのです。

P120915290

左の縁、8時ぐらいの所。調整前の元画像ではこんな感じ。

P1020290

こちらはその前後の画像。1秒も空けずに撮っています。

P120915289

P120915291

プロミネンスは瞬時に現れて消えるものではないし、何???

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月14日 (金)

CAPRI80ED で撮った M31とM33

CAPRI810EDの星雲星団デビューとなった夜の画像です。撮影場所はいつもの裏庭観望所。

先ずはアンドロメダ座の大銀河M31から。

M3120120905598x16

こちらはその2週間ほど前にminiBORG60EDで撮った画像。どちらもトリミング無しです。

M3120120824967x18

わずか2週間で撮影や画像処理の腕が上がるはずも無く、写り方の違いは8cm560mmと6cm350mmの差。
ちなみに、去年ED103S(10.3cm795mm)で撮った画像はこちら。

M31111018951x6

こうして並べてみると画角の違いも明らかですね。

銀河をもうひとつ、さんかく座の大銀河M33。アンドロメダ大銀河の近くにあり、見かけの大きさはM31に次ぐ全天第2位だそうですが、M31と比べるとがっかりするほど淡い存在です。

M3320120912641b

そしてこちらが2週間ほど前にminiBORGで撮ったM33。前回のアップより少し強めに再処理しています。こちらはあまり違いが無いような・・・。

M3320120825056x6_2

追記

CAPRIで撮ったM33の画像、なんか変? と思っていたら、コンポジットしたとき方向のずれた画像が紛れ込んでいたので差換えました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/ アリガトネ

2012年9月12日 (水)

CAPRI80ED デビューの途中経過報告

CAPRIの(星雲星団)デビューの画像チェックを行いました。

まず印象としてはEDアポながら輝星の周囲に青ハロが目立つ感じ。好みもあるでしょうが私はそう悪い印象は持ちませんでした。周辺部の星像が流れるのもminiBORG60ED(F5.8)と差は無いか少しましな程度。ビクセンのED103S(F7.7)の方が若干優れているか、という感じ。

EDアポと言えども、このF値(F7)、この価格を考えれば似たような仕上がりになるのでしょうか。タカハシの本格的なアポ屈折と比較するのは無理がありそうです。

撮影はいくつかの例外を除いて、ISO1600、1ショット30秒露出、ひとつの対象を10~12コマ撮影としました。これはお手軽撮影を標榜するいつものスタイルです。オートガイド無しのSXW赤道儀での自動追尾で、30秒露出ながら星像の流れているコマが発生していました。これもいつものことです。PEC機能は今回も使っていません。

星像の流れがSXWに原因があるとすれば、焦点距離を考えると、ED103SよりマシでminiBORG60EDより悪くなるはず。もちろん毎回のSXWの設置状況が大きく関係するはずで、単純には言えないけれど。

しかし、今回撮影した画像を見ていて、別の原因にも思い至りました。というのも、最初の頃の画像より後のほうの画像の方が、星像流れの発生する割合が高くなっていたからです。

長時間の使用によって赤道儀の追尾精度が落ちるなら、後になるほど星像の流れ方がだんだん大きくなるはずで、そうではなく発生率が高くなるというのは・・・これ、人災だった可能性が高いですね。もちろんそれだけが原因ではなく、追尾エラーを多くしている要因のひとつだと。

つまり、最初のうちは慎重に撮影していても、長時間にわたる撮影では、だんだん退屈してきて、撮影中に動き回ったりすることがあり、それもひとつ大きな原因ではないかと疑われるのです。

ちなみに狭い裏庭観望所には、地面の上に薄いコンクリートブロック(園芸用品店で扱っている30センチ四方ほどのあれ)を敷き詰めて、三脚が地面にめり込まないようにしているので、ほかのブロックを踏んでも、その振動が三脚の下のブロックに伝わるのではないかと。貧乏性だからと言って、あまり欲張ると碌な事は無い・・・のかも。

さて、今回の撮影の最後に木星を撮ったので、先ずはそれから。直焦点でも560mmともなると強拡大すれば木星の模様も見えてくるんですね。

Img_1825

ガリレオ衛星もそろい踏み。

Img_1826_2

今木星のいる辺りは結構星が賑やかです。トリミングなしで。

20120912831

星雲星団のほうは、画像処理をしながら順次アップしていきます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

今日の太陽 2012/9/12

今日は快晴。気持ちのいい青空が広がっています。

しかし、気分も快晴・・・とまでは言いがたく・・・。

プロミネンス、太陽面、黒点とも目立つほどのものなし。

P120912275

P120912285

実は、CAPRI80ED用に作ったソーラーフィルターですが、その形状の為太陽導入がやりにくかったので、シンプルなものに作り変えようと昨晩ゴソゴソやっていて、誤って破いてしまいました(泣)。

今更ながら不器用さ加減にがっくり。今朝かひちやうさんに泣きついたところ、早速シートを譲ってもらえることになりましたが、今日のところはミニボーグさんの再登板ということで。

ところで昨夜のその後。大事なフィルターを失くしたショックで気力も無くし、早々に床に就いたものの寝付かれず、ふと外を見ると雲が無く星が見えている! こうなりゃ気分転換と、12時前に出撃! といっても裏庭観望所ですが。

もちろんメイン機材はCAPRIちゃん。どこまで見えるかどれだけ写るか、そう思うと先ほどまでのもやもや気分もどこかへ。観望&撮影場所がいつもの所なので、過度な期待は禁物ですが。

CAPRI80EDの星雲星団デビューの収穫は、M1,M31,M33,M34,M35,M36,M37,M38,M42,M45,M76,M78,hχ,NGC2024。それぞれ1ショット30秒×10ショット程度ながらさすがに疲れました。

とりあえず太陽を撮ってアップしたので、これから寝ます。CAPRIのデビュー作は後ほど追々と。

お休みなさい・・・z・・・z・・・zzz。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 9日 (日)

今日の太陽 2012/9/9

一応晴れているので撮ってみましたが・・・。

機材を出している間は曇り、片付けてしばらくするとちょっとだけ晴れ間が出来る、そんな繰り返しの中の収穫でした。

プロミネンスに主眼の処理。

P120909261

太陽面に主眼の処理。

P120909263

薄曇ならではのひと手間でした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 8日 (土)

今日の太陽 2012/9/8

朝の内少しだけ日の差す時があったので、急いで三脚を準備するも、雲の切れる様子が無く撤退。あきらめムードが漂う中、15時を過ぎて急に明るくなりだして、再度準備。

薄雲があるものの何とか黒点写真だけでも撮れました。

20120908588

明日はどうかな~。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 7日 (金)

3D星座 いて座

週末ながら外は曇り。星は見られそうにありません。

大人しく3D星座でもアップしますか。

交差法でご覧ください

03_ite_x


平行法でご覧いただけます。

03_ite_h

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 6日 (木)

黒点画像・再処理

昨日のCAPRIによる黒点画像、もっとピントが合っていたはずなのに、という思いがあって納得できず、再度画像処理を試みてみました。

20120905560


前日の処理後jpgで保存したものを再処理したので、画像の質が低下しています。また、全体に多少暗く処理していますが、この方がコントラストが効いて黒点がはっきり描出できました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 5日 (水)

今日の太陽 2012/9/5

天気予報では、本日は晴れのちどんどん曇り、午後からは突然の雷雨も予想される・・・要するに太陽の観望をしたいなら、朝のうちにさっさと済ませなさい、というお告げ。

ではご忠告に従いさっさと・・・。

P120905259

数日前と比べて若干大人しくなったようです。

続いてCAPRI80EDの太陽デビュー。

20120905560_2

眼視では6センチと8センチの差が歴然と出るのに、写真では思ったほどに差がない。これはやはり撮影者の技量不足が原因という他なさそう。分かってるんですけどネ。

朝の散歩に出るときふと見上げると、青空に満月を過ぎたお月さんがくっきり。1時間弱の散歩を終えて帰ったときには、コントラストがかなり落ちた姿に変わっています。

散歩の前に撮っときゃと後悔しつつ、CAPRIを使い慣れる為に撮影し、後は画像処理で力づくで仕上げました。

20120905555

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 2日 (日)

今日の太陽 2012/9/2

晴れてきました! 撮りましたよ~! 今日も引き続きにぎやか!

P120902247

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

CAPRI80ED 改めて紹介

8月末に購入した8cm屈折。コンパクトな造りなので持出しに負担が少なく、これからは6cmのミニボーグに代わって出番が増えるだろう。もちろんそのつもりで買ったのだが、問題がひとつ。

実はファインダー台座が無い。ファインダーも買っていない。

P1020251

ミニボーグもファインダーを付けずに使っていたので、低倍率なら視野内に導入できるだろうと考えていたのだ。でも考えてみればminiBORG60EDは焦点距離が350mm。32mmのアイピースで11倍弱と双眼鏡の範囲内だが、CAPRI80EDは560mmなので、同じアイピースで17.5倍になる。これはちょっときついかも知れない。

しかし発売元の笠井さんによると、ユーザーによるファインダー台座の取付けはかなり難しいとのこと。加工が必要らしい。だから鏡筒と同時購入では台座の取り付けをメーカーで行っているとのこと。

しまった! と思っても後の祭り。だが悲観することはない、われに秘策あり。

これ、去年の星祭りで2000円で手に入れた、レッドドット・ファインダー。カメラのホットシューに付けられるようになっているので、これを使おう。

P1020253

不器用を自認する私でも出来る加工に必要なものは、シューアダプターまたはシューユニットというパーツ。それと小さくて丈夫なL金具。取付けの為のネジ類。

シューユニットはyodobasi.comで購入し、L金具とネジ類は近くのDIYに買出しに。L金具のビス穴をカメラネジのサイズに広げる加工が必要だったが、自作ファインダー台座無事取付け終了。

P1020252

これがレッドドット・ファインダーを取付けての全景。

P1020255

見た目は不細工だが実用には耐えるはず。

今回の出費はシューユニット1260円。L金具53円。ネジ類140円パック1個。締めて1453円也。

満足。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

その5 散開星団(後)

今、空の9割り方が雲に占拠されています。太陽観望は望み薄。

ペルセウス座の散開星団M34。メシエナンバーの散開星団としては標準的なサイズ。

M3420120825044x7


ペルセウス座の二重星団h・χ(NGC884・869)。秋の夜空の散開星団といえば、まず思い浮かぶのがこの二重星団。明るくてほぼ同じ大きさの2つの散開星団が並んでいる姿は、小望遠鏡や双眼鏡の格好の見ものです。

20120824020x8

アンドロメダ座の散開星団NGC752.。大型だけれど明るい星が無いせいか、Mナンバーが付けられていません。

Ngc75220120825077x8

カシオペア座の散開星団NGC7789。自宅から6cmでは眼視で分かりませんでした。写真では暗いながらも星が密集しているので、それとすぐ分かります。

Ngc778920120824947x8

ミニボーグを使って自宅裏庭観望所から今時分に見える星雲星団の紹介はこれでおしまい。

次はたぶん8cm屈折でのチャレンジになるでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年9月 1日 (土)

その4 散開星団(前)

おうし座の散開星団M45。散開星団の名前をあげるとすれば、プレアデスや昴の名前で親しまれているM45が、真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。月よりも大きいので、双眼のほうがきれいに見えます。望遠鏡なら低倍率で見るのが一番。

この画像でも明るい星の周りに青いガスが微かに見えています。

M4520120825099x14

おうし座にはもっと大きな散開星団、ヒヤデスもありますが、大きすぎて望遠鏡では全体を捉えることができません。100mmクラスの望遠レンズの領域でしょう。

カシオペア座の散開星団M52。M45に比べると見かけはグッと小ぶりですが、距離が8倍以上あるらしく、星の数から言えばこちらのほうが規模が大きそうです。

M5220120824957x8

同じくカシオペア座の散開星団M103。明るい星がいくつか目立つほかは、まばらで小さな星団に見えますが、M52のさらに倍以上の距離にある星団です。

M10320120824002x10_2

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

今日の太陽 2012/9/1

月が替わり、9月最初の太陽・・・なかなかに賑やかな様子です。これは幸先がいいかも。

P120901232

さて、ひとつご報告。8月も終わろうとするとき、笠井のHPの「今月の特価品」に目がくらんで、8cm屈折をポチッちゃいました。焦点距離56cm、F7。フードを縮めれば全長40cmでキャリングケース付。遠征に最適!

体力の低下や自宅での観望環境の悪化(数年前、隣家が庭をつぶして2階建てにしたので、南側の視界が全滅)などで、ここ数年10センチの稼働率が極端に低いまま。

自前の移動手段がバイクの為、プチ遠征にはミニボーグを使っているが、もう少し口径がほしい。

そんな迷いがあったときの悪魔の囁きでした(笑)。

稼働率の低い10センチはいずれ近いうちに手放し、場合によってはミニボーグも手放して、機材の整理をする前提での購入です。

今我が家には過去に例がないほど望遠鏡が並んでいます。近いうちにこの内の1台か2台は消え去るので、こんな事はこれからも無いでしょう。記念撮影です。

は~い、並んでチーズ。

Img_6415

手前から、

太陽専用の40mm、コロナドのPST。今一番の働き者。

トミーテックのminiBORG60ED。昼夜に結構働き者。新入りとかぶる部分があるので、併用するか新しいオーナーを探すか、迷うところ。

新入りの笠井CAPRI80ED。今後の活躍が大いに期待されている。

そしてビクセンのED103S。屈折一筋の私にとって、大口径のアポ10cmを持つことが憧れでもありました。裏庭観望所でWWスターを見たのも撮ったのも、この望遠鏡でした。大接近の時の火星もそうでした。ホームズ彗星のときも・・・。

しかし近年、あなたの出番はほとんどなくなりました。裏庭観望所では見る対象が限られているのに、視界の開けたところに自力で持ち出す術が私にはありません。だから手放すことにするのです・・・ごめん(涙、涙)。

10cmEDのプライドを傷つけない程度の価格で引き取り、大事に使ってくれるオーナーを探すか、いっそ文パルの天文観測会に無期限貸出しとするか、熟慮したいと思います。

さて、新入りのファーストライトは、届いたその日の夕刻にブルームーンを撮りました。新しい天文機材が届いたその日のうちに観望できたのは、今回が初めてです。

ちなみに、ブルームーンとは月が青に見えるということでなく、同じ1ヶ月のうちに満月が2回あるときを言うそうです。満月は30日に1回の周期ですから、月に2回の満月は度々はありませんね。

さらに、ずっと曇りだったのに、CAPRI80EDを向けたそのひと時だけ、すーっと雲が切れたのです。こいつは何か持っている。運の強い望遠鏡かもしれない。そんなことを予感させてくれました。

P1020218

前日アップの半月と同じカメラで撮り、どちらもノートリミングなので、6cm350mmと8cm560mmの違いがお分かりいただけるかと。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。(/ ^^)/アリガトネ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »