フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2010/06/5 | トップページ | 文パルと金星・再挑戦 »

2010年6月 6日 (日)

世襲議員総理

 新総理に菅さんが決まった。ということで新聞にいろんな記事が出ていたが、中でも目を引いたのが菅さんは村山さん以来の「世襲議員」でない総理という記事。14年ぶりだとか。一口に世襲といっても、先代が国会議員だった人もいれば地方議会の議員だった人もいる。それにしても世襲だらけ。
 政治を家業にし世襲するのが一概に悪いとは言わないが、「センセイ」と呼ばれるのが何代も続くと、だんだん庶民感覚が失われ、浮世離れしてくるのではないだろうか。後世の作り話かもしれないが、3代将軍徳川家光が「祖父(家康)や父(秀忠)は苦労して将軍になれたが、私は生まれた時から将軍だ」と家臣に言ったという逸話があるそうな。
 最近の5人の総理に限っての私なりの印象を書き連ねてみよう。
小泉さん : 稀代のペテン師。郵政改革は国家国民のためというより、郵政大臣時代に苦労させられた事への私怨晴らしの節がある。5人の中では一番庶民感覚に敏感。
安倍さん : 右翼思想に染まったええとこのおぼっちゃん。口では勇ましいことを言うが自身は打たれ弱い。
福田さん : 飄々としているのか斜に構えているのか分かりづらい人。イギリス貴族にこんな人が多いような気がする。
麻生さん : 一見庶民派に見えるが、温室で大事に育てられてきたお坊ちゃんが、たまたま政治家ごっこに興味を持っただけ。政治ままごとをやって自己満足していた人。
鳩山さん : 同じく温室育ちのお坊っちゃんの政治ままごとだが、「みんなの幸せ」の理想を掲げた点だけは買える。「夢や理想」という「清」だけでは政治はやれない。「泥を被って行動する」という「濁」がこの人には欠けていた。
 さて、世襲でない「イラ菅」さんはどんな評価を受けるだろうか。

« 今日の太陽 2010/06/5 | トップページ | 文パルと金星・再挑戦 »

コメント

私は、ひそかに菅さんに期待しています。
あの、市川房江さんの薫陶をうけているはずだし、
市民運動出身者ですし、自民党に所属したことがないし。記事にあげておられた5首相とは違うのですから。
ただ、小沢一味の動き次第では、9月までの超短命になるやもしれません。それをおそれるのであります。

角栄さんの薫陶を受けた小沢さんは、角栄さんの負の面をより多く受け継いだようですが、さて、菅さんはどうでしょうか。
一本気な青年も政界で揉まれて老獪になってこられたようなので、短気のイラ菅で小沢さんの術中に嵌りしくじるようなことは無いと信じましょう。
初心を忘れていなければ、近年では一番信頼できる総理になりそうな気がします。

書き込み有難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

5人の総理経験者の印象、自分も大凡同じです。安倍元首相に関して付け加えるならば、この方は自分に対して強いコンプレックスを持っている様な感じがずっとしています。だからこそ「自身の父親(乃至は父親の家系)よりも、他者に強くアピールするで在ろう『吉田の血』という“ブランド”ばかりアピールしていた。」のではないかと。これはブランド至上主義の人に概して言えるのだけれど、「実質よりも形式ばかりを重んじる。」というのが在り、それが“あたかも”「国旗掲揚と国歌斉唱を義務化すれば、世の中は全て良くなる。」的な発想(実際問題、それらしい発言を以前していましたし。)になってしまうのではないでしょうか。経済がこれ程迄に疲弊している中で、やれ「左翼政権」だ「憲法改正が最重要課題」だと言っているセンスに、この政治家の限界を感じます。

小泉Jr.が「麻生さんの所はきちんとした家業が在るから良いけれど、小泉家は政治家を輩出しなければ破産してしまう。」と言っていたと某週刊誌に載っていました。真偽の程は定かでは無いけれど、もし事実ならばふざけた話です。小泉Jr.の演説の上手さは評価しているけれど、あれだけ事務所経費問題を批判する以上は、自身の問題(以前、小泉元首相も追及されていましたが、何かあやふやなままで幕を下ろされてしまった感が。)をクリアにしないと説得力が無いでしょうね。
http://gendai.net/articles/view/syakai/124500

giants-55様
 目くそが鼻くそを笑う、という事でしょうね。実際は笑い事ではなく、自民党が民主党を批判しても一向に支持率が上がらないのは、こういった姿勢に国民もうんざりしている・・・という事を、当の自民党が一向に気付いていないわけで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/48555237

この記事へのトラックバック一覧です: 世襲議員総理:

« 今日の太陽 2010/06/5 | トップページ | 文パルと金星・再挑戦 »