フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

おおいぬ座の散開星団 NGC2345 NGC2354

なんだか紛らわしい番号。NGC2354のほうが少し大きめで、見栄えもいいかなって程度。共に合成枚数が少ないので、再挑戦のつもりでいます。

SXW+ED103S+EOSKissX2 f795 F7.7 

NGC2345 30秒x2コマ加算平均

111028169x2ngc2345

NGC2354 30秒X3コマ加算平均

111028190x3ngc2354

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月27日 (日)

1日遅れの今日の太陽 2011/11/26

P1111240489

 今日(27日)は曇りのため、昨日の画像を今頃処理しています。横1列に並んだ黒点が印象的。

P1111270486

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

三日遅れの今日の太陽 2011/11/24 

P1111240456

 22日平日晴、23日祝日曇、24日平日晴。なんとも歯がゆい天気にとうとう我慢しきれず、30分だけ抜け出しての観望と撮影でした。

 太陽面が面白いこのごろです。

P1111270464

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月23日 (水)

おおいぬ座の散開星団 M41 NGC2362

 おおいぬ座の散開星団といえば、真っ先に名前が挙がるのがM41。明るいし大きいので当然ですが、明るさの点ではM41に負けていないのがNGC2362。小さいながらも存在感があります。とはいえ、実は今回観望と撮影をするまで知らなかったんですが・・・お恥ずかしい。

SXW+ED103S+EOSKissX2 f795 F7.7

M41 30秒x3コマ加算平均

111028163x3m41

NGC2362 30秒x4コマ加算平均

111028186x4ngc2362

 ホームページに3D星座「ケフェウス座」をアップしました。ご覧板いただければ幸いです。 悠々遊

 あの有名なガーネットスターにフラムスチード番号が無かったんですね。これは意外でした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月20日 (日)

今日の太陽 2011/11/20

P1111200452

 雨はようやくあがったものの、風が強く雲の流れが速い日です。雲の切れ間を狙って、ようやく撮影。15時頃から晴れ間が広がってきましたが、黒点の方は今日は諦めました。

 プロミネンスは大人しくなってきているようですが、ダークフィラメントやプラージュなど、太陽面の活動は相変わらずで期待が持てます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月19日 (土)

3D星座アップしました アンドロメダ座

ホームページに3D星座のアンドロメダ座をアップしました。

悠々遊

大きい方は交差法で、下の小さい画像の方は平行法で、本来の遠近感を楽しんで頂けます。

また、最近ブログにてアップした太陽画像も「太陽の部屋」にて常時表示していますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月16日 (水)

ふたご座の散開星団 M35とNGC2158 NGC2129

 ふたご座の足元にあるM35と、その右下にちょこんと写るNGC2158。M35は散開星団としては視直径が大きい方で、写真写りの良い男前。

111028129x4m35_3

SXW+ED103S+EOSkissX2 f795 F7.7 30秒x4コマ

 もうひとつおまけにNGC2129。こちらは追尾が不調で使えるコマが1枚だけ。再挑戦の課題のひとつです。

111028150x1ngc2129

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月13日 (日)

今日の太陽 2011/11/13

 今朝も太陽は元気にプロミネンスを吹き上げたままです。この凄いエネルギーは地球上のすべての生命の源ですね。そして、ひとつ間違えれば生命の消滅の・・・。どうか生命に過激な異変をもたらさない程度に元気でいてください。

P1111130419

P1111130429

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

ぎょしゃ座の散開星団 メシエ3兄弟

 先月28日に撮った散開星団から。

 ぎょしゃ座には天の川に沿ってたくさんの散開星団がありますが、なかでもメシエ番号の付いたM36、M37、M38は有名どころです。撮影機材はいずれもSX赤道儀にED103S屈折望遠鏡を載せ、キャノンEOSKissX2で30秒露出のノータッチガイド。2コマないし3コマを加算平均合成しています。

M36 3兄弟の中では一番小ぶり。

111028109x3m36

M37 3兄弟では一番明るく大きいお兄ちゃん。星の密集度も見事で、好きな散開星団のひとつです。

111028116x3m37

M38 大きくバラけた感じが、私にはアゲハチョウが羽を広げたように見えます。画面下のやや右にはNGC1907が。8.2等級なので単独では無理と諦めていたんですが、思わぬ拾い物でした。

111028098x2m38

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月12日 (土)

今日の太陽 2011/11/12

 2週間ぶりの観望と撮影。

 先ずは黒点画像から。 写真写りの良いサイズで太陽面が賑わっています。これぐらい出ていると写真に収め甲斐があるというもの。

P1111120404

 次にHα光による画像。接眼鏡を20ミリから18ミリに変えたのは正解。若干ながら細部が見やすくなったのと、そのおかげでピント合わせも少しだけ楽になった気がします。

 画像処理については、その前段階のシャッタースピードの決定も含めて、まだまだ試行錯誤が続いています。接眼鏡を通して見たイメージに近づけようとすると、出ているプロミネンスの濃淡によって、レベル補正やトーンカーブの掛けかたが少しずつ変わってくるからです。

 ああでもない、こうでもない、もうちょっと、といじくり回しているうちに、どの表現が正解なのかだんだん分からなくなってきたりして(苦笑)。

 それにしても今日のプロミネンスは特筆もの。今まで数年間見てきた中でも屈指の見応えある規模です。

天を北にして、トリミングしただけの画像。

P1010374

レベル補正で背景を整えると、プロミネンスが淡く消えそうに。

P1010374b

トーンカーブを調整して、太陽面のダークフィラメントなども見えるようにしようとすると、プロミネンスが潰れて、背景も汚くなる。

P1010374c

トーンカーブとレベル補正の両方を使って、ようやく今回の妥協点。

P1010374d

 明日も晴れたらいいな。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月10日 (木)

3D星座-ペルセウス座

 SXW赤道儀、通販で誠報社から買ったものなので、近くのビクセン取扱店(カメラのキタムラ)に持ち込むのも気がひけて、今朝ゆうパックでビクセンに送ってきました。しばしの涙の別れです。見舞いにはいけへんけど、ごめんな~。

 ホームページに3D星座-ペルセウス座をUPしました。以後1週間ごとに、アンドロメダ座、ケフェウス座、くじら座と続けて古代エチオピアの姫をめぐる、秋のギリシャ神話に決着をつけようかなと計画しております。

悠々遊

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月 9日 (水)

赤道儀緊急入院

 SXW赤道儀での連続写真撮影で、極軸あわせを自分なりにしっかりやっているつもりでも、かなりの割合で星が流れる画像が混じるので、どうもおかしいとビクセンさんに問い合わせたところ、どうやら赤経にガタがあってその影響が出ているらしいとのこと。購入1年未満ですが、修理に出すことにしました。最低1ヶ月は覚悟しなければならないようです。

30秒露出の3コマ連続で、こんな状態(中心部を拡大しています)。

Img_233

Img_234_2

Img_235

中にはこんなのも混じります

Img_240

SXWが退院するまで、しばらくはポタ赤にがんばってもらうことになりそう。

早く元気になって帰って来いよ~!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月 8日 (火)

ぎょしゃ座の散開星団 NGC1857 NGC1893

111028087x4ngc1857

 NGC1857は7等級で視直径が10分(上)、NGC1893は7.5等級で視直径が25分(下)。

 NGC1893の方は周りに散光星雲が広がっているらしいのですが、ノーマルなカメラで30秒露出ぐらいでは全く写ってくれません。逆に考えれば散開星団の姿がよくわかるということで・・・(汗)。

SXW+ED103S iso1600 f795 F7.7 (NGC1857 30秒x4コマ)  (NGC1893 30秒x1コマ)

111028093x1ngc1893_2

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月 6日 (日)

ぎょしゃ座の散開星団 NGC1664 NGC1778

111028074x3ngc1664

SXW+ED103S+EosKissX2 iso1600 f795 F7.7 30秒x3コマ

 ぎょしゃ座にはメシエ番号の付いた散開星団が3つもありますが、こちらはそれらよりやや暗くマイナーな星団。とはいえ7.6等級で視直径18分だから見劣りするということもありませんが。

 今頃になって気付いたんですが、散開星団というのは、プレアデス(昴)などごく一部を除けば、撮影対象としては地味な存在なんですね。星雲や銀河のように撮影者の技量や機材の限界で勝負、という程の対象ではないし、月や惑星などのように見栄えがするポピュラーな対象でもない。

 そこそこの機材で光害地でもちゃんと写るが、目を惹くようなインパクトに欠けるというか、訴求力が無いように感じます。そこで思いついたのが星座撮影で最近用いられている、ソフトフォーカス。明るい星をフィルターで滲ませて強調し、星座を際立たせる手法です。画像処理ソフトに付属の機能でコレをやってみました。どこまで効果を掛ければいいか、やりすぎにならないか迷うところではありますが、クリックして大きな画像でご覧いただければと。

111028074x3ngc1664b_2

 もうひとつ。こちらは使える画像がこれ1枚しかなかったNGC1778。これにもソフトフォーカス効果を付けています。

111028083x1ngc1778_2

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

オリオン大星雲 M42

111028057x5m42

 周囲の家の明かりが次第に消える頃、M42が見ごろの高さに昇って来る季節になってきました。今までも何度も撮影しながらまだ納得のいくものが撮れていない対象です。

 あくまでも自分の技量や機材など撮影環境を考慮してのことですが、もう少しましなものが得られても良いのではないかと。

 で、今回もチャレンジ。撮って出しの画像(上)は、今までとほとんど大差無しでしたが、今回はいつものレベル補正ではなく、トーンカーブをいじってみました。その結果が下の画像です。なるほど、補正のやり方次第でこんなに変わるんだ、と改めて知りました。ここまで出せれば自分の中では納得です。

111028057x5m42b

SXW+ED103S+EOSkissX2 iso1600 f795 F7.7 30秒x5コマ

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月 3日 (木)

散開星団 NGC1582

111028048x2ngc1582

SXW+ED103S+EOSKissX2 ISO1600 f795 F7.7 30秒x2コマ

 ペルセウス座の散開星団。7等級で視直径24分ということなので、見ごろの大きさ明るさといえるでしょう。画面中央やや右から右下にかけて弧を描くような星の並びがあり、こうして画像で見ると特徴が分かります。

これも再チャレンジの対象に。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

2011年11月 1日 (火)

3D星座-みなみのうお座

 ホームページに 3D星座-みなみのうお座をUPしました。昨日には さんかく座もUPしていますので、合わせてご覧いただければ幸いです。

 上の大きなほうが交差法で、また下の小さなほうが平行法で、本来の遠近感でご覧になれます。が、中には逆に見える方もおられるようです。

 みなみのうお座で言えば、左端の大きな星(白丸)が手前に見えれば、本来の遠近感になります。

悠々遊

散開星団 NGC1528 と NGC1545

 共にペルセウス座に属する散開星雲。NGC1528は5コマコンポジットできたので、今回の撮影では合格ラインか。片やNGC1545は1コマしか使えず、荒れた画像をお見せすることになってしまった。光度も十分だしし直径も小さいわけではないので、ぜひ再チャレンジです。

NGC1528

111028027x5ngc1528

NGC1545

111028044x1ngc1545

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらをクリックして頂くとブログのランキングがupする仕掛けになっております

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »