フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

2018年6月21日 (木)

シュート4発も2発は不発

雨から曇りへ。

サッカーW杯で日本が金星を挙げ、マスコミが盛り上がっていますね。

もともとサッカーにはあまり関心がなく、ルールもよく知らないのですが、良くてせいぜい引き分けと思われた相手に勝ったことで、浮かれている気分は共有してます(笑)。

でもまだ始まったばかり。

たった1勝でこんなに浮かれてるということは、対戦相手に対し実力で劣勢であると認めているんですね(苦笑)。

さて、過日の梅雨の中休みの夜、気合を入れて夜遊びしたんですが、さて何を撮るかと迷った挙句、その日その時間帯で撮れる惑星状星雲を4つ選び出しました。

うち2つは今まで何度か撮っているMナンバー、あとの2つは小さく等級も暗いのでスルーしてきたNGCナンバーです。

視直径の大きな順に(トリミングは4枚とも同じ比率でしています)。

M27180617

M27180617s

M57180616

M57180616s

Ngc6543180616_2

Ngc6543

Ngc6826180616

Ngc6826

NGC6543はキャッツアイ星雲、NGC6826はまばたき星雲と呼ばれる有名どころですが、560mm直焦点の敵う相手ではなかったです。

次回機会があればMAK127SP(焦点距離1500mm)で再チャレンジです。

2018年6月19日 (火)

庭のアガパンサスが咲き始めました

曇り。

昨日から震度1~3クラスの余震が続いています。

3クラスの余震があると、とっさに身構えたり、そのあとも小さな揺れがあるように感じます。

体が過敏に反応しているのでしょうね。

昨日脱走したジジ君もまだ落ち着かず、昼寝してても眠りが浅そうです。

地震のニュースばかり見ていても気分が滅入りそうなので、玄関先で咲き始めたアガパンサスを撮ってみました。

Img_6673_2

Img_6675

Img_6678

Img_6679

Img_6680

70-300mmズームレンズで絞り解放のF5.6、ズーム200~300mm、絞り優先モードでピントの合うぎりぎりまで寄って撮ってみました。

花は見てもとっても癒されますねぇ。

はい、ご想像通りおやじギャグです(笑)。

2018年6月18日 (月)

人も猫も地震はやっぱり怖い

阪神淡路大震災以来の強い揺れだった。

朝食と後片付けにごみ出しと、朝の一連の行事を終えメダカ水槽の前でえさやりしていた時だった。

水槽が落ちないよう押さえながら揺れが収まるのを待ったが、阪神淡路大震災の時に体験したと同じような強い揺れが、結構しつこく続いていたように思う。

収まってから被害がないか調べたが、食器棚の中でいくつかが倒れ割れていたのと、仏壇の位牌が倒れていたぐらいで、直接の大きな被害がなかったのは幸い。

が、地震に驚いた室内飼いの猫が、網戸を突き破って外に逃げ出してしまった。

裏庭の物置の下に隠れて出てこない。

好物のおやつを見せても反応しないし、手を近づけると今までなかったような威嚇のうなり声をあげてくる。

2時間が過ぎたころ雨がぱらつき始めたので、軍手をはめての強制収容を試みたが、散々かみつかれた挙句失敗。

地震の強い揺れでパニックになっていたんだろうが、今までこんな反応を見せたことは無かったのでこちらもびっくり。

アニメ映画魔女の宅急便に出てくる猫にちなんで名付けた黒猫のジジ。

生後2~3ヶ月ごろ我が家のガレージに迷い込んできたのを縁に飼い始めたのだが、飼う際に獣医に見てもらったところ猫エイズにかかっていたので、他の猫に接触させたり外に出さないようにと言われているのだ。

かれこれ3時間余り、先ほどようやく緊張が解けたのか出てきたところを、嫁さんが確保してくれたが、一時はどうなることかと思った。

今のところ余震は震度1から2程度の揺れが何度かあっただけだが、まだしばらくは油断できないだろう。

地震雷火事○○と、怖いものの筆頭にあげられる地震は、人間も猫も怖いのだ。

それに引き替え○○の凋落ぶりは・・・猫にも見透かされたようだ。

2018年6月17日 (日)

今日の太陽 2018/6/17

晴れのち曇り。

スカッとした晴れではなく、青空部分にも薄雲があった様子。

180617b

薄々黒点はまだあるかな?

Photo

辛うじてありました。

180617ls

5時方向にプロミネンスがありますが、薄雲のせいかコントラストが悪く見え辛い。

黒点あたりのプラージュだけが目立ちます。

2018年6月16日 (土)

今日の太陽 2018/6/16

雲の多い晴れから徐々に回復傾向。

180616b

接眼鏡をのぞいてもカメラのモニター倍率を上げても見当たらない・・・黒点消滅?

Photo

薄くなっていた黒点を、画像処理の途中でやっと見つけました。

これは分からんわ。

180616ls

Hα光で見るとその辺り、結構活動してるようですがね。

プロミネンスは平凡なサイズに戻ってます。

2018年6月15日 (金)

ジャンサンってどなたさん?

雨が降り続いて気温が下がっています。

6/2撮影の月の拡大画像、そしてストック画像も残り1枚となりました。

うさちゃんの耳の先にあるクレーター、ジャンサン。

1806030025

1806030025_2

月面の地名には天文学者をはじめとして、科学者や数学者などの名前がたくさん当てられていますが、その多くは恥ずかしながら全く知りません。

ここに写っているクレーターの中で最大のものについている、ジャンサンって何者?

参照に使っている月面図録によると、「ピエール・J・C・ジャンサン(1824-1907) フランスの天文学者、1875年、ムードンにあるパリ天文台の台長となる」、と書いてあります。

もう少し詳しく知りたくてWebのウィキペディアを見ると、

「1868年に太陽光の中にヘリウムスペクトル線を発見した。これは、同じ年のイギリスのノーマン・ロッキャーによる発見とは独立に行われた。また、日食を待たずに太陽のプロミネンスを観測する方法を発見した。」

とありました。

太陽観望を日課にしている私とは細~い縁があったんですねえ(笑)。

また、「火星に彼の名を冠したクレーターがある」とも。

え? 月面じゃなく火星に?

もう少し詳しく知りたい方は、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3

でどうぞ。

2018年6月14日 (木)

今日の太陽 2018/6/14

雲の多い晴れ。

下り坂のようなので雲間を狙って早めに撮影しました。

180614b

今朝は望遠鏡での目視でも確認できました。

単独ではなく、いくつかの極小黒点を引き連れた群です。

180614ls

5時方向のプロミネンスは、さらに薄くさらに細長くなっています。

明日の天気は・・・。

2018年6月13日 (水)

今日の太陽 2018/6/13

曇りのち晴れ。

9日ぶりの太陽観望と撮影になりました。

180613b

9時方向に白斑と黒点が見えますが、ともに目視では気が付きませんでした。

180613ls

Hα光ではプラージュとして目視確認できました。

5時方向には薄いながら大きなプロミネンスも見えています。

2018年6月12日 (火)

ティコちゃんに叱られる

曇り。

NHK総合テレビ土曜日午前8時15分から、「チコちゃんに叱られる」という番組があります。

5歳の女の子から大人に向かって、普段何気なく使っている言葉や物事の意味を尋ねられ、しどろもどろまともに答えられないと、「ボーッと生きてんじゃねえよ!」と叱られるというノリです。

その後その言葉や事物についての解説があるのですが、たいてい解説の最後に「諸説あります」と断りが入るのは、前述のようなキツ~イお叱りの後では愛嬌というより、1、2歩引いてしまう感があります(苦笑)。

さて、6/3に撮った拡大月面。

1806030014

1806030014_2

チコちゃんではなく、ティコちゃんに「ぼけ~っと撮ってんじゃねえよ!」と叱られそうな画像ですみません。

2018年6月10日 (日)

今日は雨で 雨の海

雨。

昨日は予報に反して、おおむね晴れが続き、五里五里の丘の植樹会も無事終えました。

A

高度成長期に良質な山砂利の供給地として掘り尽くされ、後に今度は産廃残土で埋め戻されたところに、もう一度緑をよみがえらせようと、十数年前から活動されている方たちのお手伝いとして、年に2度一般の参加者も交えての植樹会をされているそうです。

谷間のV字型の手前側が植林予定地で、向こう側のダンプや重機がある方は、国道のバイパス工事や第2名神高速の工事が行われているところです。

いずれ高速道路ができたとき、城陽の産廃残土の禿山ではなく、緑の山並みを見てほしいとの思いでボランティア活動されているそうですが、その向こうでは自生している雑木が重機によって掘り起こされ廃棄されている現状を目の当たりにし、何とも複雑な思いを抱えてしまう体験でした。

もうひとつ・・・やっぱり運動不足がモロにでて、大したこともしてないのに汗びっしょりの体験でもありました(苦笑)。

B

日ごろから山の手入れなどされているボランティアの方たちと、今回植樹会に参加されたみなさん(私は撮る側に回ったので写ってません)。

みなさんそれなりの年齢の方たちばかりで(笑)、お疲れ様でした。

さて、クローズアップ・ムーンの続きはプラトーと雨の海付近。

1806030011_2

1806030011_4

拡大画像はあと2枚ありますので、もう少しお付き合い下さい。

«昨夜の雨は上がって 晴れの海