フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2009/11/21 | トップページ | 今日の太陽 2009/12/6 »

2009年11月28日 (土)

事業仕分け終わる

 事業仕分けが終わりました。洗い出された内容や金額が妥当かどうかは意見の分かれるところですが、先ずは仕分け人の方々にお疲れ様でしたとねぎらいの言葉をかけたいと思います。切り込めば予算を削られる側から反発が出るし、切込みが浅ければ単なるパフォーマンスと批判が出る、どちらに転んでも割に合わない憎まれ役を堂々とこなされたことに敬意を表します。
 天体観望を趣味のひとつとし、自然科学が好きな私にとって今回象徴的に思えたのが、科学分野の予算縮減とそれに反発する科学者たちの想いです。科学技術は将来への投資であり資源の少ない日本にとって生命線のひとつです。文化事業と共に目先の損益で判断すべきものではないと思います。しかし、年間3万人もの自殺者を出し、明日の見えない低所得の庶民層にとって将来とは何でしょう。
 「何の役に立つか分からん、科学者の趣味のような研究に何百億もの研究費を出すより、今日の貧困対策にまわすべし」と、科学に興味が無ければ私もそう思ったかも知れません。
 日本にとって基礎研究がなぜ必要なのか分かりやすく説明せずに、予算が付いて当り前という傲慢さが科学者の側にもあったのではないでしょうか。これを機会に議論と理解が進むことを期待します。
 それにしても失望したのが自民党議員の態度。昨日まで責任与党と自負しながらも今日の状況をもたらした、その責任を棚に上げての批判は失笑もの。共に泥を被るつもりで仕分けに参加表明するか、党独自の視点で平行して仕分けをしてみせるパフォーマンスがあれば、自民党も変わったなと多少は見直せたのに。

以上は今日、京都新聞に投稿した原稿に加筆修正したものです。掲載されるかどうか・・・。

« 今日の太陽 2009/11/21 | トップページ | 今日の太陽 2009/12/6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/46878919

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け終わる:

« 今日の太陽 2009/11/21 | トップページ | 今日の太陽 2009/12/6 »