フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 天皇という名の囚人 | トップページ | 今日の太陽 2009/12/29 »

2009年12月29日 (火)

エゴイズム

 人間、エゴ(自我)を失くせばおしまい。しかし度が過ぎるとエゴイズム(身勝手)に陥り、人格を疑われることになる。
 最近、身の回りの出来事はもちろん、新聞テレビなどのマスコミで取り上げる大きなニュースを見ていると、どうもこのエゴイズムの蔓延ばかりが目についしてしんどくなってくる。
 例えば国家予算について。デフレによる景気の縮小により大幅な税収の減が予想される、そのために空前の国債発行額になるという。ここでマスコミは「将来に多額の借金を押し付けていいのか」という声を積極的に取り上げる。しかし事業仕分けのときは廃止・縮小を連発する仕分け人に対し「必要な予算を削るとは仕分け人は何も分かっていない」との声を積極的に取り上げていた。それぞれの予算は必要だといいながら、それをまかなうための借金は困るという言い分だ。これまで天下り役人が掠め取ってきたものを無くし、政治家の目に余る特権を廃止にしても、何兆円もの金が生まれるわけではない。借金をしないということは国民全体が我慢をしなければならないということだろう。その視点がまるで欠けていないか。
 例えば米軍基地について。沖縄に国内にある米軍基地の75%が集中している現実は、度々報道されている。誰もがこれでいいとは思っていない。しかし現在米軍基地を抱えていない都道府県で、沖縄の負担の一部でも受け入れようと手を挙げるところはひとつも無い。あの騒音被害や米兵による事件の報道を見れば、誰も引き受けたくないのは当り前だが、一方で日米安保条約は是認し、アメリカの軍事力に頼ろうとする姿勢。身勝手な親父を批判しながらも自立する気のないパラサイト・シングルという言葉が浮かんでくる。

« 天皇という名の囚人 | トップページ | 今日の太陽 2009/12/29 »

コメント

それぞれの人たちが、それぞれの立場で、それぞれの権益を主張するのは、当然のことで、致し方なきことと思います。わがまま、エゴイズムが強いと断を下してもせんなきことではないでしょうか。
人間なんて、しょせんはわがままな生き物の側面もあるわけですから。
このへんの調整をするのがリーダーとしての能力の見せ所ではないでしょうか。
「はい、あんた今回は辛抱して」「あんたのいうことはもっともや、今回はあんたの意見を取り入れよう」という具合に、あっちを押さえたり、こっちを伸ばしたりして、可能な限り不満を少なくし、納得の行く人を増やす。これがリーダーの仕事ではないでしょうか。
私は、このたびの政権交代を喜んでいますが、鳩山さんには、この能力に欠けているように思いますね。

雫石さん
 早速にコメントありがとうございます。
 リーダーシップについては、まったくその通りだと思います。また、鳩山さんにについても仰るとおり。かつてのどこぞのお大名のように「良きに計らえ」で済ませてきたお坊ちゃんなのでしょう。
 かつて日本人は外国人に比べ自己主張が足りないといわれてきましたが、それはまた日本人同士の間では謙虚さであったり、相手を思いやる美徳とされてきたものですよね。今はそれが見る影もない、ただただ互いに自己の身勝手を主張しあうばかりのように見えてしまいます。
 自己主張はしても、相手の意見や立場もちゃんと尊重し、互いに譲れるところは譲る、というのが節度ある態度だと思うのですよ。
 もともとみんなエゴイスト、といってしまえばそれまでですが、そんなぎすぎすした世の中をみんな望んでいるのですかねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/47143080

この記事へのトラックバック一覧です: エゴイズム:

« 天皇という名の囚人 | トップページ | 今日の太陽 2009/12/29 »