フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 気まぐれ読書 太陽の盾 | トップページ | 今日の太陽 2012/3/3速報 »

2012年3月 2日 (金)

文化パルク城陽を前景に

 月曜日は文化パルク城陽の休館日。ということは普段23時ごろにならないと消えない照明が、月曜日には日没後も消えたまま・・・という事に最近やっと気が付きました。

 で、2月27日の月曜日。晴れ! 早々に仕事を終えて帰宅後、家の近くで月、木、金を撮ってすぐに文パルに直行。建物中央部のプラネタリウム辺りを前景に、オリオン座と冬の大三角を日周運動で撮ってみました。

F86x36

 先ずは6秒で36コマ、約3.分半。星座を見るにはこれくらいが良いでしょうか。風がそこそこあって、ポールの旗が結構はためいています。

F910x116

 次に10秒で116コマ、19分ちょっと。これぐらい流れるとようやく日周運動が実感できますね。

F1010x49

 建物の南側に回って文化パルク全体を入れて、北極星を中心にぐるぐるをと思ったものの、10秒で49コマ、約8分経ったころには雲が湧き出して、やむなく撤収。中途半端な画像になってしまいました。

 明日と明後日、この建物の3階会議室で切手展をやります。

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

« 気まぐれ読書 太陽の盾 | トップページ | 今日の太陽 2012/3/3速報 »

コメント

こんばんは。

大きな建物などを前景にした星空写真はとても好きです。
それにしても不思議な形の建物ですね。
円柱状の部分は傾いているように見えるのですが、、、。

やまねももんがさん
こんばんは。
いろんな形の積み木をくっつけたような不思議な形の建物です。
全景画像の右端が大ホールで、コンサートや映画などに使われています。
中ほどの傾いたプリンカップ状の右側は吹き抜けの通路。左の大きいほうにプラネタリウムのドームが収まっています。その左には図書館や民俗資料館、会議室などがあります。
京都の工芸大学の教授による設計だそうですが、内部も決して使い勝手がよいほうではなく、評判はあまりよくありませんね。
しかし不思議な形なので、星景写真の前景には似合うように思いました。

 ほんと、妙な形の建物ですね。見るからに無駄の多そうな建物です。でも、星景写真の一部になると、妙にはまるから不思議ですね。お時間があって、天気のいい日に、ぜひもっと長時間のぐるぐるをお願いします。
 切手展の成功を祈念いたします。

いっこうさん
長時間のぐるぐる、再挑戦をするつもりです。このままでは終われません(笑)。
月曜日で天気がよくて仕事が早く終われる日、という条件をクリアしなければなりませんが、そう先の事ではないような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/54124640

この記事へのトラックバック一覧です: 文化パルク城陽を前景に:

« 気まぐれ読書 太陽の盾 | トップページ | 今日の太陽 2012/3/3速報 »