フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

2018年5月27日 (日)

今日の太陽 2018/5/27

薄雲のある晴れ。

180527b

西側の黒点群の合ったところには白斑が見えるだけです。

かひちやうさんの画像では黒点があるように見えるんですが・・・。

東側の白斑があったところに黒点が出ています。

180527ls

北半球の横一列のプラージュが目に付きます。

プロミネンスは相変わらず東側の方が活発です。

2018年5月26日 (土)

伊丹空港に行ってきました 6

曇り。

シリーズ最終回はANA機の飛びもので締めくくります。

プロペラ機は1/125~1/160で撮り、プロペラの回転が止まってるように見えないよう気を付けましたが、その分ブレのリスクが高まります。

レンズの手振れ防止機能フル稼働です。

Img_5850

Img_5913

Img_5982

Img_6083

Img_6015_2

同じような機体、同じようなANAのデザインに見えていて、撮った画像をよく見ると少しずつ違っていました。

ANA機は奥が深いな~(笑)。

夢中になって撮っていたら、日が西に傾いていました。

Img_6534

Img_6550

やがて日も沈み、良い子はおうちに帰る時間になってました。

Img_6582

機体の左下に見える光点は木星です。

よく夜遊びするおじさんは、もう少し粘ってから20時ごろに撮影地を離れました。

途中で夕飯を食べ、家に帰りついたのは23時。

午前様にはなりませんでした。

2018年5月25日 (金)

今日の太陽 2018/5/25

晴れ。

雲の流れを見ながらの撮影でした。

180525b

西の黒点群は数が増えて少し発達した様子。

東の白斑は全体が見えてきましたが、今のところ黒点はなさそうです。

180525ls

黒点、白斑の位置にはそれぞれプラージュがあります。

東の方が活発な様子。

プロミネンスはごく淡いのも含め、東側によく出ています。

今夜は金曜観望会。

雲が多いのが気掛かりですが、月ぐらいは観望できるでしょう。

状態が良ければ金星と木星も期待したいです。

2018年5月24日 (木)

今日の太陽 2018/5/24

快晴。

180524b_2

2日前の黒点は消え、新たにはっきりした黒点群が出現。

10時の方向に新たな白斑が見えます。

180524ls

黒点のところと10時方向のところにはプラージュが見えます。

プロミネンスは小さなものがいくつか見える程度。

2018年5月23日 (水)

伊丹空港に行ってきました 5

肌寒い雨の日。

3日ばかり途切れましたが、このシリーズも終盤に入りました。

今回はJAL機の飛びものです。

Img_5805

Img_5883

機体後部垂直尾翼のJALマークをアップ(笑)。

Img_5895

ジェット機はシャッター優先の1/1600~1/2000で撮っていたんですが、プロペラ機ではプロペラが止まって見えるので1/125~1/160で撮ります。

手振れ補正をしていても、望遠で飛びものを追いかけてブレなく写すのは難しい。

一番ましなものを選びましたが、これもブレてます。

Img_6131

この日唯一見たラッピング機。

関空の方は外国の航空会社が多く、ラッピング機も多いようですが、伊丹はあちらに比べると地味。

Img_6143_

機体が夕日を反射してキラリ光るところを狙ったんですが・・・期待通りにはいかないものでして。

Img_6384

次回はANA機の飛びもので締めます。

2018年5月22日 (火)

今日の太陽 2018/5/22

ほぼ快晴。

風が時折強く吹きますが透明度はもうひとつといった印象です。

シンチレーションが酷くてエッジがゆらゆら、ピントの山が分かりません。

180522b

昨日プラージュがあったところに黒点が出ました。

180522ls

そのプラージュもはっきりしてきました。

3時方向に薄々の大きなプロミネンスあり。

よく見ると他にも小さめの薄々があるような・・・。

2018年5月21日 (月)

得意の紙工作です(笑)

不器用者でも気兼ねなく失敗を重ね、何度でもやり直せる得意の紙工作をしました。

現在の主機CAPRI-80EDを笠井で買ったとき、対象天体を真ん中に入れる目的で、十字線入りアイピースも一緒に買いましたが、ただのライトなのに結構な値段のする照明装置は買いませんでした。

Photo_2

住宅地の真ん中で空が結構明るいから、十字線は見えるだろうとタカをくくっていたわけです。

ところがどっこい見えません。

そんな時、阪神ファンいっこうさんのブログでいいものが紹介されていました。

Photo_3

ヒロミ産業のミライトという商品。

夜釣りの時ウキに仕込むライトです。

ON/OFF可能で連続7時間の寿命ながら、電池交換が出来ないので使い捨てです。

これをアマゾンで3個ばかり取り寄せて、粘着付きスポンジテープで巻いて、アイピースのライト用の穴に差し込んで使うことにしました。

一件落着。

しかし、使い捨てなのでたびたびネットで購入せねばなりません。

面倒くさいし、かえって割高かも・・・そんなわけで、ここ数年は照明なしで使ってきたのですが、せっかくの十字線入りアイピースなのに、これでは意味が無い。

とうとう重い腰を上げて今回の紙工作です。

材料は天文ショップ・ダイソーで買ったLED。

Led_3

コピー用紙の倍ぐらいの厚み(110kgぐらい)の厚紙。

 幅2cmx長さ20cm程度のもの2枚

 幅1cmx長さ20cm程度のもの2枚

 幅3cmx長さ20cm程度のもの2枚

幅2cmの強力タイプの両面テープ。

足の長さ1.5~2cm程度のM6のボルト1本。

以上。

Photo_4

アイピース側の照明装置ネジ穴がM8なので、M6のボルトに厚紙(幅2cm)を両面テープを使って巻き付け、穴にギリギリ挿し込めるよう調整・・・差込み側筒。

差込み側筒の外側の片側に、100均LEDと同じ直径になるまで厚紙(幅1cm)を巻き付ける。

差込み筒とは反対側に、厚紙(幅3cm)を巻き付ける・・・LED受筒。

補強のため筒の真ん中あたりに、厚紙(幅2cm)を巻き付ける。

両面テープだけでは心もとないので、巻き付け断面にボンドを染み込ませ乾燥。

これで完成。

Photo_5

見た目不細工でも用途完璧(笑)。

私ほど不器用でなければ、見た目も上等に作れるはずですね。

Photo_6

LEDはそのままでは明るすぎるので調整が必要でした。

色の付いた半透明のファイルを切り取って、ライトの前に両面テープで張り付け。

厚紙と両面テープ、ボンドなどは手元にあるもので間に合わせたので、購入費用は実質108円のみ。

今日の太陽 2018/5/21

晴れ。

撮影中は快晴かと思ってましたが、画像処理をのんびりやっていたら、雲が増えてきました。

早めの撮影で正解だったかも。

180521b

黒点は見えません。

が・・・。

180521ls

3時方向にプロミネンスが見えます。

それと・・・。

1

①にプラージュが見えます。

ここに黒点があるのか、これから出来るのか。

②にはごく薄いプロミネンスの柱が出ています。

わかりますか?

2018年5月20日 (日)

今日の太陽 2018/5/20

雲の多い晴れ。

雲の合間からの撮影となりました。

180520b

黒点は見当たりません。

180520ls

3時方向にあったものはもう見えません。

ダークフィラメントもほぼ消滅状態。

代わりに今日は東から2本の細長いプロミネンスが出ていました。

2018年5月19日 (土)

今日の太陽 2018/5/19

曇りのち(時々)晴れ。

雲と青空の境目にある太陽を、青空の側に出たときに撮りました。

180519b

黒点は見当たりません。

180519ls

3時方向と6時方向にプロミネンスが出ています。

10時方向に小さなダークフィラメントあり。

«伊丹空港に行ってきました 4