フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2011/3/13_2 | トップページ | 被災者受け入れの動き »

2011年3月16日 (水)

救援ボランティア もうひとつの選択は?

 震災発生以来5日経過。マスコミの連日の報道を見るに付け、なんともまどろっこしさを感じてしまう。マスコミ各社はヘリや車で現地入りして報道しているのだろうが、被災者へ提供する食料や毛布、日用品を携えて現地入りしているのだろうか? まさか手ぶらで出かけ、被災者に無遠慮にマイクを突きつけているだけではあるまいと思うが。
 自治体や各種団体が救援ボランティアを組織して現地に送っているが、どれだけの効果があるのだろう。現地で活動する間の食料や必需品はすべて持参の上だろうか。仕事として派遣される場合はともかく、仕事を休んで自費で現地入りできるボランティアはそれほど多くはいないだろうと想像できる。
 もっと効率が良くて効果がある救援活動はないものか。たとえば、被災地でない自治体が公園に仮設住宅を建てたり体育館を避難所として提供し、被災者を受け入れることはできないだろうか。被災地での慢性的な物不足の中での避難生活よりずっとましではないだろうか。仕事を休んでまでボランティアに出かけられない人でも、近所に避難生活者がいれば、日常生活の中でのボランティアができるのではなかろうか。世話好きのおっちゃんおばちゃんは、どこにでも必ずいるもんだ。
 消費物資を現地に送るより、被災者に来てもらうほうが、現地で不安な時間を過ごすより、精神的にも楽になるのではないだろうか。素人考えだが、そんなボランティアの選択があってもいいと思うのだが。

« 今日の太陽 2011/3/13_2 | トップページ | 被災者受け入れの動き »

コメント

被災者を被災地の外に出す、というアイデアは賛成です。
阪神大震災の時、いち早く避難所に駆けつけてくれた弟に、まず、なにより老母を託しました。弟宅は神戸市内ですが北区の被害のないところでした。
こうして輸送手段を入手した私は幸いでした。
問題は、輸送手段でしょう。阪神の時は被災地が、神戸淡路阪神間と、限られた地域でした。ところが今回は、非常に広範囲です。輸送手段を持たない人が、被災地の外に出るのは難しいでしょう。

被災者が自力で被災地の外に出るのは、先ず不可能でしょうね。被災者受け入れ側がバスなどを手配したり、バス会社や鉄道会社が無償提供するボランティアで協力し「迎え」に行くのがベストだと思います。

切迫性から言えば逆になるかもしれませんが、被災地の周辺側から避難させ、道路の確保につれて被災の中心部に向かうのがベターでしょう。

書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

自分も悠々遊様と同じ考えを持っていたのですが、矢張り「被災者達を被災地から連れ出す方策」が現状では難しいという問題が在る様です。

又ネット上に載っていたのですが、救出の為に被災地に赴いた人の中には食料やガソリンを携帯していない者も居り、結果的に被災者達が必要な数限られたガソリンや食料等を多く消費させてしまっているという現状も在るとか。「善意」で行っているで在ろう事だけに、こうなると複雑ですね。

役者の辰巳琢郎氏が、自身のブログにて「地獄・・・」という記事を書いておられます。石巻の御友人から聞いた話では、「避難所に居るのに、食料が無くて餓死した子供が居る。」と。「被災してから数日食さないだけで、餓死するって在り得るのだろうか?」と一旦は思ったのですが、ミルクしか飲めない乳児ならば、そういった可能性が在る事に思い至りました。何とオア避難所に辿り着けたのに、食料が届かなかったばかりに亡くなってしまった子供・・・とても飽食の我が国の出来事とは思えず、非常にショックな話でした。

政府も必死で取り組んでいるとは思いますが、如何せん「情報不足」という点は否めない。此れ以上多くの犠牲者を生み出さない為にも、政府には何とか頑張って欲しいし、我々非被災者も出来得る協力はしたいと思っております。
http://ameblo.jp/tatsumitakuro/entry-10831822328.html

手ぶらで現地入りし被災者に回るはずの食料などを消費しているとすれば、それはもう善意の行為といえるかどうか。周囲への配慮に気が回らないとすれば、ただの自己満足であって「善意」の押し売りに過ぎないと思います。

以前北陸での土砂災害のとき、現地入りしたボランティアの一部の人たちが、ろくに復興の手伝いもせず、逆に食事に文句をつけるなど、被災者から顰蹙を買っていると報道されていた記憶がありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/51138345

この記事へのトラックバック一覧です: 救援ボランティア もうひとつの選択は?:

« 今日の太陽 2011/3/13_2 | トップページ | 被災者受け入れの動き »