フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

その3 M42とM76 そして・・・

系外銀河から目を転じて、わが天の川銀河内の星雲を見てみると。

お馴染みのオリオン座の大星雲M42。短時間でもそれなりに写ってくれる貴重な存在。

M4220120825150x8

こちらはペルセウス座の惑星状星雲M76。

中央付近の明るい星の右に、ぼんやりとした紫色の米粒みたいな姿で浮かんでいます。光度は12等級ということですが、小さな惑星状星雲の例に漏れず、等級の割にはよく写ってくれています。小さいぶん光が濃縮されるのでしょうか。

M7620120825032x7

そしてこれが同じ日の夕方に撮った月。

こうして見ると月って意外に小さいことがわかります。お盆のような月・・・って誇大広告もいいところですね。

120825195_2

もうひとつおまけに木星とガリレオ衛星。

四大衛星が木星を中央にして左右にきれいに並んでいました。まだ明け方の空ですが、これから涼しくなるにつれ、見ごろになってきますね。

20120825169_3

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。(/ ^^)/アリガトネ

2012年8月30日 (木)

その2 M33とM77

さんかく座の大銀河M33。アンドロメダ座β星を挟んでM31とは反対方向にあるので、見当はつけやすいですが、M31のように明るくはないのでがっかりします。

自宅裏庭観望所で何度か挑戦していますが、これと50歩100歩の画像しか撮れていません。空の暗いところで撮りなおしたい対象。

M3320120825056x6

くじら座の巨大銀河M77。見掛けは小さいけれど実は巨大銀河。上のM33より等級は暗いので写るかわからなかったけれど、中心核が意外と明るく見えています。

M7720120825090x7

M77の右上に同じ明るさで2つ並んだ星の少し下に、横長のごく淡い物が見えますがステナビで調べると、NGC1055(10.6等)だそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年8月29日 (水)

miniBORG60EDとLumixG2で・・・その1 M31とM74

パソコンを入れ替えて1年半。そろそろ不具合が目立ってきたのでリカバリをしました。今はリカバリそのものは、イメージ・リカバリで短時間で簡単に済みます。しかしその後、周辺機器の接続や使い慣れたアプリをセットするのは、相変わらずの手作業。結構時間がかかってしまいました。ふぅ~。

さて、miniBORGとG2のコンビで撮ってみたものを、ぼちぼちUPしていきましょう。対象は星雲星団に限らず、思いついたものは何でも手当たり次第に。

それぞれの大きさを実感したいので、あえてトリミングせずに出しています。

アンドロメダ座の大銀河M31。伴銀河のM32、M110もなんとか写りました。

M3120120824967x18

うお座の渦巻銀河M74。渦巻きを真上から見る位置にありますが、この口径この露出時間では存在がかろうじて分かる程度・・・え? 分からない? 心眼でよろしく(笑)。

M7420120825067x8

10センチならもう少し写るんだろうけれどなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。 (/ ^^)/アリガトネ

2012年8月26日 (日)

今日の太陽 2012/08/26

元気な太陽が戻ってきた~!

会報「天報」に投稿の「今月の1枚」はこれで決まり!

かひちやうさん、よろしくお願いします。

P120826205

あ。かひちやうさんとこも、今朝のがばっちりアップされているぞ・・・太陽以外で何か探そうか・・・。

p>にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。(/ ^^)/アリガトネ

2012年8月25日 (土)

パナのデジイチ出番ですよ

今朝方の木星さん。4つの従者も見えている。

20120825165

今夜のお月さん。半月を少し過ぎた頃。

P120825192

ほぼ太陽専用として使ってきたパナソニックのデジイチG2を、今回星野写真に使ってみた。

何年か前にオリンパスのフォーサーズデジイチで星野写真を撮ったところ、ISO400の30秒で横縞ノイズがばっちり入って、とても使い物にならず、それ以来この分野で定評のあるキャノンEOSシリーズを使ってきた。

しかし、小型軽量のマイクロフォーサーズデジイチは、小さな望遠鏡を使っているとバランスの点で魅力的。望遠鏡の焦点距離が2倍相当になるのもうれしい。で、この数年でどれだけ改善されたか試してみることに。

