フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

2018年12月11日 (火)

今日の太陽 2018/12/11

今日も天気予報外れ。

昼ごろになって何とか日差しがあったので、玄関先での撮影はできましたが、薄雲を通しての太陽はやはり儚げな姿です。

181211ls

眼で直接確認できたのは4時方向のプロミネンスだけでしたが、画像処理をして気が付いたのが1時方向と7時方向の薄いもの。

薄雲の邪魔が無ければもっとはっきり見えたはずですが。

2018年12月 9日 (日)

ぎょしゃ座α カペラについて

予報では晴れのはずが、朝からどんより曇っています。

天気予報は十中八九は悪い方に外れるもんです・・・。

ストックから11月10日のぎょしゃ座α星カペラを引っ張り出しました。

30181110

いつもの処理です。

先月23~25日、おりおんさんにお誘いいただき、大阪あすとろぐらふぃ~迷人会の秋キャンプに参加して、画像処理の基礎編を勉強してきました。

メンバーの皆さんは、おりおんさんを筆頭に天ガや星ナビの画像掲載常連さんたちなので、相当にレベルが高くて話の80~90%は理解できずちんぷんかんぷん。

さらに皆さん仕上げに使っておられるソフトがPhotoShopなので、PaintShpoユーザーの私にはまるで外国語で講座を受けているようなもの。

それでも何とか学ぼうとする姿勢だけは捨てず、PhotoShopの廉価簡易版のエレメンツを買っておいたので、メンバーのひとりにどすけさんにお願いして、星マスクの作り方とそれを使った星色の出し方を教えてもらい、必死でメモメモ。

帰ってからそのメモを見ながら再現処理をするも、馴れないうえエレメンツのバージョン違いのせいか、コマンドの位置が違ったりどこにあるのかわからなかったりで、結局途中でストップし前に進めません。

もう泣きそう。

しかし、処理そのものの考え方と手順だけは何とか理解できた、と信じて使い慣れたPaintShpoで再現処理を繰り返し繰り返し、さらに根気で繰り返し(苦笑)。

ようやくこんな仕上がりにこぎつけました。

30181110s

これまでの画像を拡大。

Photo_2

今回の処理で得た画像の拡大。

S

少しはカラフルになったでしょ?(笑)。

星マスクを使って星の彩度を上げただけなので、まだまだなのは分かっていますが、現段階では一応自己満足レベルです。

ここで満足してはもう先は無さそうですが(苦笑)・・・。

もうひとつおまけに、昔手に入れていたプリズム・フィルムシートを使ってカペラを1枚撮りして、Jpeg画像で同じ処理をしてみました。

B

在庫はこれでおしまい。

昨夜裏庭固定で撮った、暇つぶし画像が使えそうかどうか・・・。

2018年12月 8日 (土)

今日の太陽 2018/12/8

曇り時々所どころに晴れ間。

朝のうちは晴れていたので、撮影は昼前に玄関側で、と思ったのが大間違い。

時間が経つにつれてどんどん雲が広がり、撮影どころではなくなってしまいました。

でも13時過ぎに束の間雲の切れ間から太陽が見えたので、急いで機材を持ち出して撮影。

こういう時は手間のかからないポルタⅡが手早く準備できますね。

ただし視野から太陽が逃げるのでピント合わせは忙しい。

薄雲もかかっているようだし、シャッター速度は1/125s・・・これが間違い。

181208ls

一番輝度の高い中央部が飽和してしまっていました。

朝方の低い位置と違い、昼の高度が有る時は少々の薄雲では減光が少ないので、1/160sにしておくべきでした。

小さなプロミネンスが方々に出ていて、3時方向にはプラージュもあるようですが、白色光で見ても黒点は分かりませんでした。

 

 

ところで、今日は12月8日。

77年前の今日未明、日本は米国に対し宣戦布告をすると、間髪を置かずハワイのパールハーバーの軍港を急襲し、太平洋戦争に突入しました。

この「間髪を入れず」というのが、後々米国から「宣戦布告前のだまし討ち」と言われることになったわけです。

毎年8月6日、9日の原爆投下、15日のポツダム宣言受諾・敗戦の日は、マスコミを挙げて戦争の悲惨さを訴え、大々的に特集が組まれますが、それに比べ今日のなんと静かな事か。

戦争反対を訴えるのなら、むしろ開戦の日である今日こそふさわしいのではないだろうか。

この日に愚かな戦争を始めなければ、あの悲惨な結末を迎えることもなかったはず。

しかし敗戦の日に戦争反対を訴えるのは、負けたから戦争反対と言っているようなもの。

逆に言えば戦争に勝っていれば、戦争反対とは言わなかったのではないかと、勘ぐってしまう。

かつて大本営発表が撤退を転戦と言い換え、全滅を玉砕と言い換えたように、8月15日を敗戦の日と言わず、終戦の日と言い換える、その辺りにも我が日本人の戦争観、狡さのようなものを感じてしまう。

止む無く戦争に駆り出され戦死した軍人、軍属、丸腰でありながら戦争の犠牲になった民間人、親を戦争で失い孤児にならざるを得なかった子供たち、日本人であるなしにかかわらず、国家間の愚かな争いの犠牲になった人々の魂に、黙とう。

2018年12月 7日 (金)

カシオペア座σ ルクバー

降り出しそうな曇り空。

残り少なくなってきたストックから、カシオペア座σ星ルクバーです。

Wの暗い星セギンの隣にあります。

X40181110a

この星を中心に持ってきて200mmで撮ると、M101とNGC457がもれなく付いてきます。

NGC457と言えばET星団として知られる散開星団ですね。

そこそこの長焦点で単体で撮っても絵になる、数少ない散開星団です。

2018年12月 5日 (水)

カシオペア座εセギン

曇りと雨と、時々晴れ間。

こんな日はストック画像をごそごそ弄って小出ししています(笑)。

カシオペア座のWの中の一番暗い星がε、固有名はセギンですが世界銀行「世銀」の本部が置かれているわけではありません。

X20181110a

右上に見えている散開星団は、右がNGC663 左の小ぶりな方がNGC654です。

2018年12月 4日 (火)

今日の太陽 2018/12/4

雲り時々晴れ、午後から時々雨。

雨が上がったせいか青空が一昨日までよりも青っぽい。

昼になってまとまった青空が覗いたので撮影。

181204ls25

1時、7時方向にプロミネンスが出ています。

今日も黒点は無さそうです。

撮影中にも太陽の周りに薄雲があり、機材撤収のあとは曇ってしまいました。

ワンチャンスでももらえたので、今日は空の神様に感謝(笑)。

2018年12月 2日 (日)

今日の太陽 2018/12/02

白っぽい晴天。

玄関先にAZ-GTiを出してHαのみ撮影。

181202ls

8時方向に淡いプロミネンスが2本、ひょろひょろと伸びています。

黒点の方は出ているように見えませんねえ。

2018年11月30日 (金)

今日の太陽 2018/11/30

11月最終日は昼になってもすっきりしない(一応の)晴れの状況で撮影となりました。

181130ls

昨日より透明度が悪く、7時方向のプロミネンスは薄くて見えません。

9時方向のも少し衰えたようですが、これからダークフィラメントとして見えてくるでしょうか。

黒点は相変わらず無さそうです。

カシオペア座α シェダル

昼ごろから晴れる予報なれど10時現在は曇り。

20日前に撮っていたストックから、カシオペア座α星シェダル。

X20181110

秋の天の川の中にあるので、微恒星がたくさんあります。

上の端中央にぼんやり見えているのは、NGC281パックマン星雲でしょうか。

2018年11月29日 (木)

今日の太陽 2018/11/29

今週初めてお天道さん撮影できました。

さてどんな様子かな。

181129ls

撮影時の透明度は良くなかったけど、お天道さんの方はプロミネンスがいい具合です。

AZ-GTiは今日もいい仕事してくれています。

設定で気を付けるのは、ホームポジションとして本体上部の水準器で水平をとることと、鏡筒を水平にして北に向ける事、あとは追尾モードの選択だけです。

太陽撮影のようにもともと北極星が見えない場合でも、本体の水平を取り適当に北の方向に鏡筒を向け1点アライメントで太陽導入。

大まかに太陽の方向を向いたところで、ひょいと三脚ごと太陽に向け微動で視野に導入してアライメント完了。

あとは太陽時モードで追尾しながら連写するだけ。

追尾しながらピント調整ができるので、ポルタの時のように視野を逃げていく太陽を、微動ハンドルで戻しながらピント合わせする必要はなし。

もうポルタⅡの出番は無さそうです。

«AZ-GTiで動画を撮ってみた