フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 再び木金のツーショットとガリレオ衛星 | トップページ | 山天50年 »

2012年3月17日 (土)

埋め草 天文切手1

 せっかくの休み、しかも文化パルク城陽の月1の天体観測日というのに、昨夜からの雨が降りやまず。太陽も星も駄目みたいなので、埋め草でも・・・。

 切手蒐集にピリオドを打った、と言っても収集品を処分するわけでもない(そもそも、処分して何がしかの小遣いを手に出来るような代物は、ほとんど無い)ので、そんな収集品の中から、天文関係の郵趣品をこんな日に虫干し(?)して見ましょうか。

2_4(ポーランド)

4_2(ポーランド)

 ご存知ニコラウス・コペルニクスさん。それまでの天文学の常識をコペルニクス的転回でもって、ひっくり返してしまった人。ちゃぶ台返しとは次元が違います。

 近代天文学のスタートラインを引いた人なので、母国ポーランド以外でも、あちこちから切手が出ています。

1_3(ハンガリー)

3(アメリカ)

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

« 再び木金のツーショットとガリレオ衛星 | トップページ | 山天50年 »

コメント

書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

海外には“ユニークな切手”が結構在りますよね。1970年の万博の時には、リベリアで三波春夫氏の図柄の切手が発行されたのは有名ですが、ブータンもユニークな切手発行では負けていない。レコード型の切手やら3D切手やらと、見ていて楽しくなる切手が幾つも。

>>giants-55さん
ユニークな切手発行の草分けがブータンではなかったかと思います。
今はスクラッチ切手や匂いの出る切手、金属や布、木の切手など、ホントに郵便に使うつもりの発行? と思うようなものまでありますね。

この手に持っているのは何でしょうかね?
でんでん太鼓じゃないだろうし・・・。

いいですねぇ。
他にはないんでしょうか。
メシエはん とか(笑

コペルニクスが手に持っているのは、「天球儀」の古いヴァージョンなのでしょうかね。

>>まるこうさん
ーん。giants-55さんがおっしゃるように、天球儀の原型かもしれません。中央に太陽、それを巡る軌道上に地球、さらにその周りに月があるように見えますね。

>>いっこうさん
メシエさんの切手も多分発行されていると思いますが、見かけたことがなく収集品の中にもありませんでした。メシエ天体のほうならいくつかは持っていますが。

>>giants-55さん
おそらく天球儀の原型モデルなんでしょうね。これを使って地動説を説明したのかと想像するのは楽しいです。

 メシエ天体切手ですか? それはすごい!
 ぜひ、天体写真と一緒に公開してください!

>>いっこうさん
では、リクエストのお応えして、切手のほうだけでも近日中に。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/54241824

この記事へのトラックバック一覧です: 埋め草 天文切手1:

« 再び木金のツーショットとガリレオ衛星 | トップページ | 山天50年 »