フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« in Okinawa 2009 part3 | トップページ | in Okinawa 2009 part5 »

2009年8月 5日 (水)

in Okinawa 2009 part4

 星と首里城の夜景が撮れて、満足のうちにホテルに戻る。約1時間30分の行程であった。同部屋の2次会組みの2人がまだ帰っていなかったので、これ幸いにベッドにもぐりこみ就寝。ところが2時ごろに2次会組みが戻ってきて、部屋の明かりはつけるわ大声でしゃべるわで、いっぺんに起こされてしまった。明かりはまもなく消えたが、すぐに猛獣の咆哮を連想させるような大鼾が始まった。この同僚の鼾には毎回悩まされ、泊りがけの旅行では睡眠不足になるのを覚悟しておかねばならない。
 途中で起こされたうえでの鼾ではもう寝られない。30分ばかり寝返りを打ち続けたあげく、暇つぶしにと買っていたナンプレのクイズ本を持ってロビーに避難。ここでさらに30分ほど時間をつぶして、頭も眼も朦朧としてきたところで部屋に戻る。奇跡か、なんと静かな寝息になっているではないか。普段寝つきの悪い私だが程なく深い眠りへと落ちていた・・・。
 明けて沖縄2日目。この日は観光タクシーを予約しておいて、ちゅらうみ水族館を観光のメインに、東南植物楽園や観光パイナップル園などをまわることになっている。自由度の高い観光ツアーといった内容なので、取り立てて面白いハプニングは起きないだろうし、実際のところスムースにメニューをこなしていったと言えるのではないか。ただ、「パイナップル食べ放題」がウリの観光パイン園では、植物園の観賞そっちのけで、一目散に食べ放題コーナーに突進していった同僚たちにしばし絶句。写真を撮ることに気を取られている内に、私を含む3名を残してみんな消えてしまうんだから・・・。
Okinawa07
Okinawa08
Okinawa09
Okinawa10

 

« in Okinawa 2009 part3 | トップページ | in Okinawa 2009 part5 »

コメント

書き込み有難う御座いました。(レスは当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

社会人になってずっと海外関係の仕事をしているのですが、そもそも英語を使う業務が苦痛で堪らない。唯、海外関係の部署で個人的に良い点は、社員旅行が無い事。それ程、社員旅行には抵抗の在る自分ですけれど、沖縄旅行というのは良いですね。

10年程前に初めて沖縄を旅しました。学生時代の友人で、沖縄に魅せられて何度も訪問している者が居り、飲んで話をする度に「沖縄は良いよ。」と聞かされ続けていたので、「そんなに良い場所なのか?」という思いで訪れた次第。いやあ良かったです(笑)。先立つ物が無い為、それ以降は沖縄に行けていませんが、国内では一番行きたい場所かもしれません。

昔は慰安旅行と言いましたね。娯楽の少なかった時代に、会社の費用で旅行に行けるのは、確かに福利厚生として良かったのだと思いますが、これだけ個人旅行が盛んになった時代には、合わない面もありますね。
ま、これも親睦と言う名の仕事と割り切れば、それはそれで意味のあることで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/45846116

この記事へのトラックバック一覧です: in Okinawa 2009 part4:

« in Okinawa 2009 part3 | トップページ | in Okinawa 2009 part5 »