薄明が始まる頃、裏庭観望所でようやく撮影できるところまで昇ってきたオリオン座のM42。

M42

ISO1600、40秒の1枚ではさすがにノイズがすごく、EOSに比べるべきもないが、格段に進歩しているとは思った。ISO800なら実用範囲といえそう。

4枚をコンポジットのみの無修正。これだけでもかなり改善される。

M4220120825156x4


miniBORGにG2の組合せでも星雲星団を撮れることがわかり、一歩前進。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。(/ ^^)/アリガトネ

今日の太陽 2012/8/25

昨日の夕方から晴れが続き、休前日とあって裏庭観望所を開設。そのまま空が白み始めるまで観望を続けていたので、今は寝不足状態です。

体力の無い者がこういうことをすると、たちまちその付けが回ってきますね(笑)。

プロミネンスは小さいながらも賑やかに出ています。毎日覗いても見飽きない貴重な天体です。

P120825175

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックよろしくお願いします。(/ ^^)/アリガトネ

2012年8月22日 (水)

今日の太陽 2012/8/22

ところどころ雲は有るものの朝から気持ちよく晴れ。

P120822930

このまま夜まで持てば星見もできそうですが、昨日は昼から急激に曇ったので今夜はどうか。

文パルのプラネタリウム解説員のSさんからのメールでは、水害によるダメージが予想外に重く、文パル事業再開は12月1日になるとのこと。当然観測会も12月までお預け。

自前の観望会でもやる方向で考えますか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2012年8月20日 (月)

50センチはでかい

昨日、宇治田原町の宇治天体精機さんに伺ってきた。

天文同好会の会員さんの運転で、午後4時ごろに現地到着。

バーベキューをしながら暗くなるのを待って、50cmカセグレンの調整を兼ねた観望会です。

工場内に所狭しと置かれたカセグレン反射望遠鏡。中央奥が60センチ、右手前が今回見せてもらった50cm。左下のGP2に載った20センチが可愛く見えてしまう。

Img_6407

50センチを出した後の工場内。

手前の小さいのは30センチで、今回はこれも引き出して触らせてもらい、M22やM31、二重星団といったところを導入。

Img_6409

50センチはとにかくでかい。現時点で総重量700キロぐらいだとか。ガイド鏡を付けたりでフル装備すれば1トン近くなるかもしれない。

Img_6408

夜も更けて、稼動開始。光軸調整や微動速度の調整など、実際に星を見ながらの調整を実地見学の後、いよいよ観望の始まり。

自動導入装置はまだ無いものの、ベテラン会員さんの操作で、さそり座のM4を皮切りに、いて座付近の球状星団を次々眼視。

まだまだ調整の追い込みが十分でない為、50センチの実力を引き出せていない、とのことだが、我が家の10センチ屈折ではぼんやりした白い塊にしか見えないものが、写真で見るような粒々の光点に分離して見える球状星団に見とれるばかり。

Img_6412

球状星団の他にはM8、M20の暗黒帯が見えるかどうか。M57の星雲の色が分かるか、中心星が見えるかどうか、そしてM27の星雲内の星がいくつ見えたか、などで盛り上がるうちに11時をまわりお開きに。

まだ調整中ということもあって、極軸を正確に合わせていないので、写真撮影は出来なかったけれど、写真で見るそれぞれの姿が直接目で見えるという感動は十分味合わせてもらった。

宇治天体精機さんのご好意に、そしてこの観望会に誘ってくれた天文同好会の会長さん
や会員の皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月19日 (日)

今日の太陽 2012/8/19

あれれ? 昨日注目したばかりのプロミネンスが、たった1日で消えちゃいました。

眼視では気づかず画像でも見にくいですが、太陽面に小さなダークフィラメントがいくつか出ています。

P120819913

今は一応晴れていますが、空の半分近くは雲に占領されている状態。

宇治天体精機さんで50cm望遠鏡のお披露目があるというので、昼過ぎから見せてもらいに行くことになっています。が、夕方からの雷雨がここ2日続いており、俗に「夕立三日」というので心配だなあ。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

夜明け前の星座 2012/8/19

昨夜は夕方からの雷雨の後も曇りが続き、星友と予定した木津川観望も没。

ところが今朝3時過ぎにトイレタイムに起きると、東の空がほぼ快晴。

そのまま起き出して、デジ一に広角を付けてGPガイドパックと一緒に近くの貸しガレージへ直行。この前とほぼ同じパターンながら、今回はポタ赤の追尾でグレードアップ?

おうし座、ぎょしゃ座、ペルセウス座を入れましたが、木星がひと際存在感を見せています。

20120819467x20a

撮影後、画像処理を途中まで済ませたところで一旦中断し、朝の散歩を約1時間。帰ってから続きをやってブログアップ・・・今頃眠くなって来た・・・。

手作りのソフトフィルターのせいか、絞り開放のせいか、周辺減光がひどい・・・これは次回への宿題です。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月18日 (土)

今日の太陽 2012/8/18

先日の豪雨で宇治市など近隣の被害が報道されていましたが、城陽市でも文化パルクの地階にあった電源装置が水に浸かり、電気ガス水道がストップ状態。しばらく休館を余儀なくされたようです。

当然今日の文パル天体観測会も中止。夏休みの自由研究に楽しみにしていた子供たちもいたはずなのに、残念なことです。

さて、今日の太陽は東側から新たなプロミネンスが現れました。今後に注目です。

P120818906

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月16日 (木)

今日の太陽 2012/8/16

雲が多くて快晴とは言えません。それでもずっと曇りが続いていたので、久しぶりの晴れに心も晴れやか。

プロミネンスはひところに比べ大人しくなっています。ダークフィラメントもごく小さいのが見える程度。

P120816870

P120816884

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

寝ぼけ眼での撮影

3時過ぎにトイレに起きて外を見ると、やけに明るい星が光ってる。メガネをかけて改めて見ると、金星の他にもたくさんの星が! それ急げ!

三脚にカメラをセットして、近くの貸しガレージに急行。が、周りには結構雲も多いし、薄雲が空全体を覆っている様子。ま、いいか。

ひと際明るい金星に、おうし座のアルデバランの近くには木星。ぎょしゃ座のカペラと繋いで見ると新冬の大三角と言えなくもない。

20120816315


途中でおなかが痛くなり、カメラはそのままで家に戻って、文字通りトイレ休憩。夜中で家がすぐ近くだからこんなことが出来ました。

帰ったついでにポタ赤を持ち出すことも一瞬考えましたが、空のコンディションに加え薄明が近いこともあって断念。

東の空が明るくなり始めたところで撮影終了。

20120816389


比較明合成ではこんな画像になりました。

20120816316x73

薄曇りに加えてソフトフィルターも付けていたので、星像が滲んでいます。

さらに、寝ぼけ眼で慌てて準備したものだから、ピント合わせしていないことに撮影終了後に気が付いた、お粗末な撮影画像でした。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月15日 (水)

今日は終戦記念日

毎年この時期になると日本のマスコミはこぞって戦争特集を組み、反戦平和を訴えるが、程なくすると何事も無かったかのように、話題に上ることなく忘れ去られてしまうようだ。記念日とはそういうものなのだろう。

亡母は、かつて南洋庁が置かれたパラオ諸島コロール島からの戦時引揚者である。戦局が悪化したなか着の身着のままの引き揚げで、夜間に引き揚げ船団の1隻が米潜水艦の魚雷攻撃で撃沈されるのを目の当たりにした、と言うからまさに命がけの引き揚げだったろう。

その母の南洋での思い出話に暗い話はあまり無かったように記憶している。

第一次大戦で戦勝国となり、手に入れていた植民地南洋諸島。そのひとつコロール島に親戚を頼って渡り、やがて結婚し商売を始め・・・使用人として雇った現地人(彼女は彼らを土人と言っていた)はじめ、島民はみんな日本びいきだったという。

なぜ日本人が好きかというと、かつての占領国のドイツ人は島民を人間扱いしなかったが、日本人が来て親切にしてくれたから、ということらしい。

太平洋戦争が始まり、やがて戦局が悪化し引き揚げざるを得なくなるまでの話である。

20代のころ勤めていた会社に、戦時中兵隊として中国にいたという人がいた。その人の体験談だが、新兵のころ上官から戦場でためらい無く敵を殺せるようにと、中国人捕虜を銃剣で殺すよう命令されたという。命令に背くわけにもいかず、新兵数人で代わる代わる捕虜を突き刺し殺したが、その晩は食事が喉を通らなかったと言っていた。

