フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

2020年1月23日 (木)

星座を作る星77 ふたご座ガンマ

2泊3日で沖縄観光に行ってきました。
べた曇りの伊丹から出発して着いた那覇もべた曇り。
出発前日の予報では2日目には晴れとなっていたのに終日べた曇りのまま。
3日目は早朝から快晴になった那覇を正午に発って、ほぼ曇りの伊丹に帰ってきました。
晴れたら星景写真でも、との目論見は完ぺきに外れ(苦笑)。
翌日の週間予報では、このさき冬なのに梅雨のような天気が続くと・・・。
そして今日は雨。
 
星座を作る星77回目は、ふたご座γ星アルヘナ。
フラムスティード番号24
距離約105光年
眼視等級1.9
絶対等級-0.7
スペクトル型A 白
半径4.4R
質量2.8M
光度160L
表面温度約9,200k
_191224x21_20200123095401
分離して観測できなくても分光スペクトルの観測により連星であることを検出できるという「分光連星」のひとつ。
主星はA型の準巨星で、伴星のほうは太陽と同じG型で質量もほぼ同じ。
伴星は約8.5au離れた離心率の高い軌道を12.6年周期で公転しています。
Photo_20200123095601

2020年1月18日 (土)

今日の太陽 2020/1/18

晴れたり曇ったりで今日もすっきりしない天気ですが、長らく撮影していないので強行突破。
200118b28
お天気とは裏腹に太陽表面は今日もすっきり。
200118ls27
Hα光の方は薄雲の影響ありあり。
8時方向に何やら大きなアーチがかかっているようですが、薄雲フィルターで判然としません。
200118ls
いつもの奥の手で処理すると、粗くはなりましたが少しは分かりやすくなったかな。
1時方向に小さなダークフィラメントも見られます。
強行突破の価値はあったようです(笑)。

2020年1月16日 (木)

星座を作る星76 うさぎ座ベータ

このところ早朝は晴れていても、太陽が観望や撮影できる高さに来る頃には雲が広がってしまう、といった日が続いています。
活動が大人しいので何が何でも撮影、という気持ちになれないのも確かですが(苦笑)。
 
星座を作る星76回目は、うさぎ座β星ニハル。
フラムスティード番号9
距離約160光年
眼視等級2.8
絶対等級-0.6
スペクトル型G 黄色
半径16R
質量3M
光度165L
表面温度約5,200k
_191224x19
β星ニハルはうさぎの前足の肘にある、太陽と同じG型の超恒星です。
固有名のニハルが、アラビア語の「のどの渇きを癒しはじめたラクダたち」からきているというのは、なんだか愉快ですね。
Photo_20200116133201

2020年1月13日 (月)

今日の太陽 2020/1/13

晴れ。
残念なことに、またまたすっきりお天道さまに戻っちゃいました。
200113b31
ありません。
200113ls31
ありません。
200113ls
え? ちょっと待って・・・2時方向に何かありましたよ(笑)。
という寂しい状態でした。
期待するとダメなんですねぇ。

2020年1月11日 (土)

今日の太陽 2020/1/11

朝のうちは雲があったものの、次第に晴れてきました。
200111b30
黒点は見当たりません。
200111ls30
10時方向に中規模のプロミネンスが見えます。
今日はこれが見られただけでも満足(笑)。
200111ls
1時方向にダークフィラメントも見えます。

2020年1月10日 (金)

今日の太陽 2020/1/10

青空の広がるときもありますが、概ね曇り空です。 
200110b24
朝、かひちやうさんから黒点出たとのメールいただきました。
晴れるのを待って観望しましたが、眼視ではわからず。
写真でも3時方向に白斑はかろうじてわかるのですが、黒点は確認できず。
口径60mmには荷が重かったか。
200110ls30 
Hα光でもプラージュがあることは分かります。
10時方向に目立ったプロミネンスあり。
4時方向にも薄く大きなものが出ていますが、眼視では気が付かず。
200110ls
この処理をすると、8時方向にも小さなものが出ているのが分かります。

2020年1月 9日 (木)

今日の太陽 2020/1/9

早朝のみ晴れて、以降は曇りや小雨の合間に陽が射す状況。
200108b21
黒点は見当たりません。
この白色画像は実は昨日のもの。
昨日は強風が吹き荒れ、雲の流れが速い1日でした。
なんとか白色光だけは撮影したところでジ・エンド。
200109ls30
今日は雲の間隙を縫ってHα光を優先して撮影したのですが、案の定、ミニボーグに乗せ換える間もなくすっかり曇ってしまいました。
200109ls
プラージュが3か所に見られます。
南半球のダークフィラメントは小さく薄くなりました。
3時、4時、11時方向に小さなプロミネンスが認められます。
2日がかりで白色光とHa光のペアの撮影でしたが、めぼしい収穫はありませんでした。

2020年1月 8日 (水)

星座を作る星75 うさぎ座アルファ

朝から雨。
星座を作る星75回目は、うさぎ座α星アルネブ
フラムスティード番号11
距離約1280光年
眼視等級2.6
絶対等級-6.6
スペクトル型F 薄黄
半径70R
質量8~10M
光度13,000L
表面温度約7,400k
_191224x21_20200108090201
オリオン座の足元にうずくまるうさぎ座の、α星の固有名アルネブは、うさぎを意味するアラビア語からきているそうです。
距離はヒッパルス星表に依拠していると思われる、アストロアーツのステラナビのデータでは1280光年ですが、Wikipediaでは2200光年としています。
絶対等級のデータはWikipediaから転載しているので、倍近い距離の差があると、距離に依拠する絶対等級に影響が出ます。
1280光年が正解だとしたら、アルネブの絶対光度はもっと明るいことになるでしょう。
ヒッパルコス衛星ではおよそ150au(≒約500光年)までの約12万個の恒星について、1/1000秒以下の精度で年周視差が測定されているとのことですが、それより遠方の星についての年周視差(=距離)は、かなりあいまいだと考えておいたほうがよさそうです。

2020年1月 7日 (火)

朝焼けでした

朝の支度をしているとき、ふと窓の外を見ると朝焼けの茜色がきれいでした。
_200107
家の中から外を見ていた猫のジジも、この茜雲を見ていたのでしょうか。
_1320
聞いても返答無し(笑)。

2020年1月 6日 (月)

今日の太陽 2020/1/6

快晴から次第に曇り空に。
200106b28
黒点はまだありますが、目視ではわかりません。
昨日まではまだしっかりしていたようですが、曇りで撮影できず。
今日は画像処理を強く掛ければ、やっと出てくる程度の淡いものでした。
200106ls30
黒点のところにあるプラージュも目立たなくなりました。
2時方向、4時方向、7時方向に目立つプロミネンスを確認。
9時方向にも淡いものがあるようです。
200106ls
上掲の画像に、これまで使ったことのないコマンドでお試し処理を追加してみました。
9時方向のプロミネンスや6時過ぎ近くの目立たなかったダークフィラメントが、はっきりしてきました。
たまには新しい冒険も必要ですね(笑)。

«星座を作る星74 いっかくじゅう座ベータ