フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

今日の太陽 2009/12/31

091231_2680x4_2
091231_2690x4_2
091231_2665x2_2
091231_2713x2_2
 今年最後の太陽画像、気前よく4連発です(笑)。
 プロミネンスも黒点も出ていたので、条件を変えて撮ってみたのですが、まだ太陽高度が低いせいで、北側と南側に光度差があり、光球面の画像をうまく切り取り合成処理できず。で、思い切ってプロミネンス側の画像のみで大胆なトーンカーブ処理をしたのが1枚目。これではプロミネンスのディティールがほぼ潰れてしまっているので、プロミネンスに限って処理したのが2枚目。光球面を撮って黒点とプラージュを描出したのが3枚目。さらにミニボーグとソーラーフィルターで黒点を撮ったのが4枚目です。
 今年1年、拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。来年もマイペースでのUPになりますが、どうかよろしくお付き合いお願いします。

2009年12月29日 (火)

今日の太陽 2009/12/29

091229_2615x4b
 ここ数日は晴れても午後遅くからで、写真を撮るに至っていませんでしたが、今日は朝から上天気。というわけで久々にお日様と間近でご対面となりました。9時の方向と、ちょっと薄めですが7時の方向に、どちらも数本のプロミネンスが派手に出ていました。また、この画像には写っていませんが、コントラストリングを若干回すと4時の方向にもプロミネンスの薄い塊が見えました。

エゴイズム

 人間、エゴ(自我)を失くせばおしまい。しかし度が過ぎるとエゴイズム(身勝手)に陥り、人格を疑われることになる。
 最近、身の回りの出来事はもちろん、新聞テレビなどのマスコミで取り上げる大きなニュースを見ていると、どうもこのエゴイズムの蔓延ばかりが目についしてしんどくなってくる。
 例えば国家予算について。デフレによる景気の縮小により大幅な税収の減が予想される、そのために空前の国債発行額になるという。ここでマスコミは「将来に多額の借金を押し付けていいのか」という声を積極的に取り上げる。しかし事業仕分けのときは廃止・縮小を連発する仕分け人に対し「必要な予算を削るとは仕分け人は何も分かっていない」との声を積極的に取り上げていた。それぞれの予算は必要だといいながら、それをまかなうための借金は困るという言い分だ。これまで天下り役人が掠め取ってきたものを無くし、政治家の目に余る特権を廃止にしても、何兆円もの金が生まれるわけではない。借金をしないということは国民全体が我慢をしなければならないということだろう。その視点がまるで欠けていないか。
 例えば米軍基地について。沖縄に国内にある米軍基地の75%が集中している現実は、度々報道されている。誰もがこれでいいとは思っていない。しかし現在米軍基地を抱えていない都道府県で、沖縄の負担の一部でも受け入れようと手を挙げるところはひとつも無い。あの騒音被害や米兵による事件の報道を見れば、誰も引き受けたくないのは当り前だが、一方で日米安保条約は是認し、アメリカの軍事力に頼ろうとする姿勢。身勝手な親父を批判しながらも自立する気のないパラサイト・シングルという言葉が浮かんでくる。

2009年12月23日 (水)

天皇という名の囚人

 本日は天皇誕生日。先ずはお誕生日おめでとうございます。健康と家庭円満でこの日を迎えられてなによりです。
 で、つい最近の民主党幹事長の発言を思い出して、タイトルのフレーズが思い浮かんだ次第。思えば大和朝廷発足当時の天皇の直接支配の時代と、明治維新後のわずかな期間を除けば、天皇(あるいは天皇制)はいつの時代も、時の権力者に都合よく利用されるだけの存在だったように思います。陰の実力者小沢氏に操られる鳩山首相のような、とでも言いますか。
 民主的国家に本当に天皇制が必要なんでしょうか。国の象徴は日の丸や富士山や桜で十分なのでは? 姓を奪われ戸籍も自由も無く、ただ時の政府の意のままに行動を縛られ、本音を公にすることも叶わず。まだしも刑に服している囚人の方が人権が守られているような気さえします。皇居とは国民監視の巨大な刑務所ですか?
 天皇はじめ皇族方たちを、もうそろそろ天皇制という縛りから開放してあげてはどうでしょう。

2009年12月20日 (日)

今日の太陽 2009/12/20

20091220_2582x4b
20091220_2595b
 今日は朝から上天気。というわけでいつもの太陽望遠鏡を早速出したところ、昨日見た黒点が今日も確認できたので、引き続きミニボーグ+ソーラーフィルターでも撮ってみました。やはり黒点はこちらの方が鮮明で分かりやすいですね。

2009年12月19日 (土)

今日の太陽 2009/12/19

20091219_2555x4b

 昨日、残業を早めに切り上げて帰ったので、朝から半日穴埋めの休日出勤。昨日に引き続いて風が強く吹く寒い1日です。2時すぎから、流れる雲の合間を狙って望遠鏡を向けると、久々に眼視サイズの黒点が出現していました。

2009年12月12日 (土)

郵便局ミステリー顛末 2009/12/12

 電話での問い合わせでは埒が明かなかったので、メールにて問い合わせたところ事情が分かりました。今年9月に郵便局の統合があり、その時点で使用が廃止になったとの事でした。
 だったら何で返送の際にそう書かなかったんだろう。「風景印の備えつけが無いので押せない」ではなく、「他の局と統合したので使用停止になった」と書けば、それで済んだものを。

郵便局ミステリー 2009/12/12

Jpntt_2
 城の風景印を収集し始め、資料を基に各地の郵便局・郵便事業会社に押印の郵便依頼(郵頼)をしています。名刺サイズの台紙に50円切手を貼り、その下に風景印を押して送り返してもらうよう、返信封筒を添えて送るわけです。これまでのところ100近い郵便局に郵頼し、数局を残して順調に返って来ています。
 ところが大阪のひとつの郵便局だけ、風景印の備えつけが無いとして返送されてきました。事前に資料を確認して郵頼しているので、無いわけが無いだろうと「ゆうびんホームページ」の「お客様サービス相談センター」なるところに電話問合わせしたところ、しばらく待たされた挙句そんな名前の郵便局はこちらでは確認できなかったとの回答。
 風景印が無いといって送り返してきているんだから、存在していないわけが無いだろうと、念のためヤフーの地図サイトで調べると、ちゃんと載っているではないの。
 郵政事業は民間になってサービスが向上したか、こんなことひとつとっても大きな疑問符が付きますね。おーい、一体どうなってるの?
Pri_20091212115040

2009年12月 6日 (日)

今日の太陽 2009/12/6

091206_2537x4b
 太陽が昇るにつれて、その周りに雲が集まりだし、コンディションが良いとはいえません。厚い雲が来る前に取り急ぎ薄雲越しに4枚撮るのが精一杯で、今回は太陽面用の1枚は撮れませんでした。眼視ではごく淡くしか見えなかったプロミネンスが、画像処理で何とか見えるところまで持ってこれたのは収穫。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »