フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

2017年3月23日 (木)

これは何でしょう

Photo_2

自身、画像処理しての第一印象は爬虫類の皮膚の表面、でした。

で、正体は、ツルニチニチソウ。

Photo_3

庭に生えているこの蔓植物の葉の表面です。

光を通さない厚みのあるものなので、例によって葉の表面に木工ボンドを薄く塗りつけて1日放置。

観察しやすいサイズにカットし、乾いて透明になったボンドをピンセットでゆっくりはがし、プレパラートに。

X40

それがこれ。

部位やピントの位置、倍率によってさまざまな模様が現れます。

X100a

X100c

X100b

X400a

X400b

自然の造形にはいつも感動させられます。

2017年3月21日 (火)

蔵出し

「蔵出し」という言葉には異なった2つの意味があるようです。

ひとつは秘蔵品として大事に蔵に仕舞い込んでいたものを、特別な用途で蔵から出すこと。

もうひとつは表には出せない不良品や死蔵品だが、やむを得ない事情で蔵から出すこと。

で、今回の場合はどちらかと言えば後者。

撮影の時から今一つのコンディションで、画像処理しても期待できそうにないので撮りっぱなしでパソコンに眠らせていたものを、ネタが尽きたので引っ張り出してきました。

170312139

ほぼ満月状態でピントの山がつかめず、ティコのあたりも飽和してしまっています。

170317

四大衛星のうちカリストは遠く離れて収まりきれないのは承知だったので、これはまあ不満という訳でもなく。

170317_2

透明度が悪かったのか、今一つ模様がはっきり見えずピントもつかみづらかったのと、撮影中は大赤斑が見えていなかったのですが、こうして画像処理してみると正面あたりにあるのがなんとなくわかりました。

ガリレオ衛星もうっすらと見えているので、これはぎりぎり及第点にしておきます(笑)。

2017年3月20日 (月)

今日の太陽 2017/3/20

晴れていますが白っぽい青空です。

170320ls

小さなプロミネンス、ダークフィラメントが見られますが、全体におとなしいお天道さん。

相変わらず黒点は見えません。

これから天気は下り坂だそうです。

そろそろパソコン内に放置の動画をなんとかしなければ・・・。

2017年3月18日 (土)

月齢9.9のお月さん(2)

朝のうちは青空快晴だったのに、時間とともに白く濁った快晴に。

太陽観望では黒点見えず、プロミネンスも目立つものなしで撮影に及ばず。

前回3月8日のお月さん拡大画像の続きです。

170308221299

右端真ん中の目立つクレーターがティコ、その下の大きなクレータがクラビウス。

170308221599

真ん中より上が雲の海、双子のようなクレーターを挟んで左下が病の沼。

170308221799

雲の海の目立つクレーターがブリアドルス、中央付近が既知の海、真ん中にリフェウス山脈。

170308222099

リフェウス山脈の上が島の海、目立つクレーターがコペルニクス。

170308222399

コペルニクスの上にカルパチア山脈、さらに上に広がるのは雨の海。

以上が3月8日撮影の欠け際付近の画像でした。

昨晩は23時ごろに木星を撮ってみたんですが、撮影中から今一つの映像状態だったのでまだパソコンの中に放置したままです。

しばらく寝かせて熟成させればいい仕上がりになるかなあ(苦笑)。

2017年3月17日 (金)

今日の太陽 2017/3/17

ようやくの晴れ。

170317b

無黒点が続いています。

170317ls

プロミネンスも小さなものがちらほら。

お天道さんにはまだ春が来ていません。

2017年3月16日 (木)

3月8日 月齢9.9のお月さん(1)

3月8日、木星の前に撮っていたお月さんです。

17030899x14stitch

残念なモザイクになっていました(苦笑)。

でも欠け際はカバーできているので良しとしましょう。

ここからは拡大の1枚ものです。

170308213699

雨の海と虹の入り江付近です。

170308213999

雨の海に隣接の目立つクレーターはプラトー、その右には氷の海。

170308214299

氷の海とアリストテレス、エウドクソス

170308214599

氷の海の端から右方向に暗い円はエンディミオン、その右はフンボルト海・・・だと思います。光条の中心の明るく小さなクレーターの名前はちょっとわかりませんでした。

つづく。

2017年3月14日 (火)

3月8日の木星

日曜日の夕方からお天気が優れません。

なので3月8日に撮った蔵出し画像です。

170308

焦点距離1500mmではPCカメラでも惑星撮影には物足りません。

170308_2

かと言って3倍バローを使うとシーイングの影響がモロに出ます。

性能のいい2倍バローが欲しいけど、先立つものがありません(苦笑)。

170308_3

よく見ると、元画像に木星の向こうから現れたイオが、瘤のように写っていました。

2017年3月12日 (日)

今日の太陽 2017/3/12

薄雲の広がる晴れ。

今日は出かける予定があったので、9時になる前の観望と撮影にしました。

170312ls

西の端のプロミネンスがまだ頑張っています。

黒点は今日も出ていない様子。

画像処理まで済ませて出かけた先は、最近の天体観望の拠点五里五里の丘。

今日はここでスプリングフェスタがあります。

Img_3895

バンド演奏あり、

Img_3901

それを遠巻きで見る観衆あり、

Img_3899

出店あり、

Img_3904

ミニ新幹線あり、

Img_3905

パラグライダーの体験あり(子供限定でした)、

Img_3911

屋台あり、

Img_3921

フラダンスあり、

Img_3917

城陽市のキャラクターじょうりんちゃんと、京都府のキャラクターまゆまろも。

で、ここ五里五里の丘で収穫したお米を使った、先着600食の振る舞いカレーライスをちゃっかり頂き、山天同好会の例会に移動。

ちなみに、文化パルク城陽の周辺では市民マラソンがあって、周辺の道路に交通規制がありました。なのでちょっと遠回り。

いや~忙しい1日でした(笑)。

2017年3月11日 (土)

今日の太陽 2017/3/11

職場で仕事中、天井から吊り下げられた蛍光灯がゆっくり揺れて・・・あれから6年。

天気予報では昼から晴れのはずが、雲が一向になくならない。

そういえば、あの日テレビ画面の向こう側に見えていたのも、こんなどんより重苦しい空だった。

6年経っても、天災・人災から逃れた人たちに、世間からのさらなる人災が続いている一方、地位や名誉を重んじるはずの政治家や教育者が、破廉恥なことを行いながら、平然と嘘をつき言い逃れをするばかりで、真実には口をつぐんでいる様子。

これではいくら建前で道徳を説き、優秀な民族だから誇りを持てと言っても、良心があるなら子供たちに顔を上げられまい。

・・・。

170311ls

昨日のプロミネンスの名残が見えています。

雲と蜘蛛の巣電線の隙間で撮りましたが、今日はどちらの影響も受けてしまいました。

空も気持ちも重い1日です。

2017年3月10日 (金)

今日の太陽 2017/3/10

昼を過ぎて晴れ間が戻ってきました。

観望では気付かなかったけれど、画像を見ると太陽周りにはまだ少し薄雲があるようです。

170310ls

西端のプロミネンスが直ぐに目に飛び込んで来ました。

layout3さんの言っていた「プレゼント」が早速あったようです(笑)。

それとも、かひちやうさんの忠告でお天道さんが早速健康診断を受けたのかも(笑)。

«今日の太陽 2017/3/9