フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 救援ボランティア もうひとつの選択は? | トップページ | 3D星座 »

2011年3月19日 (土)

被災者受け入れの動き

 前回の書込みで、被災者を被災地以外の自治体で受け入れる救援方法の選択を訴えたが、今朝の地元有力紙の朝刊に、7府県でつくる関西広域連合が数万人規模で被災者を受け入れると発表したとある。仮設住宅や空き住宅、空き校舎、公営施設を充て、被災者輸送には自衛隊や民間輸送機関に協力を求めるという。
 ようやくの感はあるが、被災者の皆さんには朗報ではないだろうか。今はまだ冬だから関西も寒いが東北に比べればまだましだろう。何よりも必要物資の調達が容易で、周辺からのボランティアも期待できる。
 農営者はじめ被災地から避難したくても出来ない人たちもいるだろうが、被災地に留まる被災者が減ればその分現地での物資の確保も救援活動も容易になるのではないだろうか。
 今後、災害にはもっと迅速にこうした対応が出来るよう期待したいが、まずは喜ばしいニュースだ。

« 救援ボランティア もうひとつの選択は? | トップページ | 3D星座 »

コメント

書き込み有り難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

「被災地にアポ無しで乗り込み、少しでも救出活動に当たりたい担当者達を掴まえて、どうでも良い質問をする議員。其の横には某宗教団体のスタッフが、『うちの議員は、此れだけ必死で頑張っていますよ。』というアピールの為に映像を撮り続けている。」、「自身の政治的アピールとしか思えない書き込みを、延々とツイッター等で垂れ流している議員。」等々、愚かな議員の言動が少なからず報道されています。救出や復興活動の妨げになる様な行動をしている議員を、我々有権者はしっかりチェックし、次の選挙では落とさなければいけないと思うし、あんなに「国民の為」と連呼している議員達の中から、「復興支援の一助として、我々の歳費を(時限的にでも)カットして欲しい。」という声が上がらないのは哀しいです。

政治家やマスコミに限らず、他人の不幸を自分の善意のPRに利用しようとする連中がいるのは困ったものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/51157784

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者受け入れの動き:

« 救援ボランティア もうひとつの選択は? | トップページ | 3D星座 »