フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 散開星団 M34 M48 M67 | トップページ | 今日の太陽 2012/2/4 »

2012年2月 2日 (木)

意外と写ってたNGC2392とやっぱりのNGC2403

 1月31日に撮ったNGC天体2つのうち、惑星状星雲は予想外に明るく写っていました。

 ふたご座の惑星状星雲NGC2392 別名エスキモー星雲。

Ngc23921201310077x2b

 トリミング前の画像はこちら

Ngc23921201310077x2

 それに引き換えキリン座の系外銀河NGC2403は予想どおりの結果でした。NGC2392が8.3等級で、こちらが8.9等級だそうですが、写真写りは等級差以上の開きがあります。

Ngc24031201310083x8a

 トリミングの上、トーンカーブを思い切りいじってみたのがこれ。

Ngc24031201310083x8b

 まあ何となく渦巻銀河と分かるような気もしますが、無改造カメラで狙うにはちょっと厳しいようです。写ってくれているだけでも嬉しい、というのが本音ではありますが。

 

お立寄りついでに こちらを⇒ にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ クリックしていただければ幸いです

« 散開星団 M34 M48 M67 | トップページ | 今日の太陽 2012/2/4 »

コメント

 エスキモー星雲、すごくよく写ってますねぇ。色合いもばっちりです。
 系外銀河は難しいですよね。やはり光害カットフィルターは必須のようですね。
 トーンカーブだとRが強いようですね。レベル補正でRGBの山を揃え、左のスライダーをもっと右に、中央のスライダーをもっと左によせると、渦がもっとでてきますよ。

エスキモー星雲がこんなに簡単に写るとは思ってなかったので意外でした。
系外銀河の方はM31以外はほぼ諦め状態ですが、今回のアドバイスに従ってレベル補正をやってみます。今後ともご指導よろしく。

このエスキモー星雲はすごい存在感がありますね。あざやかな青さがとても印象的です。

まるこうさん

今まで漠然と、たぶん無理だろうと望遠鏡を向ける事が無かったんですが、これからは露出を変えて撮るなど、お馴染みさんにしたいと思っています。

こんにちは
昼に夜に頑張っていらっしゃいますね~
系外銀河は恒星の集まりなので、光の成分(?)は恒星と同じような感じです。
ですのでローパス無改造デジでもほぼ同じ写りですよ。
私もたまに銀河を無改造デジで撮る事もあります。
しかし銀河内の赤いHⅡ領域はやはり改造デジじゃないと写りません。

ただ惑星状星雲は形がハッキリしているので、多少の光害下でも写りますが、銀河は淡いので光害カットフィルターは必須だと思います。
本当はそんな物なくてもいいくらいの夜空があれば、それが一番なんですが・・・

諦めずに頑張ってみてください。

かたくちいわしさん

なるほど、そう言われてみるとたしかに、系外銀河も恒星の集まりですよね。
すごく淡い光なので、ちゃんと捉える前に光害の中に埋もれてしまうんですね。
実は52φのLPS-P2フィルターを持っていて、カメラレンズでは使ったこともあるのですが、望遠鏡ではバックフォーカスの制限もあって、まだ使っていないんです。
何か方法を真剣に考えてみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/53887404

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と写ってたNGC2392とやっぱりのNGC2403:

« 散開星団 M34 M48 M67 | トップページ | 今日の太陽 2012/2/4 »