フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

2017年7月28日 (金)

庭撮り3分の北アメリカ星雲

7月26日の夜、サドル付近の試写のあと、その効果を確認しながら、北アメリカ星雲を3分露光で12枚撮影。

WBはマニュアル、ピクチャースタイルはスタンダードとしました。

Jpeg1枚撮って出し。

Photo

画面右上にデネブが見える程度で、これを見る限り庭撮り3分はきつそう。

RAW画像12枚を現像・コンポジット・仕上げ処理と進めていくと、

X12170726

関西では「ペリカン君を怒っている大阪のおばちゃん」星雲で知られる北アメリカ星雲と、ほんのり赤くペリカン星雲もかろうじて視認できました。

3分露光もなんとかなるものですね。

逆に言えば庭撮りで「赤いの」を撮りたければ、露光180秒は最低ラインということでしょうか。

2017年7月27日 (木)

露光2分とホワイトバランスを試す はくちょう座サドル

昨夜は日暮れとともに雲が減少したので、裏庭にて前回の宿題に取り組みました。

露光を1分から2分に延長。

そしてテナーさんからのアドバイスに従って、カメラのホワイトバランス設定を変えてみること。

カメラはEOS kissX6i(改)、レンズはEF70-300、赤道儀もSXWと前回と同じです。

撮影開始は21:03から。

焦点距離135mm、F値5.0、ISOは3200、露光2分で、先ずは撮って出しのJpeg画像から。

1) ホワイトバランス=マニュアル(購入時に販売店で調整されたまま)でピクチャースタイル=ニュートラル。これも前回1分露光の時と同じ設定。

Mnj

撮影開始が少し早くて、隣家の屋根が写りこんでしまいましたが、確認画像なので気にしない気にしない(笑)。

2) WB=マニュアル、ピクチャースタイル=オート

Maj

3) WB=オート、ピクチャースタイル=ニュートラル

Anj

4) WB=オート、ピクチャースタイル=オート

Aaj

WBがマニュアルかオートかよりも、ピクチャースタイルをオートにすることで全体に赤みがかかりました。

これらの画像をRAWで各4コマずつコンポジットし、同じ条件のパラメータで画像処理をしたものがこちら。

1)

Mn

2)

Ma

3)

An

4)

Aa

迷いますね~、どれが正解に近いのでしょう。

ただ、2分露光するとそれなりに赤いのが出ることはわかりました。

また、ピクチャースタイルをオートにすると赤っぽい画像になることから、赤外改造されていることは間違いないのでしょう。

2017年7月26日 (水)

今日の太陽 2017/7/26

親の遺言通り、晴れたらGO! (笑)。

170726b_3

どこまで続く無黒点。

170726ls

薄雲のベール越しになりましたが、3時方向に結構大きめのプロミネンス。

2枚目の画像をアップしようとしたところで、ブログの容量がパンク、アップできません。

画像記事を中心にしているので、早晩この日が来ると思っていましたがとうとう。

とりあえず2011年1月1日以前の画像記事をメインにバッサリ削除して容量を確保しましたが、2Gの容量のうち0.4%が空いただけ。

そのうち大掃除が必要でしょう。

2017年7月25日 (火)

明らかに露光不足だった 網状星雲

7月20日。梅雨明け翌日、時折薄雲の通る夜。

久しぶりの夜遊びなので慣らし運転のつもりで、望遠レンズでいくつかの赤い対象を撮ったのですが、残念ながらいずれも露光不足で全滅。

あとから思えば住宅街の真ん中で、高々1分で赤いのを撮ろうなんて虫が良すぎました。

貧乏性なので全部を捨てきれず、最後に撮った網状だけ残しました。

170720x12

左側の網状はなんとかわかりますが、右側は明るい星の上下にあるといえばあるような・・・程度。

Jpeg画像撮って出しの1枚がこれ。

Photo

2分露光まで粘れたかな・・・。

赤いのが出る以前に飽和で真っ白になりそうで自信ないです。

天気が回復しないまま、とうとう在庫も尽きました。

2017年7月23日 (日)

こと座 30秒

梅雨明けの翌日、まだ太陽光の名残りがわずかに残る空に昇ること座を、望遠レンズの135mmで30秒露光撮影。

こと座は135mmなら全景を納められますが、余裕を持たせて2分割で撮影。

Photo

ベガと2か所の連星で作る三角形を構図に入れて1カット目。

M57

2カット目は4つの恒星で作るひし形を構図の中心に置いて撮影。

M57_2

等倍に近い切り出しでM57のリングも確認。

ICEでモザイク合成しました。

Photo_2

もっと露光を伸ばして星の数を増やしたり、ソフトフィルターで明るい星を目立たせたり、いろんな撮り方がありそうです。

2017年7月22日 (土)

今日の太陽 2017/7/22

部屋から見える玄関側の西空は曇りだけど、東側にある裏庭には日が射している。

なので迷わず出動。

170722b

無黒点が続いています。

170722ls

太陽望遠鏡では西側に活発なプロミネンスがありました。

今日も暑い一日になりそう。

2017年7月21日 (金)

在庫総ざらえ と言っても2点ですが(笑)

昨夜は約1か月ぶりに庭撮りで夜遊びできました。

ただ薄雲が時折流れる状態だったのと、しばらく振りだったので慣らし運転のつもりで、望遠レンズを使ったノータッチ撮影にとどめ、日付が変わるころに撤収。

そんなわけで今回数点ですが確保できたので、先月撮影の画像の残りをアップすることに。

はくちょう座のNGC6871

170620ngc6871x7

明るい星もいくつかあって、散開星団としてはわかりやすい方。

同じくはくちょう座のNGC6883

170620ngc6883x8

こちらは天の川の微光星に埋もれてしまいそうな地味天です。

今朝は小雨のぱらつく天気です。

お天道さんを拝めそうもないので、昨夜の収穫でゆっくり遊びますか(笑)。

2017年7月20日 (木)

今日の太陽 2017/7/20

梅雨明け最初の朝は、ほぼ快晴。

雲の隙間を狙ってバタバタではなく、ゆったり落ち着いてピント合わせできるのはありがたいです。

で、その分お天道さんに炙られるわけで、暑い!(笑)。

170720b

お白粉の乗りが良いのか、シミひとつ無いつるんとしたお天道さんです。

170720ls

まとった大気の衣装も地味ながら、8時方向に薄いプロミネンスが見えます。

2017年7月19日 (水)

今日の太陽 2017/7/19

よ~やく本日の撮影チャンス到来。

170719b

速攻で撮ったけれど黒点の気配なし。

2週間後あの黒点が消滅せず東から再登場することを願う。

170719ls

4時方向のプロミネンスが目につきましたが、あとは見るべきものの乏しい様子。

6月20日に撮ったM29

晴れそうで晴れない、撮れそうで撮れない、きょうもそんな1日で終わりそう。

6月19日の夜から撮り始めて、日付が変わって最初がはくちょう座のM29。

この夜唯一のメシエ天体でした。

170620m29x10

メシエ天体だけど・・・地味。

«6月19日に撮ったNGC6866