フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

2017年12月10日 (日)

今日の太陽 2017/12/10

曇りのち快晴。

予報では曇りのち雨でしたが、今のところうれしい方に大外れ。

いつまで続くかわかりませんが。

171210b

こちらは予想通り今日も無黒点。

ちなみに「むこくてん」と打ち込んで一発目の変換が夢告店・・・なんじゃこれ?

夢占いやってるわけでもなく、ずっと天体ブログ続けているのに、いまだに学習しとらん。

と、まあネタが乏しいのでこんな話題でお茶を濁してます(苦笑)。

171210ls

8時方向に明るいプロミネンスが出ました。

今日は山天の例会に行ってきます。

2017年12月 9日 (土)

今日の太陽 2017/12/9

概ね快晴。

171209b

微小黒点消えました。微笑んでくれる黒点ありません。

171209ls

目につくのは7時半方向のプロミネンスぐらい。

プロミネンスもすっかりさびしくなりました。

部屋の片隅の赤道儀置場もさびしくなりました。

2017年12月 8日 (金)

オリオン座NGC2112

朝から雨。

11/21に撮った散開星団です。

Photo

近くにM42やM78、燃える木と馬頭星雲など撮り甲斐のある天体がいっぱいなので、わざわざNGC2112を撮影対象に選ぶのは地味天ハンターぐらいでしょう(苦笑)。

これでは自虐ネタっぽいですが、実は秘かにバーナードループが写るかなと期待もあったんです。

Ngc2112x13171121

画像処理を進めてみると、それらしい赤い帯が見えてきました。

でも強調するにつけて画像が荒れてきます。

前回11/15に続いてこの夜もオートガイドが暴れ続け、NGC2112では20枚中7枚が没になりました。

淡い星雲だと20枚コンポジットでも少ないと言われているのに、これではねえ。

後日11/24、11/28も晴天に誘われて夜遊びしているのですが、オートガイドの暴走は止まりませんでした。

星の流れた画像を返してくれとは言わない、無駄になった時間を返してくれー!

で、とうとう昨日SXW赤道儀を箱詰めにして送りました。

送り先は・・・。

決断の決め手はテナーさんのアドバイス「人生持ち時間の少ない私の決定打は時は金なり」でした(笑)。

私の残り時間も少なくなってきているので、イライラしながら悔いの残る時間を過ごしたくないですからねえ。

2017年12月 7日 (木)

今日の太陽 2017/12/7

今朝も快晴。

微小黒点は?

171207b

171207b_2

成長も消滅もしてません。

ただ微笑を返すのみでした(はい、おやじギャグのつもりです)。

171207ls

プロミネンスは寂しくなりました。

Photo_3

今日は午後から下り坂、夜遅くには雨になるようです。

2017年12月 6日 (水)

今日の太陽 2017/12/6

ほぼ快晴。

放射冷却なのか、日の当たらない場所では急激に冷えます。

でも太陽はホットです(笑)。

171206b

黒点が出ました。真ん中少し上に極小のがありますが分かるでしょうか。

拡大すると、

171206b_2

ここです。

Ha光の方も今日は活発です。

171206ls

2時と10時の方向が目立っています。

ただ残念なことに右下端に電線が架かってしまったので、昼前に撮り直したのがこちら。

17120611ls

わずか2時間半の間に、10時方向の大きく伸びたプロミネンスが消滅しています。

9:09撮影からトリミング

171206lsa

11:24撮影からトリミング

17120611lsa

地球の何倍もあるようなプロミネンスが、わずかな時間差で消えてしまうとは、今更ながらに太陽活動のダイナミックさに感動を禁じえません。

2017年12月 4日 (月)

おうし座NGC1746 &ポチリ虫の覚醒?

曇りのち雨模様。

しばらく天気の悪い日が続きそうです。

11/15から16日にかけて撮影した画像にしばらくお付き合いください。

初回はおうし座の散開星団NGC1746。

Photo

牡牛の角の間にある大きめの星団です。

Ngc1746x14171115

天の川の中にあるので目立ちにくいですが、地味天というには気の毒かも。

実はこの日の撮影からずっとオートガイドの不調が続いています。Decの赤い線が大きくうねって暴れまわるのです。

もともとCAPRI-80EDの焦点距離560mmで、60秒のノータッチガイドで星が流れない歩留り60%ぐらいという、成績の良くないSXW赤道儀でした。

もちろん架台の水平を取り、極軸合わせもきっちりしてのこと。

なので窮余の策としてオートガイドの導入をしたのですが、この夜(11/15)では5対象撮った内、150秒の露光x20枚撮影で6~7枚が没になるという有様。

中古で購入時に若干のガタがあり、メーカー保証で調整してもらっているのですが、それから時は流れて5年半。そろそろオーバーホールの時期なのでしょうか。

でももう保証は切れています。

使用ベアリング1個なので、それ以外の可動部の磨滅によるガタが生じているのか?

だとしたらオーバーホールしても多くは期待できず、高くつくだろうメンテナンス費用と修理期間がもったいない。

そんなことを思案していたら、「欲しい欲しい新しいのが欲しい」というポチリ虫のささやきが耳元で・・・(苦笑)。

資金もなく年齢からしてもあと何年使えるかわからないのに、今から新規購入するメリットは? という理性の忠告とは裏腹に、じゃあ天体撮影はもうあきらめて観望で満足できるのか、というポチリ虫のささやきが大きくなってきます。

ポチリ虫をなだめるためにも、機材購入の条件を整理してみることに。

①スペックがSXWより落ちるのは論外。

②体力が無いのでSXW程度の重量でないと庭先と言えど持ち出しが億劫になる。

③外国語に弱いので国産メーカー品が安心。

④SXWの画面表示に慣れているので、文字表示だけのコントローラはちょっと。

⑤機材周りはできるだけすっきりと。

⑥でも費用は極力抑えないと・・・。

絞り込んでいくと、あのメーカーのこの機種しか選択の余地がなくなりました・・・SX2。

でも、SX2の基本はBOOKONE仕様で自動導入するならBOOKTENをオプション購入、さらに極望もオプション。

オプションを足したらSXD2と変わらない金額。しかもSXD2は9kgとSXWより2kgも重くなる。

やはりあきらめた方がいいよ・・・と理性が説得。

が、販売店仕様でSX2+極望+BOOKTENにさらにHAL130三脚もセットして¥258000(税込)だと!

さあ、万が一に備えてある葬儀費用を取り崩し、長寿祝い金をお国からもらえるまで何が何でも長生きするか・・・。

理性とポチリ虫が取っ組み合いをしています。

2017年12月 3日 (日)

今日の太陽 2017/12/3

朝から快晴が続いています。

171203ls

4時方向のプロミネンスは見えなくなりました。

3時方向に低いループ状のものが出ています。

東側にごく小さなプラージュらしいものが見えています。

発達すれば黒点が出現するかもしれません。

期待したいところです。

昨夜のはらっぱ観望会はスタート前はほぼ曇りでしたが、天気予報通り18時を過ぎたころから晴れ間が広がり絶好の観望日和。

ただスーパームーン直前の明るいお月さんの光で地上に影が出来るほど。

アンドロメダ銀河や惑星状星雲はあきらめて、二重星やM45、天王星の観望をしました。

もちろんお月さんも・・・が、望遠鏡ではまぶしくて(笑)。

参加は一組4名のご家族さんだけでしたが、貸切状態で熱心に観望されていました。

終了間際に、お父さんに直焦点撮影の解説がてら撮影したお月さん。

Img_4430

撮影データ:19:41 EOSkissX5ノーマル ISO800 1/1250sx1枚

木津川運動公園備品のビクセン・アクロマート鏡筒A102Mと、園長さん所有のGP赤道儀でノータッチ追尾。

2017年12月 2日 (土)

今日の太陽 2017/12/2

朝=快晴。

昼前=結構な雲出現。

夜=五里五里の丘で観望会、どうなることかい。

で、今朝っちのお天道さん、相変わらずシミそばかすなしの美肌。

ただし、ちょこっと大きめの吹き出物がありました。

171202ls

このあいだからのダークフィラメントの最後の贈り物なのでしょう。

2017年12月 1日 (金)

おおぐま座NGC2841

10/31から11/1にかけて撮影した天体の最後は、おおぐま座の系外銀河でした。

Photo_3

光度が9.3等級なので、私の撮影対象としては限界に近い明るさの天体です。

171101ngc2841x21

渦巻銀河なので出来ればもっと長い焦点距離で撮りたいところ。

2017年11月30日 (木)

横綱日馬富士の引退会見について

昨日、いつも見ているニュースバラエティー番組の中で日馬富士の引退会見があり、相撲ファンではないのですが世間で騒がれていることなのでつい見てしまいました。

その中で謝罪の相手の中に暴行した相手・貴ノ岩の名前が無い事に違和感を覚えました。

理由として考えられるのは、その後の記者からの質問に答える形で、先輩力士として弟弟子に礼儀礼節を教えることは当たり前、それが行き過ぎてしまったかもしれないが、ここまで騒ぎが大きくなるとは思っていなかった、という趣旨の発言をし、引退を決断するに至る悔しさが滲んでいたように見えました。

会見後、番組内でのコメンテーターの発言や支援者へのインタビューでは、それぞれの立場考えの違いでこうも受け取り方が違うものだと改めて感じた次第。

さて、昨日の夕刊一面には「横綱日馬富士引退」の見出しが大きく出ていましたが、その記事ではなく、社会面の片隅に載った小さな記事が目に留まりました。

*****

「15歳少女を集団暴行疑い」

 都立高1年の女子生徒(15)に集団でたばこの火を押し付けるなど暴行し、公園の池に入らせたとして、警視庁少年事件課は29日までに、傷害と強要容疑などで・・・中略・・・15~19歳の高校生や無職の少年少女計7人を逮捕した。

 同課によると、7人と女子生徒は地元の遊び仲間。7人は「態度が悪いからやった。先輩にあいさつをせず、敬語を使わないので以前から頭にきていた」などと供述し、いずれも容疑を認めている。(原文のまま)

・・・後略・・・

*****

横綱3名を含むモンゴル人力士で取り囲んで、礼儀礼節がなってないと暴力で教えたという二次会の席での出来事と、この少年少女の起こした事件を、不謹慎な表現かもしれませんが興味深く読みました。

少年少女たちの仲間に対する集団リンチ事件が後を絶ちませんが、今回の大相撲界の出来事が、私には底通しているように思えるのです。

片や未成年ながら暴行容疑で逮捕され、片や横綱という立場で、世間に与えるの影響の大きさもあってか逮捕されることもない。

貴乃花親方が警察に被害届けをしなかったら、相撲協会内の身内のこととしてうやむやになっていたかもしれない。

何かすっきりしないのは私だけ?

«ふたご座の散開星団NGC2395