フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

イケズの踏切

Cimg8784_2
 古都京都と古都奈良を結ぶ鉄道のひとつに、JR奈良線があります。かつての都どうしを結ぶ鉄道ながら近代化の波に乗り遅れ、いまだに単線区間のほうが長いローカル線です。このJR奈良線の中間ぐらいのところに、わが街城陽市があり、玄関口となる城陽駅があります。
 この城陽駅は快速電車が必ず停車する主要駅のひとつですが、駅のすぐ北側すなわち京都寄りにある踏切の、遮断機の動作がなんとも不思議なんです。何が不思議か・・・電車が通過しないのに必ず遮断機が下りる時間帯があるのです。
 前述の通りJR城陽駅には必ず電車は停車します。単線ゆえ行き違い電車待ちの停車もあります。さて、ある時刻になると京都行きの電車が南からホームに進入してきて、その少し前から北側の遮断機が下ります。電車が停止し、乗客の乗降が終わっても電車は一向に発車しません。北側の遮断機は下りたままです。電車が停止してから1分以上経った頃、不意に遮断機が上がり、車が急いで1台かせいぜい2台通過したところで、再び遮断機が下り、暫らくしてようやく北側から奈良行きの電車が進入してきます。
 奈良行きの電車が乗客の乗降を終えて発車してから、ようやく京都行きの電車の発車です。電車が北側の踏切を通過してなお30秒ほど経過し、ようやく件の遮断機が上がります。この間4分からせいぜい5分くらいかもしれません。こんなことが毎時刻1回繰り返されます。
 複線の上電車の本数が多く、ほとんど遮断機の上がる間がないという「開かずの踏切」に比べれば、のんびりした光景です。でも、行き違い電車待ちのための停車と分かっているのに、なぜ延々と遮断機を下ろしたままなのでしょう。なぜ行き違い電車の通過直前になって数秒間だけ遮断機を開閉するのでしょう。意味が分かりません。よって、私はこの踏み切りに「イケズの踏切」と命名しました。イケズとは「意地悪」の意味を持つ京言葉のこと。もちろん踏切を渡れない「行けず」にも引っ掛けていますが。

今日の太陽 2010/4/29

20100429_3579x4

 朝の雨も8時過ぎには上がり、9時ごろには青空が広がってきました。
 上と下の画像はほぼ同じ頃に撮ったものですが、トーンカーブ処理など画像処理を変えています。太陽外縁のプロミネンスと光球面のダークフィラメントなどの現象を、同時に鮮明に再現するのは無理なようですね。

20100429_3587x4

20100429

2010年4月25日 (日)

今日の太陽 2010/4/25

02010425_3575x4

 本日は快晴です。プロミネンスはごく淡いのが確認できましたが、黒点は出ていません。

20100425

2010年4月24日 (土)

今日の太陽 2010/4/24

20100424_3551x4b

 今日は正直諦めかけていました。天気予報に反して一向に雲が去らず、時間が過ぎていくのみ。で、阪神-中日戦をテレビ観戦していて、ふと外を見ると陽が射している! 玄関側に早速望遠鏡を持ち出し、電線に邪魔されないお隣さんちに移動。
 目立つような大物は出ていませんが、ご覧の通りちっちゃいのがぞろぞろと出ています。明日は朝から晴れそう。

20100424

2010年4月18日 (日)

今日の太陽 2010/4/18

20100418_3528

 本日は快晴なり。プロミネンスの小さいものがあちこちに立っています。1時の方向になにやら黒いしみのようなものが広がっていますが、黒点やダークフィラメントのようなはっきりしたものではなさそう。表面の他の所にに比べて若干低温という事でしょうか。
 画像合成方法をちょっとだけ変えてみました。これまでは連続して撮影した4枚の画像を、それぞれ2枚ずつ加算平均し、加算平均した画像をさらに加算平均する方法でした。これだとトーンカーブ処理でコントラストを調整した時、暗いプロミネンスが消えてしまったり目立たなくなっていました。
 で、今回は2枚をこれまでどおり加算平均、もう2枚は単に加算し、加算平均と加算の2枚を加算平均することで、暗いプロミネンスを強調してみました。この方法の難点は明るい部分が露出オーバーになってしまう所ですが、今日の画像では見苦しくはないようです。

20100418_3528b

2010年4月17日 (土)

今日の太陽 2010/4/17

20100417_3507x4b

 昨日からの雨は上がったものの10時を過ぎても、分厚そうな雲が空のほとんどを蔽い、青空は所々に見えるだけ。「今日は晴れの予報だったじゃないか」と愚痴ってみたら、なんと晴れてきました! 言ってみるもんだ(笑)。雨で空気中の塵が洗い落とされたせいで、透明度の高い青空です。今日は夕方からの観測会も楽しみです。

20100417_3507b

2010年4月11日 (日)

今日の太陽 2010/4/11

20100411_3501x4_2

 昨日といい今日といい、雲の多い移り気な天候に右往左往しています。お天道様のすることには逆らえません。でも、めげずに望遠鏡を出してみると、ちゃんとご褒美を用意してくれていましたね。

20100411_3501_2


今日は京都府知事選挙の投票日

 私もこのブログを書き終えたら、家族と共に投票に行ってきます。今は二十歳になったら自動的に付与される権利ですが、昔は庶民にとって願っても叶わなかった参政権です。先人の悔しさを思えば無駄には出来ません。
 ところで国政。与党になってからの民主党の迷走振りに、期待して1票を投じた身としてはがっかり。しかし、政権交代で見えたこと・よくなったこともあるわけで、政権交代自体は間違っていなかったと思っています。
 一方の自民党。民主党政権への不満の受け皿には成り得ていないようで、ここにきて四分五裂の様相を呈してきました。もともと信念で結びついたというより、権力志向で集まっていた党なので、権力という求心力を失えば早晩こうなることは分かっていましたが、わずか1年足らずで・・・。

2010年4月10日 (土)

今日の太陽 2010/4/10

20100410_3467b

 朝から雲が多く、たぶん観望は出来ても撮影までは無理だろう、と半ば諦めていましたが、昼ごろになって日差しが強くなった気がし、ダメ元で玄関先に出してみました。はっきりとしたプロミネンスは出ているものの、雲の流れで日差しが強くなったり弱まったりと、ピント合わせしている最中にもコロコロ撮影条件が変わる中、頃合いを見計らっての撮影・・・の結果はご覧の通りです。

2010年4月 8日 (木)

金星と、東方最大離角前日の水星

20100408__3204b

 鴻ノ巣山の展望台で宵の明星(金星)と水星を撮ってきました。水星は明日が東方最大離角(西の空で最も太陽から離れる位置)になりますが、明日の夕方は雲が出そうなので1日早く撮影です。
 今回の撮影地・鴻ノ巣山は、家の近くの水度神社の背後に広がる小高い山で、後方には宇治市に通じるバイパス道路が通り、両側は住宅街に挟まれて城陽市街に突き出た形。小さな山ですが起伏に富み雑木林が多いせいで、撮影を終えて一人山道を下るのはなんだか心細く感じる雰囲気でした。日ごろから光害で空が明るいとぼやいていますが、そんな明るい宵の空でさえこんなだから、光害のなかった昔の夜道の一人歩きはもっと心細かっただろうなと、ふと思ってしまいました。まったく人間とは身勝手なもので・・・。

2010年4月 4日 (日)

今日の太陽 2010/4/4

20100404_3452x4a

 今日も快晴・・・ながら午前中は薄雲が広がりコントラストがイマイチ。でも、昨日に引き続き地球が10個も並びそうな、巨大なプロミネンスが出現しています。昨日のが形を変えてきているんでしょう。

20100404_3447x4b

20100404_3463x2

 黒点の方は、昨日中央付近にあったちっちゃなものが、自転分移動したようです。

20100404_3453

2010年4月 3日 (土)

今日の太陽 2010/4/3

Cimg3426x4b

 多分これまで私が直接P.S.T.で見た中では最大級のプロミネンスだと思います。目にした瞬間から感動ものでした。チルド・リングを回すことにより、対称方向近くにも周縁に沿って広がるものが見えます。また、中央やや下のダークフィラメント近くと、右上端近くのプラージュに黒点が発生しているのも確認。太陽活動がいよいよ活発になってきた印象です。

Cimg3404x4b

Cimg3431x2b

20100403_3398

20100403_3442

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »