フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2011/4/24 | トップページ | 今日の太陽 2011/4/29 »

2011年4月24日 (日)

自然エネルギーの開発を本気でやってください

 福島第1原発の事故処理は相変わらず遅々として進まず、という状況のようです。東電の社長がようやく被災地に入り、避難所で謝罪したとの報道があり、その際被災者から「原発を東京にもって帰れ」と罵声を浴びたとの事。もっともなことです。ここでも以前から何度も書いていますが、原発が本当に安全なら大量消費地である大都会の近隣に造るべきで、その方が送電設備の節約にもなるはず。わざわざ人口過疎地に金をちらつかせて無理やり持っていくのは、それが危険なパンドラの箱と分かっているからでしょう。

 今回は大震災をきっかけにそのパンドラの箱が空いてしまったわけですが、それでもなお電力各社は原発維持にこだわっている模様。「想定外」とは人間が勝手に想定していなかっただけで、自然災害は人間の勝手な想定にあわせてくれるはずも無い。もし原発銀座といわれている若狭地方で、今回のような大震災が起これば、京都・大阪・神戸は今回の東京どころではないパニックになると容易に想像できます。

 政府や電力会社が原発にこだわる最大の主張は、代替エネルギーが確保できないという事ですが、核分裂による無尽蔵で安価なエネルギーが得られる手法がすでに目の前にある状況で、まだ海のものとも山のものとも知れない自然エネルギーの研究開発に、これまで本気で取り組んできたのか甚だ疑問です。危険は承知で経済効率重視でやってきたというのが事実ではないでしょうか。

 日本の、そして世界の英知を結集し本気で開発に取り組めば、本当に安価でクリーンなエネルギーは実現可能だと思います。政府も企業も必要なところに十分な予算を付けてこなかっただけではないかと。太陽光・太陽熱・地熱・風力・潮汐力、素人がざっと思いつくだけでもこれだけの自然エネルギーを、効率よく活用できる時が来れば、快適生活を維持する影で常にダモクレスの剣に怯えながら暮らすことはなくなるでしょう。「必要は発明の母」です。

« 今日の太陽 2011/4/24 | トップページ | 今日の太陽 2011/4/29 »

コメント

発電に関していえば、ようは、なんらかの手段で発電機をぶん回せばいいわけです。
原子力、火力はお湯を沸かして水蒸気で、水力は水で発電機を回しているわけです。
原子力は放射線さえ出さなければ理想的なエネルギーなんですが。
考えれば、なんらかの方法がありそうな気がします。

太陽光発電のように、発電機(タービン)を回さずに発電する方法もあります。最近では振動を電気に変える技術も開発され、徐々に実用化のめどが立ってきているようです。

かつての真空管使用による消費電力も図体も巨大なコンピュータが、今ではLSIの出現で、コンパクトで消費電力もわずかだが性能は桁違いに高性能なものに進化したように、エネルギー開発も真剣に取り組めば、もっとすごいアイデアや技術の進歩が期待できると思っています。

書き込み有難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

東電の社長が避難所を訪問した際の映像を幾つかのニュース番組で目にしたのですが、「原発が置かれている微妙な状況」を窺わせるシーンが在りました。多くの被災者は怒りを顕にしていたのですが、何人かの人は「其方も、或る意味犠牲者。」とか「大変でしょうが、身体には気を付けて下さい。」と東電サイドを労わる方も見受けられました。「東電サイドの仕込み」とかでは無く、不安を持ちつつも「何も無かった村に、様々な利益を落としてくれた。」という複雑な思いの方も居られるのでしょうね。原発で働いている現地の方も結構居られるみたいですし。

自分を含めた「原発の無い地域に住み乍ら、電力の恩恵を十二分に享受して来た人々」にとって原発問題は、「沖縄の基地問題に関する非沖縄県民の立場」と同じとも言えましょう。原発が置かれた地域に住む人達に多くの苦難を背負わせて、「俺達は関係無いもん!」ではもう済まされない。

日本の様な資源の乏しい国に在っては、「原発を即刻廃止する。」というのは現実的で無いだろうけれど、可及的速やかにより安全なエネルギー源にシフトして行かなければいけないのは確かでしょうね。叡智を集めれば、絶対に不可能では無いと信じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/51479649

この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギーの開発を本気でやってください:

» 自然災害との向き合い方 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
************************************** 「M9級・超巨大地震!2000年前、巨大津波か」(4月25日、読売新聞) 高知大学の岡村真教授(地震地質学)等が、高知県土佐市の2000年前の地層から、厚さ50センチに及ぶ...... [続きを読む]

« 今日の太陽 2011/4/24 | トップページ | 今日の太陽 2011/4/29 »