しかし馴れとは恐ろしいもので、何度かそういう体験があると、麦わら人形でも突き刺すように感覚が麻痺していたという。そうでなければ戦場を生き抜く事は出来なかっただろうと。

どちらも戦争体験者からのナマの体験談のひとつである。

ひと口に戦争とは言っても、戦局優位で身にさほど危険を感じない時、人は相手に対しやさしく鷹揚にもなれるのだろう。しかし一旦戦局不利になり生死の危険と隣り合わせになった時、人はその本性をむき出しにするのだろう。生き残る為には理不尽なことも残酷なことにも手を染めなければならない。気弱で優しい性格では生き残れないのだから。

今日の終戦記念日は、私たち日本人にとっては敗戦記念日と言ったほうが正しいかもしれない。しかし、被害者体験を語っただけでは、戦争の真実を語ったことにはならないだろう。敗者の立場で戦争反対を訴えても、勝者の胸には響かない。大都市への無差別空襲、広島長崎への原爆投下で、多くの非戦闘員の命を奪いながらも、戦争を早期に終結させることで米軍の被害を防ぎ、より多くの日本人の命も救った正当な行為、とする米国の心を揺さぶることは出来ないのだ。

戦争が悪いことだとは誰もが知っている。しかし問題解決の最終手段としての戦争を否定しない人たちもいる。そういう人たちは本気で問題解決しようと努力しているのだろうか。そういう人たちは最終手段に頼るとき、自ら前線で武器を取るのだろうか。

理不尽な誰かの命令で命を奪ったり奪われたりするのが戦争である。もちろんゲームのようにリセットは効かない。

2012年8月14日 (火)

3D星座 わし座

夏の大三角の一角を占めるわし座。

わし座の1等星アルタイルは和名彦星。

旧暦の七夕はもうすぐです。

夏真っ盛りなのになぜ晴れないのだァ。

と、文句を言っても仕方が無いので、3D作成に励んでおりました。

(交差法)寄り目の要領で立体的にご覧いただけます。

88_wasi_x


(平行法)こちらは遠くを見る要領でご覧下さい。

88_wasi_h

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月13日 (月)

今日の太陽 2012/8/13

16時を過ぎ、もうすでに 諦めていたのに 今頃になって日が差してきた。え~!って感じ。

急きょ玄関先にポタ赤とPST出動。電線と向かいの屋根との隙間に見えるぞ・・・プロミネンスも出てる。しかし屋根の上のテレビアンテナが邪魔してる。ん・・・まあこれも面白いか、ってピント合わせしているうちにアンテナから外れて。急がないと屋根に隠れてしまうぞ。

そんな風にどたばたしながら撮った画像です。

P120813860

夕方になって雲の量は多少減ったものの、まだ空のほとんどが覆われています。金星食見られるか・・・。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月12日 (日)

135ミリ望遠レンズで星と遊ぶ 続き

今日も曇り空。太陽と遊べそうにありません。

135ミリの望遠レンズで手軽に撮って、星雲星団がどれくらいに写ったか、その後半です。

右がや座の球状星団M71、左はこぎつね座の惑星状星雲M27。別名あれい星雲といいます。

M71は9等級ですが意外とよく写りました。M27は小型の望遠鏡で見ると、光が拡散して却って見にくい時がありますが、これぐらいの焦点距離ならしっかり写っています。

M27m7120120808292x6_2

はくちょうざの散開星団M29。135ミリで狙うには小さすぎて物足りない対象ですが、蝶が羽を広げたような特徴ある姿は、すぐに気が付きますね。

M2920120808273x10_2

そして、いて座の散光星雲M8、同じくM20、いて座の散開星団M21。

明るい散光星雲なのでよく写っていると思いますが、高度が低いので光害の影響で被ってしまい、レベル補正の他にトーンカーブも少し補正して、強めの処理になってしまいました。

M8m20m2120120808326x5

処理無しのもと画像がこれ。処理が上手なら上の画像ももう少し見栄えするかもしれませんが、初心者お手軽レベルに甘んじていますので・・・。

M8m20m21

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月11日 (土)

135ミリ望遠レンズで星と遊ぶ

8月8日の夜、星友と木津川の堤防にプチ遠征してきました。今回はEOS Kiss2台にGPガイドパック2とカメラ三脚という、簡素な機材だけです。

目的のひとつは、裏庭観望所では見ることの出来ない西空を広角で撮って、比較明合成すること。もうひとつは、135ミリ望遠レンズで星雲星団を狙うこと。

木津川堤防から西側は低空まで見渡せるかわり、八幡市方面さらにその向こうの大阪市街の明かりが避けられません。でも、裏庭の狭い空を思うと開放感があって気持ちがいいです。

Output


画面真ん中右よりの明るいのはアークトゥルス。真ん中下は上が土星、右が火星、左がスピカで、この時期限定の1等星による春の小三角完成。

さて、135ミリで狙った獲物は さそり座の球状星団M4

M420120808298x6

こと座の球状星団M56

M5620120808283x8

どちらも辛うじて星ではないものが「ある」ことが分かります。こうして見るとメシエさんが彗星と間違えないようマークしたのも頷けますね。

獲物の後半は、また明日。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月10日 (金)

DVD借りて「東京原発」を見る

期間限定ながら、先日からTSUTAYAが粋なサービスを始めた。60歳以上の会員に1日に1本旧作のDVDを無料で貸し出すというもの。

最近はレンタルDVDを借りることがほとんどなくなっていたが、せっかくの機会だからと、毎日とはいかないけれど、せっせと足を運んでいる。見逃していたもの、有料ならたぶん手を出さなかっただろう物を主に探しているから、当たりよりも外れのほうが多いのは仕方が無い。

そんな中での当たりの1本がこの「東京原発」。

Img82048b33zikbzj_3


2002年製作の2004年公開というから、公開から8年経っているわけだが、昨年の福島原発事故を(間接的ではあるが)経験した今見ると、第一級のブラックユーモアを感じることが出来る。

あらすじはググルとウィキなどに出てくるのでここでは触れないが、芸達者が揃ったこの映画が公開当時話題にならなかったのが何故か、封切り館が少なかったのが何故か、内容を見れば察しが付くという物。下種の勘繰りかもしれないが有形無形の圧力があったのかもしれないと。

福島原発事故後一時話題に上ったこともあったようだが、もし見逃しておられるようなら一見の価値はあると思うお勧めの1本。

なお余談ながら、この映画封切り後に、原発推進派の学者と思しき小笠原某氏が、「映画に見られる間違い」と題して反論を列挙しているサイトを先ほど見つけたが、福島後の今見れば、その反論の一つ一つが白々しく思えてしまうのは仕方ないだろう。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

今日の太陽 2012/8/10

あの大きなダークフィラメントが消えていました。数日は持続しても、それ以上は無理なのでしょうか。残念でした。

P120120810847

先日の星日和に裏庭観望所で撮った星の写真は、焦点距離795ミリ直焦点(APSサイズのカメラなので、1270ミリ相当)の20秒露出でも、等倍に拡大してみるとほぼ全てが流れてしまっていて壊滅状態でした(泣)。PEC補正もしたはずなのに何でだろ?

PEC補正せずに撮った場合でも、30秒露出で10コマ中3コマぐらいはなんとか使えるのがあったので、いい加減なPEC補正したことで却って症状を悪化させてしまった模様(泣)。

以前に連続して撮った画像をコマ送りしてみると、どうもモーターの回転が恒星時よりも遅いみたいで、画面上側を北にして左から右に向かって星たちが動いていきます。SXW赤道儀は恒星時駆動だけのはずなので、これはモーターかコントローラの不良なのでしょうか。またまた修理で数ヶ月・・・。

眼視観望では全く問題なしですが、これでは写真には使えません。しかしED103Sは無理としても、miniBORG60EDの350ミリなら許容範囲かも、と思い直して昨夜試写会を開催。昨夜はPEC補正もせずの撮影でしたが、予想通りの結果に。大伸ばしするわけではないので、焦点距離400~500ミリ以内、露出30秒以内に限定すれば、お手軽観望・お手軽撮影にはちょうど手ごろかも。

はくちょう座・M39 miniBORG60ED直焦点にて25秒露出。6枚コンポジット、レベル補正あり、トリミングなし。

M39201208091355x6

そしてこれが先日の唯一の収穫。お月さんなので高速シャッターのおかげです。

Img_1240

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月 8日 (水)

今日の太陽 2012/08/08

昨日は朝から墓参りで京都市内に出かけ、昼を過ぎて帰宅した頃には太陽は雲の中。

夕方まで曇っていたものの日が暮れてから晴れだしたので、SXWとED103Sの出番となりました。裏庭観望所の限られた空に見える対象を、いくつかカメラに収め、月が出張って来たところで半月手前の姿も撮って終了。まだカメラからデータを取り出していません。これからぼちぼちと・・・。

で、晴れていながら1日休んだ太陽観望でしたが、今朝見るとあの長大なダークフィラメントが半分になっている! S字状だった形の後ろ半分が消えている・・・。ダークフィラメントで1週間は厳しいのかな。

その代わりといっては何だけど、左側に新たなプロミネンスが現れてきました。今後成長するのかどうか、これはこれで楽しみですね。

P120808829

同じ設定でトーンカーブ処理をしても、露出時間の違いで光球面の印象が変わります。どっちが良いのかは好みの問題でしょうが。

P120808833

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月 6日 (月)

今日の太陽 2012/8/6

昼を過ぎてようやく雲が切れだしました。

昨日のダークフィラメントは今日も健在です。

P120806809

黒点は少し減ったようで、寂しかったので今日はパスしました。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月 5日 (日)

今日の太陽 2012/8/5

今日から向こう1週間、曇りの予報だったので半分諦めていましたが、朝の散歩の時点では五分五分。昨日の二の舞にならないよう、玄関向かいのガレージで観望できる時間には、とっとと機材を運んでおいてスタンバイ。それで正解でした。

長大なダークフィラメントが出ています。地球が何個並ぶでしょうか。昨日朝の画像にもかすかに写っていましたが、あれからも少し成長したのかもしれません。

何日か後に外縁部に着いた時に衰えていなければ、きっとすごい見ものになるはず。ワクワクしますね。

P120805783

P120805786_3

GP2ガイドパック用のロングウエイトシャフトを入手しました。既成のセット品では小型とはいえ望遠鏡を載せるとバランスが崩れるので、自由雲台を利用してほぼ垂直状態での使用に制限していましたが、これでバランスを気にすることなく観望できます。

今日の観望スタイルはこう。

P1010795

以前はといえば、金星日面通過の時の画像ですが・・・

Img_0554_2

明らかに危なっかしいバランスで撮っていたわけです。

それにしても、メーカーではカメラ搭載しか想定していないので、こうしたパーツは専門ショップ独自のものしかなく、また去年に12ミリφから20ミリφに規格が変わってしまったので、見つけるのに手間取ってしまいました。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月 4日 (土)

今日の太陽 2012/8/4

空の状態が安定しません。早朝快晴だったのが、観望に適した時間帯では雲量70%ぐらいで、しかも例によって太陽の周りだけやたら多く、それに速い。

雲の間隙をぬって2、3コマとるのが精一杯。

P120804746

天頂付近の観望し辛い頃になって雲量が少し減り、太陽のまわりに青空の割合が増えてきましたが、高度と光度が増して撮影には余り良いとはいえないなぁ。

P120804754

黒点も撮って、何とか今日の画像は確保できました。

P120804763

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

2012年8月 1日 (水)

今日の太陽 2012/8/1

8月になりました。天候も夏真っ盛りです。太陽の下にいるとそれだけで汗が噴き出してくる状態です。

でも今日は結構風があり大分マシな状況ですが、その分雲の動きが早い。台風の影響でしょうか。

プロミネンスは落ち着いてきたようです。

設定変更のときにでも触ってしまったのか、カメラの撮影モードが「iA」になっていて、ISOや絞り、シャッター速度が自動になっていました。画像処理前の元画像がこれ。周縁部や太陽面の現象も「そこそこ」見えるので、カメラ任せのずぼら撮影がしたい時は、これでもいいかな・・・と。

P120801712

もちろんいつもの設定で撮り直し、後処理をすればこうなりました。やっぱりこっちですよね。

P120801725

白色光での黒点は活発な状況が継続中。撮り甲斐があります。

P120801738

 

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »