フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« その5 散開星団(後) | トップページ | 今日の太陽 2012/9/2 »

2012年9月 2日 (日)

CAPRI80ED 改めて紹介

8月末に購入した8cm屈折。コンパクトな造りなので持出しに負担が少なく、これからは6cmのミニボーグに代わって出番が増えるだろう。もちろんそのつもりで買ったのだが、問題がひとつ。

実はファインダー台座が無い。ファインダーも買っていない。

P1020251

ミニボーグもファインダーを付けずに使っていたので、低倍率なら視野内に導入できるだろうと考えていたのだ。でも考えてみればminiBORG60EDは焦点距離が350mm。32mmのアイピースで11倍弱と双眼鏡の範囲内だが、CAPRI80EDは560mmなので、同じアイピースで17.5倍になる。これはちょっときついかも知れない。

しかし発売元の笠井さんによると、ユーザーによるファインダー台座の取付けはかなり難しいとのこと。加工が必要らしい。だから鏡筒と同時購入では台座の取り付けをメーカーで行っているとのこと。

しまった! と思っても後の祭り。だが悲観することはない、われに秘策あり。

これ、去年の星祭りで2000円で手に入れた、レッドドット・ファインダー。カメラのホットシューに付けられるようになっているので、これを使おう。

P1020253

不器用を自認する私でも出来る加工に必要なものは、シューアダプターまたはシューユニットというパーツ。それと小さくて丈夫なL金具。取付けの為のネジ類。

シューユニットはyodobasi.comで購入し、L金具とネジ類は近くのDIYに買出しに。L金具のビス穴をカメラネジのサイズに広げる加工が必要だったが、自作ファインダー台座無事取付け終了。

P1020252

これがレッドドット・ファインダーを取付けての全景。

P1020255

見た目は不細工だが実用には耐えるはず。

今回の出費はシューユニット1260円。L金具53円。ネジ類140円パック1個。締めて1453円也。

満足。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

« その5 散開星団(後) | トップページ | 今日の太陽 2012/9/2 »

コメント

こんにちは~(^_^)
さすが行動力の悠々遊さん。そういう「手」がありましたか。
我が家のCAPRIちゃんは、購入時にファインダーを買って、台座をつけてもらいました。
(太陽ばかり見ているのでファインダーの出番なし)
さて、つぎはいよいよ太陽撮影かな。sun
楽しみにしてま~す。

>>かひちやうさん
こんにちは~。

笠井さんから、ユーザーの後付は難しいとメールで回答されたときは、正直後悔したんです。何であの時数千円をケチったかなあ、って。
以前に手動ポタ赤を自作したとき、ストローを適当な長さに切って、マジックで黒く塗りつぶして極望にしたことがあったので、不細工ながらそういう手も考えました。
でも、でも、去年星もとで買ったドットファインダーがあるじゃないか、と気がついて今回の工作に繋がった次第です。
よかった~。

太陽フィルターを自作せねばなりません。10cm角ぎりぎりのサイズで残っているので、台紙に貼り付けてカードケースに差込む方式のを作ろうと思っています。バーティノフ・マスも作らねばならないので、差換え方式のほうが便利ですね。

 ストローの極望の話、なんか感動しました。
 これは今後の活躍が楽しみな展開ですね。
 いいなぁ~~~~。

>>いっこうさん

ストロー・ファインダーは作成1分以内。簡単ですが風に極端に弱い弱点あり。
・・・なんて解説は無用でした・・・。
8cm屈折、裏庭観望所にプチ遠征に活躍してもらいますよ~(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/55563382

この記事へのトラックバック一覧です: CAPRI80ED 改めて紹介:

« その5 散開星団(後) | トップページ | 今日の太陽 2012/9/2 »