フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2011/8/6 | トップページ | 3D星座-こと座 UP »

2011年8月 6日 (土)

18切符の旅2011年夏-四国編4

 実のところ今年からの城廻は、天守内部には入らない、と決めていました。ひとつには時間的な制約。また資金的制約ももちろんあり、尚且つ精神的制約とでも言いましょうか。遠くに足を延ばしての城廻となれば、できるだけ安上がりで、出来るだけたくさん見てきたいというわけで、有料になりがちな天守内部の観覧はさけたい。
 これまで見てきた経験から言っても、現存古天守の内部はどこも似たような造りだし、急角度の階段は高所恐怖症の身にはいつもちょっと辛い。復興天守に至っては外観はともかく内部はもう普通の展示資料館といった風情で、最上階から街を見下ろすのも展望タワーに上っているのと変わりがない。

 そんな訳で松山城も本丸周りを一通り見て回って、次の城を目指すことにしました。ところが駅に着くと次の目的地の宇和島行きまで1時間以上の待ち。ちょっと慌しくしてしまったようです。ふと時刻表を見ると、途中の伊予大洲まで先着の電車が20分ほどで出ます。伊予大洲といえば木造の復興天守を持つ大洲城。乗り継ぎ時間の都合で当初予定には入れてなかったけれど、大洲で1時間近く空白がつくれそうなので、これならいけるぞ。

0801_3378

0801_3379

 地図で確認して最短コースを採ったつもりが、伊予大洲駅から城が間近に見えるところまで、歩いて15分もかかってしまいました。川を挟んだ向かい側に位置しているので橋を渡りそばまで行こうとすればあと10分弱はかかりそう。写真を撮っての往復時間を考えると、ちょっとしんどいな。で、対岸の土手から数枚撮って引き返すことに。
 この判断も結果的に正解。駅に戻る途中でお腹が痛くなり、スーパーマーケットのトイレに駆け込んで事なきを得ました。熱中症対策に水分補給をまめにしていたのが堪えたのかな。

 程なく到着した宇和島行きに乗り込んで、ひと時の休息。しかし次の宇和島城は実はもっとハードスケジュールなのです。乗り継ぎで生じる空白が1時間弱。ガイドブックによると登り口まで徒歩15分、登り口から天守まで約20分。おまけに登り口近くにある宇和島郵便局で、例のごとく風景印をもらうつもり。どう考えたって天守までの往復は無理な話です。風景印だけ押して下の道から天守だけ写真に収めればいいや。

 そうは思っても自然と足が速くなり、郵便局まで10分足らずで到着。ところが下の道路からでは天守がほとんど見えない! ここで無謀な考えがむくむくと頭をもたげる。四国の端っこまで来て天守も見ずに帰るのかい。
 ええい、駄目もとで行けるとこまでいってやれ、と足が動き出してしまいました。乗り継ぎに間に合わなければ次の宿泊地にたどり着けないかも知れない、という冷静な判断も片隅にあるものの、足のほうが勝手に先に進み「もうちょっと、もうちょっと」。まさに時間との戦いです。

 なんでこんなに遠いんだろう、何でこんなに階段が多いんだろう。まだか、まだか・・・。たかが天守を見るために、何でこんなしんどい思いをしなきゃならんのだろう、もう引き返そう。いやいや、もうあとちょっと・・・。

0801_3426

0801_3429

 目の前に宇和島城天守が現れた時には、それこそ息も絶え絶えの状態。写真数枚を撮るのももどかしく、がくがくする足で転げ落ちないよう気を配りながら、それでも急ぎ足で下城です。さあ、電車に間に合うか。

« 今日の太陽 2011/8/6 | トップページ | 3D星座-こと座 UP »

コメント

書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

拝観料とかって、本当に高いですよね。京都は好きな街だけれど、鎌倉と並んで矢鱈と拝観料を取られるのが好きじゃない。(寺社に関しては)税金面で優遇されているのだから、もう少し安くするとかして欲しいものです。

拝観料が貴重な収入源で、維持管理費に使われるのは承知していますが、確かに高いと感じることはありますね。京都のように観光寺社がたくさんある所では、特に堪えると思います。せめて2、300円までにしてくれると、ずいぶん違うでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/52405942

この記事へのトラックバック一覧です: 18切符の旅2011年夏-四国編4:

« 今日の太陽 2011/8/6 | トップページ | 3D星座-こと座 UP »