フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

アクトパル宇治の25センチ屈折望遠鏡で

Cimg2998b

 星仲間と1泊2日で訪れた施設には、一般公開用では珍しい25センチ屈折望遠鏡を備えています。今回は我々だけの貸切状態だったので、最接近直後の火星、満月、M44、M42を順次楽しむことが出来ました。私は持参したカメラでM42も撮ることが出来、収穫あり。
 ただ、望遠鏡の運営は全てボランティアで賄われているようで、泊り込みの観望会にもかかわらず、同施設の機材を使っての観望は1時間に限られていてます。遠方から駆けつけてくれるボランティアへの負担を考えると無理は言えませんが、せっかくの機材がありながら十分生かされているとは言えず、残念で心残りです。今後は徐々に運営方法を考えて改善していくとのことなので、大いに期待したいところ。
 2日目午前中は太陽観望の予定が前夜からのあいにくの曇り→雨となり、ボランティアさんのお話を伺うだけとなりましたが、2日目の担当さんがなんと私も所属する地元山城天文同好会のメンバーだと分かり、急遽仲間内の例会のような雰囲気の中でのひと時を過ごすことが出来ました。
 今回の企画を考えていただいたSさん、文パルでの観測会でいつもお世話になっているS先生、最年長ながら一番熱心な星仲間Hさん、そして今回ボランティアとしてお世話になった山天メンバーのMさん。楽しいひと時をありがとうございました。ぜひまた次の機会を! 

2010年1月30日 (土)

今日の太陽 2010/1/30

100130_2975x2asjpg_5

100130_2982x4as_3

今日はあちらこちらに雲の塊が流れているほか、空全体をごく薄いガスが覆っているようで、なんともキレのない青空です。
1枚目は連続した2枚の画像をコンポジットした後、極端な画像処理を施して太陽面の模様を浮き立たせてみました。2枚目は4枚の画像をコンポジットしていつもの手順の画像処理をしています。こちらの方はプロミネンスが見やすいかと。
今日の午後から明日昼ごろまで、文化パルク観測会の星仲間と観望合宿に行ってきます。晴時々曇りの予報ですが、接近中の火星と満月くらいは見たいものです。

2010年1月24日 (日)

今日の太陽 2010/1/24

100124_2935x4c
100124_2961x4b
昨日はほとんど曇りで×、今日は快晴で〇。プロミネンス、黒点共に出ています。いよいよ活動期に入ったようですね。

2010年1月17日 (日)

今日の太陽 2010/1/17

100117_2916x4
 全国都道府県対抗女子駅伝。6連覇を目指した京都は3位に終わりました。1区西原でトップに立ったので、これはもしや独走かと期待したのですがそう甘くは無かった。ただ、アンカー小島の追い上げは圧巻でした。岡山の初優勝、おめでとうございます。
 さて、今日は朝から快晴で、大きく立ち昇るプロミネンスが印象的でした。黒点も認められましたが、今日は撮影はパス。金曜夜からの風邪がすっきりしません。明日からの1週間に備えて今日は早めに就寝します。

2010年1月16日 (土)

光害カットフィルター 2010/1/16

Img_3084b
Img_3083b
 都会の夜空はさまざまな光で溢れかえり、星を見えなくさせています。日本では大都会だけでなく、地方の小都市ですら光害の汚染に星を奪われているのです。そこで開発されたのが、人工光の発する特定の波長だけをシャットアウトし、自然光(つまり星の光)を拾い出す特殊なフィルター。決して安いものではありませんが、アップした写真を見ていただければ分かるように、その効果ははっきり出ています。
 フィルター無しではたった30秒の露出で光害の白いバックに埋もれてしまった星々が、フィルター装着だけで同じ条件でしっかり確認できます。光害地での撮影には、もう手放せません。

今日の太陽 2010/1/16

100116_g2898
 雲間から太陽が顔を覗かせたのがすでに2時過ぎ。P.S.T.太陽専用望遠鏡で撮影するには、ちと条件が悪いものの黒点が出ていたので、急遽miniBORG+ソーラーフィルターに変更し撮影。相変わらずピントに不満足の画像ながらのアップです。

2010年1月12日 (火)

本当のところは?

 自民党政権の時からそうだけど、国会議員が大臣などの要職に就くと、途端に金や色恋沙汰のスキャンダルがマスコミに浮上してくる。何故だろう。国の要人は清廉潔白でなければならないが、一介の議員のままならお目こぼしがあって許されているということだろうか。
 以前どこかで、官僚たちが議員の身辺調査を徹底的にやり、官僚機構に敵対するような状況になると、溜め込んでいたスキャンダル情報をマスコミにリークして、潰しにかかる・・・というような事を読んだか聴いたような記憶がある。そういう目で見ると、確かに官僚たちに甘い要人のスキャンダルは余り出てこないような・・・。本当のところはどうなんだろう。
 官僚による政治支配を、中世の中国王朝末期の宦官による政治支配とダブらせてみると、案外見えてくるものがあるのかもしれない。

2010年1月11日 (月)

今日の太陽 2010/1/11

100111_2849x4b
100111_2882x2b
100111_2889x2b
 今日は昼ごろから薄雲の切れ間に撮影することが出来ました。プロミネンスは見応えあるものは無く、黒点周りのプラージュに注目。Hαで撮影後、望遠鏡を交換して黒点観望に切り替えました。18倍の倍率ながら芥子粒を撒き散らしたような様子は見応え十分。写真のほうは十分なピントが出せずちょっと残念。データーに書き忘れましたが、アイピースはいつものVixenのLV20でした。

2010年1月10日 (日)

何気なく?

 私たちは普段無意識に、または意識的に口調を変えて話したり、文章を書いたりする。目上・上司・付き合いの浅い相手には「です・ます調」で、目下・部下・同輩・ごく親しい間柄では「だ・である調」で、といった具合だ。

 相手によって使い分けるのは経験によるものだが、丁寧に伝えたいときや、はっきり主張したいときにも、こういった使い分けをしているように思う。勝手な思い込みかもしれないが、表現が柔らかい「です・ます調」は敵を作りたくないとき。断定的な表現になる「だ・である調」は、伝えたい内容を明確に自己主張したい時。となるような気がする。

 たまに「です・ます調」と「だ・である調」の混在した文章に出くわすことがあるが、単に読み難いだけでなく、どんな読者を想定して書かれているのか明確でなく、なんとも居心地がよくない。その内容の如何にかかわらず書き手の思考力レベルを疑ってしまうことにすらなりかねない。

 当ブログではどうか。意識して使い分けるときもあるし、気にせず書いているときもある。要するに内容共々「きまぐれ」に、という状況である。ただ、ひとつの文章の中に「です・ます調」と「だ・である調」を混在させないということだけは明確に意識している。あるいは意識しなくても混在しない程度の訓練は出来ている、と。

 さて、今回のテーマはどちらの文体で書くのが妥当であっただろうか。

2010年1月 9日 (土)

今日の太陽 2010/1/9

100109_2817x42
100109_2828x2
 今日も賑やかに出ていました。休日に晴れてくれるのはありがたいことです。久しぶりにズームでも撮ってみましたが、ピントが甘くボケボケになってしまいました。未熟さを棚に上げ「2インチ8.5万画素の液晶モニタでジャスピンを出すのは無理」と、言い訳をしておきます。

朝の散歩で

Img_3052
 毎朝6時半過ぎに起きだしてすぐに、犬の散歩に出かけるのが日課になっています。ごくたまにカメラを持って出かけますが、シャッターチャンスにめぐり合うことはめったにありません。気まぐれに散歩途上の公園の枝打ちされた街路樹と、まだ灯っていた街灯を構図に撮ってみました。

2010年1月 5日 (火)

お宝探し 2010/1/5

 久しぶりに購入したキロボックスをゆっくり解体しています。ご存じない方のために一応解説しておきますと、学校や地域などで葉書や封書から使用済みの切手部分を切り取って回収するボランティア活動がありますね。ボランティア団体に集められたその切手は業者に売られ、売って得たお金が支援金やボランティアの運営資金になるわけですが、業者に渡った使用済切手は、箱などに詰められ、1キロ単位、10キロ単位で切手収集家に販売されるわけです。それがキロボックス、またはキロウエアと呼ばれるもの。
 10キロボックスなら約5~6万枚の切手が入っており、そのほとんどは本当にどうしようもない紙屑ですが、切手収集に関心の無い人たちから集められた使用済切手の中には、収集家にとっては思いがけないお宝が眠っている可能性があるわけです。お宝は収集家の守備範囲や関心の方向によってまちまちで、その収集家限定のお宝もあれば、収集家なら誰もが目を輝かせるような物も稀に出てくるようです。だからお宝探しなんでしょうね。
 今回解体中の箱からも、いくつかのマイナーなお宝が出てきています。マイナーなので誰もがほしがるような珍品ではなく、ちょっと面白いかなという程度ですが、たとえばこれ。自動消印機を通ったときに滑ったんでしょうか、丸型の機械印が楕円形に伸びています。滑って長く伸びた消印はローラー印ではよく見かけますが、丸消印でこんなに伸びた印影を見たのは初めて。しかもきれいに切手にかかっていて、郵便局名も日付もはっきり読め、普段でも見かけることの少ない沖縄の消印。という訳で私にとってはお宝になった次第。
Image2

2010年1月 4日 (月)

今日の太陽 2010/1/4

100104_2780x4
今日は画像でプラージュが確認できるも、眼視では黒点は見えず。カメラ側でシャープネス、コントラスト共に最大の+2にセットして撮影しましたが、ちょっとやりすぎたようです。コントラストはともかく、シャープネスは強くかけすぎるとコンポジットしても粒子の荒れが目立ちます。

2010年1月 3日 (日)

ダイダイ

Cimg8683
昨日、妻の実家の氏神神社に行く途中の木に生っていたもの。橙色のもと。放っておいても2、3年は実が落ちないところから、代々続くとの語呂合わせもあるとか。縁起の良い果実です。

2010年1月 2日 (土)

今日の太陽 2010/1/2

100102_2737x42
100102_2771x42
 元日は一部晴れ間はあったものの、結局「太陽のあるところ雲またあり」の状況で、今年最初の画像は本日となりました。プロミネンスも黒点も出ており「こいつぁ春から縁起が良いや」。
 1枚目はプロミネンス画像に光球面のプラージュ画像をコンポジット。実際の眼視ではこんな風に見えます。
 2枚目はちょっと時間をずらしたプロミネンス画像と、プラージュの中心あたりに出ている黒点画像をコンポジット。実際には黒点が見えるところまでコントラストを高めると、プロミネンスは見えなくなるので、厳密にはこれは嘘画像です。

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

 初日の出を撮りにいくかどうか迷いながら外を見ると、一面の雲り空。諦めてもう一眠りし、7時過ぎに犬の散歩に出る。30分ほどで帰り、朝刊を取り込むが、家人はまだ眠りの中の様子。
 リビングで新聞を見たりボリュームを落としてテレビを見たりしているうちに、8時を過ぎてようやく空が晴れ渡ってきた。初日の出こそ逃したが、これなら今年最初の太陽は元日に撮れそう。
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »