2024年4月24日 (水)

空気中に漂う物 正体不明の花粉

昨日に続いて空気中に漂う微粒子から。

今日はこれまでの観察から花粉だと分かるものの、実際の花から採取したものではないためと、類似の形が多数あるため特定できないものを集めました。

今回採取した中で数が多かったもの上位3種のうち、1番が圧倒的に黄砂、3番がヒノキ花粉でした。

そして意外やヒノキよりも多かったのがこのタイプ。

A_400x_240419

候補にスイセン、スノーフレーク、ウケザキクンシラン、クサイチゴあたりを上げておきましょうか。

サザンカにも似ていますが時期としては過ぎているし、長いこと浮遊していたとしてもヒノキより多いことはないでしょう。

以降は数が少なかったものです。

B_400x_240419

ヒイラギナンテンによく似ていますが・・・。

G_400x_240419

花粉に違いないと思うのですが見当がつきません。

N_400x240419

これも見当がつかない・・・花粉には違いないと思いますが・・・たぶん。

M_400x_240419

タイプの違う花粉が並んでいたので撮りましたが、右側のはヤハズノエンドウに似ているように見えます。

一応この時期に花粉を持つ候補を上げていますが、時期を広げれば候補は増えるでしょうし、これまで花粉を採取し特定できたものを挙げただけで、まだまだ採取できていない花の方が圧倒的に多いのが現状です。

そして、花粉以外にも浮遊していた正体不明物を次回に。

2024年4月23日 (火)

空気中に漂う物 正体確定分

黄砂注意報が出ていた4/18の朝、風はほぼ無い状態だったので、スライドグラスに木工ボンドを塗って、ガレージの屋根に半日放置してました。

目的は黄砂と今がピークとされるヒノキ花粉の採取。

前もってネットで画像検索し、それぞれがどんな形をしているのか予習し、スギ花粉より少し小さいというヒノキ花粉が約30μで黄砂は4μぐらいという事を念頭に、翌日に顕微鏡で確認しながら撮影しました。

400倍で見ると黄砂の姿はこうさ・・・お粗末。

_400x_240419_497

ヒノキの花粉の方は特定に迷いましたが、その理由は採取の仕方に原因があったと思います。

木工ボンドは水溶性で水分が徐々に蒸発して固まります。

未だ水分の多い頃に付着した花粉(ほぼ加水状態)と、ほぼ固まった頃に付着した花粉(乾燥状態) の違いが現れたのではないかと思うのです。

400倍で見たヒノキの花粉A

_400x_240419

400倍で見たヒノキの花粉B

_400x_240419_522_527

黄砂はどの画像にもまんべんなく写り込んでいて、大量に飛散していたことがこれからも分かります・・・って、顕微鏡で確認するまでもなく、数キロ先の風景が霞んでいたことで証明済みでしたけど(苦笑)。

2024年4月21日 (日)

春の銀河祭り最終 M102(NGC5866)

先日ブック10でM102を導入したところNGC5888の近くに望遠鏡が向いてしまった件。

ビクセンさんに問い合わせたところ、NGC5886をM102の位置情報として誤登録されていたことが分かりました。

NGC5886とNGC5888はすぐ近くの銀河でした。

次回のブック10のバージョンアップで修正されるそうで、この件一件落着となりました。

今回はM102のNGCナンバー5866で導入し、無事撮影することができましたので、これにて今季の銀河祭りは終幕。

M102_240414_2246M102_

2024年4月20日 (土)

今日の太陽2024/4/20

今日は曇りと諦めていたら数十分だけプレゼントが下りてきました。

今日はラッキーデーかも。

240420_ls25

240420_b25

春の銀河祭り M100

今日は薄日が差す曇り空。

太陽は白色光だけでもギリギリ撮れるかどうか。

月例の観望会の日ですが、天気は下り坂との予報なので、早々に中止と決めました・・・残念。

 

銀河祭りは

引き続きかみのけ座の銀河を。

M100_240414_2104

M100__20240420092901

さすが銀河の巣と言われるかみのけ座・おとめ座の境界あたりだけに、狭い画角で撮っても付録が付いてきます(笑)。

今季の銀河祭りも残すところあとひとつ。

もちろんアレです。

2024年4月19日 (金)

今日の太陽2024/4/19 今日のプロミネンスは!

巨大なループプロミネンス登場!

待っていた至福の時ようやく到来(笑)。

240419_ls25

240419_b25

春の銀河祭り M98

朝のうちに日課を済ませ画像処理はこれから。

先に4/14撮影のM98をUPします。

M98_240414_2025

M98のそばにも小さな銀河があるように見えたので、先日のM102?の際に、みゃおさんから教えてもらった天体画像検索サイトを早速活用してみました。

自分で苦労して探し画像に書き込む手間が省けてこれは便利ですね。

ますますずぼらになってしまいそう(苦笑)。

M98

2024年4月18日 (木)

春の銀河祭り M64

今日は曇ってます。

黄砂の影響なのか数キロ先の風景が霞んでよく見えません。

4月初めに撮影の黒眼銀河M64は約1600万光年先です。

1600万年前の日本付近では、日本海ができ始めた頃のようです。

その頃この光はM64を離れたんですねえ。

M64_240401_2258

2024年4月17日 (水)

今日の太陽2024/4/17

ちょっと白っぽい気もするけど雲の少ない空です。

黒点次々出て来ますね。

ちょっと前に無黒点状態を心配したのがウソみたい。

黒点が多いせいでプラージュもあちこちで活発。

プロミネンスは少し落ち着いてきたみたいな気がします。

240417_b25

240417_ls25

春の銀河祭り M99

かみのけ座のフェイスオン銀河です。

特徴だけは捉えられたかな。

M99_240401_2137

«春の銀河祭り M84 M86 ほか