フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 雲は良いですなあ | トップページ | 今日の太陽 2010/06/5 »

2010年6月 2日 (水)

鳩さん退場

 沢山の人に夢を見させ、やがて悪夢に替え、惜しみつつ(惜しまれつつ・・・ではなく)退場されました。でも、本当はこの人が一番夢を見ていたんじゃないでしょうか。悪い人ではないんです。夢を実現するだけの実力に欠けていただけなんです。政治家としては致命的ですが。
 夢見る鳩さんの退場で、夢を見させてくれない政治家が増えるとすれば、これはこれで味気ない気がします。現実を追認しその前に屈するだけなら政治家は要りません。理想と現実のギャップを情熱で埋め、夢の実現へまい進する、そんな実力のある政治家は・・・与党にも野党にも見当たらないなあ。選ぶほうも選ばれるほうもみんな小粒で軽いもん。

« 雲は良いですなあ | トップページ | 今日の太陽 2010/06/5 »

コメント

書き込み有難う御座いました。

悠々遊様が自ブログに書いて下さったコメントの中で、特に「欧米列強との国力の差をまざまざと見せ付けられ、近隣諸国が次々植民地化されていく中、それでも明治維新という時代が輝いているのは、『富国強兵して、いずれ列強と肩を並べる』という、当時としては夢のような理想を掲げた政治家が沢山いたからではないでしょうか。」という部分が、非常に心に訴え掛けられる物が在りました。「大きな夢を語れる政治家が居なくなってしまった事が、我が国の政治からダイナミズムを失わせてしまった。」と語った方が以前居られましたが、これは政治家だけでは無く、結論を急いで求め過ぎてしまう我々国民にも問題がゼロでは無いのかもしれません。

「その夢を実現するための能力、周到な準備と有能な実務スタッフと、彼らを使いこなすだけの力量が欠けていた。」というのも確かに在るのですが、この記事を書いて以降改めて思ったのは、「公約を横並びさせてしまったのが間違いだったのではないだろうか?」という点。どういう事かと言えば、沖縄の基地問題の様に解決の為には少なからずの“関門”が在る問題に関しては、他の事案の様に“直近での解決”を口にするのでは無く、正直に「これから詰めていかなければならない事柄が多く、直ぐに解決という訳には行かないけれど、昨夏の衆院選で多くの支持を戴いた以上、その任期で在る4年間の間に沖縄県民の負担を少しでも減じられる様にしたい。」といった風に言えば、必ずしも「嘘を付いた!」と責められる事は無かったのではないかと。これは責任回避のテクニック云々というのでは無く、「直近の解決課題」と「それなりに時間を要するけれど、解決しなければならない問題」という横並びでは無く区別を付けた方が、国民にも判り易かったのではないかという気がするからです。

人間としての「鳩山由紀夫」は嫌いじゃなかっただけに、こういう形で辞めなければならなかった事は残念。「一人の人間としての情報発信を大事にしたい。」という気持ちが強かった様に感じますが、皮肉な事にそれが自身の首を絞めてしまったという感は在りますね。

鳩山さんの考えは間違っていなかったとおもいます。基地問題でも、現状では辺野古移設が最も現実的で、だれがやっても現行案になったのではないでしょうか。
いくら有能な人でも一人では仕事はできません。
鳩山さんに強力な支援者がいて、実行をサポートする人がいれば、どうにかなっていたでしょう。
小沢さんではダメです。あの人は選挙に勝つことしか考えていないのだから。
菅さんに期待してるのですが。

giants-55様
雫石様
コメントありがとうございます。

もし明治維新の頃、欧米列強の圧倒的な力の前に屈し、現実路線の名の下現状を追認するだけで終わっていたら、その後の日本という国はどうなっていたでしょう。
鳩さんの失敗を見て理想論を鼻先で笑い、目の前の現実にのみ囚われている限り、この国から閉塞感は消えないでしょうね。
鳩さんの失敗のツケは、ことのほか大きいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/48527677

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩さん退場:

« 雲は良いですなあ | トップページ | 今日の太陽 2010/06/5 »