フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日は京都府知事選挙の投票日 | トップページ | キロボックスからの届け物 »

2010年5月 4日 (火)

普天間基地の明日はどっちだ

 普天間の米軍基地移転問題で、沖縄が、鹿児島県徳之島が、そして民主党が揺れている。何かと厄介な米軍基地は本当は要らない。しかし、それで雇用が確保され、経済効果があり、国から補助金が出るなら我慢しよう、という苦渋の選択が基地周辺の賛成派の本音だったとか。もちろんそうだろう。
 昨年はじめて行った沖縄で、基地から飛び立ち頭上を通過する戦闘機の爆音を体験した。こんなのが日常では堪ったもんではないと思った。県外移転といっても、そんな厄介なものは日本中何処だって、来て欲しくないと思うのは当り前田のクラッカー。でも国外移転は米国がウンと言わない。それどころか、住民の合意がなければ
代替の基地移転には応じられないとのたまっているとか。じゃあ、今の基地は住民合意の上のものだったのかい、と突っ込みたくもなる。
 米軍基地が自分のところに来るのは「NO」という点で、国民大多数の意見は一致していると見て間違いないだろう。が、一方で日米安保条約は必要と思っている国民が多数いるのも確かだ。さらに言うなら、国防のために自衛隊は必要と、国民の7割8割が思っているという意識調査があるが、この方たちは米軍基地はダメでも、自衛隊の基地なら受け入れ「OK」なのだろうか。とてもそうは思えない。この矛盾を当該の国民諸氏はどう考えているのだろう。
 同列に考えてはいけないかも知れないが、オール電化住宅は快適で素敵だが、原子力発電所を近くに造るのは困る。とか、ゴミは出してもゴミ処理場が近くに出来るのは反対。とか、CO2が増えたり環境が悪くなるのはいやだが、高速道路が無料になったりガソリンが安くなるのは歓迎。などと共通してはいないかい?
 詰まるところ、自分さえ良ければ他人の不幸には知らん振りしていようという、浅ましさが無意識の根底にあるのだろう。これはもう、なんだかんだと御託を並べながら破滅へ向かって突き進むしかない。
 ♪今がよければそれでいい~ 明日のことなど気にしない~
 こんな調子の国民意識では、民主党でなくても万人が納得する落し所など見つけられるはずがない。それを八方美人で美味しい公約を掲げたのだから、鳩山政権も罪作りな詐欺政権といわれても仕方あるまい。
 以上、ゴマメの歯軋りでした。

« 今日は京都府知事選挙の投票日 | トップページ | キロボックスからの届け物 »

コメント

基地の問題にしても、原発にしても、みんながみんな納得してOKなんてことはありえません。
だれかのメリットは、だれかのデメリットです。
だれに何パーセント満足させて、だれにがまんしてもらうか、押したり、ついたりしながら、最大公約数的な妥協点を探っていくのが、為政者の腕の見せ所ではないでしょうか。
そのあたりのサジ加減は鳩山さんは、どうもうまく行ってませんね。

鳩山政権のドタバタぶりを見ていると、政治の素人が政権を担ったという印象が否めませんね。
あちらにもこちらにも気配りし、うまく調整して敵を作らないのが全方位外交ですが、鳩さんの八方美人外交は、あちらにもこちらにもわざわざ敵を作っていまい、撃沈寸前で・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/48264543

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地の明日はどっちだ:

« 今日は京都府知事選挙の投票日 | トップページ | キロボックスからの届け物 »