フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

2017年4月24日 (月)

今日の太陽 2017/4/24

引き続き快晴。

170424b

成長も消滅もせず、小さいままの黒点が西に移動中。

170424ls

昨日注目のダークフィラメント、今日はあっさり消えていました。

かひちやうさんのコメントへの返事で、西端まで持ちそうと書いたのに、立場あらへんやんか!(苦笑)。

2017年4月23日 (日)

今日の太陽 2017/4/23

昨夜からの快晴が続いています。

170423b

予想通り次の黒点が出現していましたが、これも予想通り半月前のものが減衰している状態だと思います。

170423ls

小さなプロミネンスが東側のあちこちに出ていますが、11時方向のダークフィラメントがひときわ目を惹いています。

2017年4月20日 (木)

今日の太陽 2017/4/20

早朝の快晴が時間とともに白く濁ってきました。

これはうかうかしていられないと早めに撮影開始。

170420b

黒点がはっきりしてきました。

170420ls

プロミネンスも引き続き活発です。

この後は土曜日か日曜日までお預けになりそう…。

2017年4月19日 (水)

今日の太陽 2017/4/19

真上を見上げると、東に流れる層、南に流れる層、北に向かう層と、何層にも重なった雲が複雑に動いています。

2_2

太陽方向はさらに厚い雲。

1_2

望遠鏡を設置してしばらく待つと、ようやく晴れ間が近づいてきました。

170419

東に黒点が出ています。今月の初めごろに西に消えて行ったものが一回りしてきたのでしょうか。

170419ls

同じく東側に目立つプロミネンスも現れていました。

太陽撮影自体はほんの短時間ですが、雲が去るのを待つ忍耐が必要です(苦笑)。

2017年4月18日 (火)

2匹目のどじょうを狙いましたが・・・

前夜の大赤斑GETに気を良くして、翌日の14日夜も木星を狙ってみました。

しかし、この夜は裏庭で大赤斑の見える時間帯ではなく、しかも日中から白っぽい空で、多くは期待できないのは承知の上の撮影。

先ずはいつものようにガリレオ衛星から。

170414

4つとも木星の近くに集合でフレーム内に収まりました。

170414_2

前日のブログでおりおんさんから頂いたコメントではありませんが、大赤斑が「あるとき~、ないとき~」でずいぶん見栄え印象が変わりますね(苦笑)。

上の画像でも本体に近いガニメデとイオは見えていますが、もう少しコントラストを上げてエウロパとカリストも分かるよう浮かび上がらせてみました。

170414b

その分、木星の縞々がカリカリに仕上がってしまいました。

こんなコンディションなので、3倍バローの拡大撮影は残念ながら断念。

2017年4月17日 (月)

4月13日は大赤斑でした

JR大回りをした日は裏庭から木星の大赤斑が見える夜でした。

天気は良いし風もない夜だったので、昼間の勢いそのままで機材を持ち出し撮影。

先ずはガリレオ衛星から。

170413x135

3つまでは入りましたが、カリストは木星の右の方向、ガニメデより少し離れたぐらいのところにあり、収まりきれませんでした。

170413

でも、木星本体に露出を合わせて撮った内の1枚に、たまたまカリストも。

暗いのでコントラストを上げて描出しています。

170413x194

気流も透明度も良い条件がそろったらしく、木星本体も思っていた以上に良い結果が出ました。

なので、思い切って3倍バローでも。

1704133

これまでで一番だと自画自賛しています(笑)。

2017年4月16日 (日)

今日の太陽 2017/4/16

すっきりしない晴れです。

170416b

無黒点に戻ってしまいました。

170416ls

3時方向と10時方向のプロミネンスが目につく程度。

南側のダークフィラメントが気になりますが、全体にすっきりそっけない太陽です。

2017年4月15日 (土)

JR大回りの旅 ~本編

お待たせしました。

長池駅から大回りの旅の始まりです。

3

乗車中や乗継待ちの退屈しのぎに、肩掛けバッグにナンプレの冊子を入れていたのですが、出発駅の駅名看板を見て停車駅ごとにこの看板を撮って行こうと閃きました。

が、これが間違いのもと。

駅ごとに停車位置と看板の位置が異なり、乗降客の邪魔にならないよう気を付けながら、車両内を右往左往、席を温める暇がありません。

全行程79駅のうち、快速や新快速電車も使ったので通過駅が14駅ありましたが、それを除く65の停車駅で撮影出来なかったのは2駅、草津線の寺庄駅と奈良線の宇治駅だけでした。

なので乗継駅の看板だけをとりあえずアップしていきます。

4

最初の乗継は、学研都市線のターミナル駅であり、奈良線、関西本線、大和路線の合流するハブ駅でもある木津駅。

5

8_2

加茂駅から西は大阪まで6両ないし8両編成ですが、東は亀山駅まで、1両または2両編成のワンマンカーになります。

6

加茂駅では乗継に時間の余裕があるので、ホームから駅舎を撮影。

7

唯一の自撮り写真(笑)。

10

柘植駅は草津線のターミナル駅で関西本線との乗換駅。

Img_4155

実はここが時計回りから反時計回りに変更することになった原因の駅。

時計回りでは乗り継ぎ時間2分の間に跨線橋を渡って別のホームまで移動する必要がありましたが、反時計回りでは降りたホームの向かい側から草津線に乗り換えできます。

しかも乗継時間はたっぷり23分! 何でこういう時間割なのか?

少し遅い昼食をここで取りました。

21

柘植では撮り忘れましたが、草津線の電車です。

11

琵琶湖線の主要駅で草津線のターミナル駅でもあります。

今回の大回りで乗継駅で改札の内側に売店があるのは、ここと米原駅、京都駅だけでした。

当初はここで新快速に乗る予定でしたが、駅名看板を撮る目的ができたため、21分早い発車の各停に乗り米原へ。

12

米原駅は当初予定では乗り継ぎ駅ではなく、乗降客が少なくなる北方面対策で連結を短くするための切り離し待ちがあるだけでしたが、米原止まりの各停に乗ったので結果的に乗継駅になりました。

缶ビールの贅沢を味わいつつ、草津で乗る予定だった新快速を待つことに。

13

滋賀県の最高峰、伊吹山には雪が解け残っています。

14

近江塩津駅は滋賀県最北端の駅です。

滋賀県最南端の駅が柘植駅のひとつ北にある草津線甲賀駅なので、JRの南北縦断を果たしました(笑)。

琵琶湖線は琵琶湖の東側を走りますが、ここで西側を走る湖西線に乗り換えます。

15

近江舞子から新快速になる姫路行の車両。

Img_4217

近江今津駅では、米原とは逆に乗降客の増える南方面対策で、車両を増やす連結待ちで約9分。

16

京都駅に到着が17時前。

観光客に加え、下校の学生や花金の仕事帰りの会社員が増え始め、ホームは人でごった返していました。

17

奈良線のホームにたどり着くも、みやこ路快速は満員状態で、停車駅の駅名看板を撮る余裕などありません。

18

無事、城陽に帰りつきました。

途中1度も検札に合うことなく、自動改札機に乗車券をすべり込ませて、7時間を超えたJR大回り終了。

19

自宅までの徒歩15分を、余韻を味わいながら帰りました。

めでたしめでたし・・・でも疲れた~(苦笑)。

*****

エピローグ

駅名看板、一応撮れたものの、撮影場所が遠かったり位置が悪かったりで、ちょっと残念なものもありました。

20

関西本線佐那具駅

停車側のホームでは位置が悪く、向かいのホームのものを撮りましたが・・・。

22

草津線石部駅

後ろの車両まで移動しないと撮れない位置。すぐドアが閉まるので無理。

Img_4214

湖西線永原駅

望遠ズームの端(135mm)でとってもこれじゃ遠すぎる。

Img_4235

奈良線東福寺駅

読めないことはありませんが・・・時計の表示で鉄道ミステリーのアリバイの証拠に(笑)。

駄文にお付き合いありがとうございました。

2017年4月14日 (金)

JR大回りの旅 ~プロローグ

と、その前に今日の太陽 2017/4/14。

空全体が薄曇りしています。

170414b_2

自転による黒点の移動以外変化なし。

170414ls

あちこちに細やかなプロミネンスが出ています。

南端近くのダークフィラメントがちょっと気になりますね。

・・・・・

さて今日の本題。

「JR大回り」のことを知ったのは何年も前の山天例会の時でした。

会員さんに「鉄ちゃん」がいてそんな話題が出たのですが、その時はまだ興味が無く聞き流していましたが、最近になって急に興味が湧いてきて調べてみました。

鉄道に関心がある人はすでに知っておられるだろうし、ネットで調べればいくらでも情報がアップされているので、ここでは簡単におさらいだけ。

東京の山手線や大阪の環状線のように一回りして元の駅に戻ってくる線路の場合、隣の駅までの一駅分の切符を買って1周して一駅手前で降りれば、違法乗車にならないというのが「JR大回り」の大前提。

ただし、これは路線の複雑に入り組んだ大都市とその近郊だけの特例であり、他にも同じ駅を2度通過したり戻ったり改札を出たらその時点でアウト、などルールがいくつかあります。

今月に入ってネットの路線案内などを調べて立てたのが、奈良線-湖西線-琵琶湖線-草津線-関西線-奈良線と経由して、出発駅の一つ手前の駅に戻ってくるというものです。

最初は時計回りの計画を立てたのですが、1時間に1本のローカル駅での乗り継ぎ時間が2分。しかも跨線橋を越えて別のホームに移動しなければならないことが分かって、普段から運動不足の身には厳しいと考えて断念。

乗継に間に合わなくて次の電車まで1時間も待つのは嫌だし、急いで走って階段で転んでは楽しい思い出にはならないし(苦笑)。

調べ直してみると、逆回りだと所要時間が少し増えるけれど、乗継で急ぐこともなく回れることが分かり、いつ実行するかの段階に移行。

当初予定は今週の月曜か火曜でしたが、あいにくの嵐のような天気になってしまったので、久しぶりに晴れた昨日の出発と相成りました。

朝、太陽撮影を済ませてから、カメラだけを持って家を出発。

最寄りの城陽駅ではなく、奈良方向に一駅隣の長池駅まで徒歩で約30分。途中のコンビニで昼食用におにぎりとお茶を買い、各停しか止まらない長池駅に到着。

Img_4121

2年前に建て替えられて立派になった駅舎です。

Photo

券売機にて一駅分の切符を買いました。

普通ならこれで城陽駅まで約3分乗っておしまいですが、いよいよJR大回り初体験、約7時間の旅の始まりです。

で・・・この後たくさんの写真がありますので、本編は明日に譲るという事で・・・。

2017年4月13日 (木)

今日の太陽 2017/4/13

1週間のご無沙汰でした。

170413b

東側に極小の黒点がポツンと有るきりで、すっきり寂しい太陽に戻っていました。

170413ls

プロミネンスもほとんどありません。

1週間ゆっくり休んだので、そろそろ元気を出してくださいって(笑)。

今日は、この太陽画像を撮った後、JRの大回りをしてきました。

140円の運賃で、乗継待ちの時間も含めれば約7時間の電車の旅でした。

面白いけれど疲れました。

詳細は明日ご報告という事で・・・。

«ミクロ・ワールド サクラ