フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

京都・岡崎の桜

2008/3/29 EOS40D

 京都・岡崎界隈に桜を撮りに行ってきました。五分咲きから八分咲きの風情で、イメージしていたより少しさびしい状態でしたが、来週はもう散り始めているかもしれませんね。

 蹴上から夷川ダムまでの疏水を運行する「岡崎桜回廊」の十石舟も、この日から運行開始。新調された舟は1時間待ちの人気でした。

080329img_0258

080329img_0267_2 080329img_0279_2

2008年3月23日 (日)

春の日に

2008/3/22 EOS40D

 愛犬との朝の散歩で見かけて、いいなと思ってカメラを持ち出しました。もともと紅梅だったのに色が褪せてきて薄桃色に。桜の開花はもう少し先のようです。

080322img_0222_3

2008年3月20日 (木)

アーサー・C・クラーク亡くなる

2008/3/20 EX-P505

 昨日、仕事を終えて帰宅し広げた夕刊で、アーサー・C・クラークの訃報に接しました。私が最も好きなタイプのSFを最も多く書いてくれた作家です。享年90歳でした。

 一般には映画「2001年宇宙の旅」の原作者としての方が知名度が高いかもしれませんが、私にとっては「銀河帝国の崩壊(のちに加筆して「都市と星」と改題)」や「幼年期の終わり」の方が先に浮かんできます。ハードな長編だけではなく、例えば「白鹿亭奇談」シリーズのような軽妙洒脱な短編も多く残してくれました。

 もう40年ほども前になりますが、日本でSF作家会議なるイベントが開催され、来日していたクラーク氏にサインを求めたときの事。会議に参加していた作家諸氏に色紙にサインしてもらった後、どうしてもクラークだけのサインが欲しくなったが、あいにく色紙は1枚だけ。思わず色紙を裏返して差し出したところ、「もう、表にサインしているよ」と怪訝な顔をしながらも、快く求めに応じてくれました。

 SF作家の最高峰の一人といって間違いないと思いますが、ファンを大事にする気さくな人柄も印象に残っています。この色紙は一生の宝物です。

080320cimg5393_2  

 

 

 

 

 

 

 

  

080320cimg5394_3 

 

 

 

 

 

 

 

 この記事に関連して、友人の下記のブログの記事もお読みいただければ幸いです。

http://blog.goo.ne.jp/totuzen703/e/6871f4f8f1612e095ee60ae178778b65

2008年3月16日 (日)

冬の王者

2008/3/11 EOS40D

 3月も半ばになると9時ごろの夜空は春の星座が東から天頂あたりを占め、冬の星座は西に舞台を移しています。全天1の輝星シリウスは、まさに去りゆく冬の王者といった風情でしょうか。近くの小学校校庭にて。

080311img_0204

2008年3月 2日 (日)

梅まつり

08/03/02 EOS40D

 城陽市には府内最大の梅の産地、青谷梅林があります。2月から3月にかけて「梅まつり」が催されるのですが、今年初めて出かけてきました。寒い日が続いたせいか、まだ3分咲きくらい。

Img_0119080302

Img_0133080302

2008年3月 1日 (土)

入院中のクリスマス会

07/12/21 EX-P505

 昨年末に腎臓癌の摘除手術を受けるため、京大病院に入院しましたが、入院中に迎えたクリスマス・イヴに院内で催されたコンサート風景。

 病院内にある院内学級の児童・生徒による手作りコンサートでした。アメイジング・グレイスも聴けました。

Cimg5192071221

Cimg5193071221

Cimg5200071221

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »